バスラットレオン(2018.3.25)-2023年の1351ターフスプリント(沙GIII)の勝ち馬-

Result

バスラットレオン(Bathrat Leon) 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

バスラットレオン(2018.3.25)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
バスラットアマル
栗毛 2010.3.30
仔受胎時活性値:1.75【7】
New Approach
栗毛 2005.2.18
種付け時活性値:1.00【4】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
Sadler’s Wells 1981.4.11
Urban Sea 1989.2.18
Park Express
黒鹿毛 1983.3.25
Ahonoora 1975.4.12
Matcher 1966
ザミリア
黒鹿毛 2001.4.8
仔受胎時活性値:2.00【8】
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:1.50【6】
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982.4.9
Angelic Sounds
栗毛 1990.4.5
仔受胎時活性値:0.50【10】
The Noble Player
栗毛 1980.4.17
種付け時活性値:0.25【9】
Twany Angel
栗毛 1981.4.6
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Ahonoora4×5(母方)、Northern Dancer5×5>

バスラットレオン(2018.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
New Approach
(Galileo系)
Cape Cross
(Danzig系)
The Noble Player
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ 6.25
(【7】+【8】+【10】+【8】)
従兄スティッフェリオ
(No. 6-f)
初仔

*

2023年の1351ターフスプリント(沙GIII。キングアブドゥルアジーズ芝1351m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 バスラットレオン 牡5 57 坂井 瑠星 1:17.483 矢作 芳人 4
2 2 Casa Creed 牡7 57 Luis Saez アタマ William Mott 2
3 7 Raaed せん6 57 Ricardo Ferreira 1 3/4 Bedan Alsubaie 8
4 9 Happy Romance 牝5 55 Sean Levey クビ Richard Hannon 6
5 10 レシステンシア 牝6 55 Ryan Moore アタマ 松下武士 7
【1351ターフスプリント結果】バスラットレオンが逃げ切って海外重賞2勝目 日本馬連覇 | 競馬ニュース - netkeiba
現地時間25日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われた1351ターフスプリント(4歳上・G3・芝1351m)は、先手を取った坂井瑠星騎手騎乗のバスラットレオン(牡5、栗東・矢作芳人… No.1競馬情報サイト「netkeib...

意を決して「逃げる」という選択をした馬人に、競馬の神様は微笑むのかも知れません。

パンサラッサ(2017.3.1)-2023年のサウジカップ(沙GI)の勝ち馬-
パンサラッサ(Panthalassa) 牡 鹿毛 2017.3.1生 新ひだか町・木村 秀則氏生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

4レース後のサウジカップ(沙GI)を制したパンサラッサ(2017.3.1)と同じ矢作芳人厩舎のバスラットレオン、相棒の坂井瑠星騎手に促されて敢然と逃げの手に出ると、後続10頭を従えて、キングアブドゥルアジーズ芝1351mをそのまま押し切り勝ち。決勝点、昨年2022年のレースでソングライン(2018.3.4)のクビ差2着だったCasa Creed(2016.3.21)が迫りましたけれど、アタマだけ凌ぎました。バスラットレオン、昨年のゴドルフィンマイル(UAE・GII)に続く海外Gレース2勝目は、厩舎の先輩よりも先に海外ダート&芝のGレース勝ちを収めるという結果でした。

バスラットレオン(2018.3.25)-第28回ゴドルフィンマイル(UAE・GII)の勝ち馬-
バスラットレオン(Bathrat Leon) 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

バスラットレオンは矢作厩舎所属の古川奈穂騎手に初勝利をプレゼントした馬としても知られていますが、その次走のニュージーランドT(GII)5馬身差の逃げ切り勝ちも、だいぶん強かった。

バスラットレオン(2018.3.25)&ゴッドセレクション(2018.4.17)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.24)-
バスラットレオン 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作芳人厩舎ゴッドセレクション 牡 鹿毛 2018.4.17生 千歳・社台ファーム生産 馬主・川勝裕之氏 栗東・今野貞一厩舎

「あ、強い、キズナの仔」と思っていたら、3年連続Gレース勝ちを収め、なおかつ海外Gレース2勝。強者にしか出来ない芸当をやって見せているバスラットレオン、残るは「GI勝利の奪取」というところでしょうか。

【1351ターフS】バスラットレオン海外重賞2勝目 矢作師「大谷翔平のように二刀流」 | 競馬ニュース - netkeiba
◆1351ターフスプリント・G3(2月25日、キングアブドゥルアジーズ競馬場・芝1351メートル=11頭立て)  日本馬4頭が挑み、バスラットレオン(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父キズナ)が坂井… No.1競馬情報サイト「netkeiba」...

芝でもダートでも走る「二刀流」バスラットレオン、次走は連覇の掛かるゴドルフィンマイルになる模様。「馬は得意な競馬場は嬉々として走る」というのは世界共通でしょう。メイダン・ダート1600mでの再びの快走、期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。