Golden Sixty(2015.10.14)-2023年の香港スチュワーズC(GI)の勝ち馬-

Result

Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

Golden Sixty(2015.10.14)の4代血統表
Medaglia d’Oro(USA)
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.875【15.5】
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
Sir Ivor 1965.5.5
Cap and Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Gaudeamus(USA)
鹿毛 2004.5.23
仔受胎時活性値:0.625【10.5】
Distorted Humor(USA)
栗毛 1993.3.19
種付け時活性値:0.50【10】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
Leo’s Lucky Lady(USA)
鹿毛 1987.3.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】
Seattle Slew(USA)
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.00【12】
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Konafa(CAN)
鹿毛 1973.4.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Damascus(USA)
鹿毛 1964.4.14
種付け時活性値:0.00【8】
Royal Statute(CAN)
鹿毛 1969.3.2
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5、Damascus4×4>

Golden Sixty(2015.10.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Distorted Humor
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Damascus
(Sword Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Medaglia d’Oro
(Bailjumper)
4.625 or 2.625 母が愛GII勝ち馬
(No. 22-b)
6番仔?
(3連産目?)

*

2023年の香港スチュワーズC(GI。シャティン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Golden Sixty せん7 57.2 C Y Ho 1:33.99 K W Lui 2
2 2 Romantic Warrior せん5 57.2 Karis Teetan 1 C S Shum 1
3 3 California Spangle せん5 57.2 Zac Purton クビ A S Cruz 3
4 4 Waikuku せん8 57.2 Ryan Moore 3 1/2 J Size 5
5 6 Beauty Joy せん6 57.2 Hugh Bowman ハナ A S Cruz 4
​香港3強対決はゴールデンシックスティが制す、安田記念に挑戦も | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地29日、初めて現役3強が揃ったG1香港スチュワーズカップ(芝1600m)がシャティン競馬場で行われ、ゴールデンシックスティが年下の2頭を撃破した。  レースはカリフォルニアスパングルが逃げ、2

「三強揃い踏み」となった2023年の香港スチュワーズC。

Golden Sixty(2015.10.14)-第31回香港マイル(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎
Romantic Warrior(2018.3.18)-第36回香港カップ(GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎
California Spangle(2018.4.5)-第32回香港マイル(GI)の勝ち馬-
California Spangle(加州星球/カリフォルニアスパングル) せん 鹿毛 2018.4.5生 愛国・Mr M. Enright生産 馬主・Howard Liang Yum Shing 香港・A S Cruz厩舎

これはコーフンしますね。私がシビレた「三強揃い踏み」と言いますと、マヤノトップガン(1992.3.24)サクラローレル(1991.5.8)マーベラスサンデー(1992.5.31)の1997年の天皇賞・春(GI)や、サイレンススズカ(1994.5.1)エルコンドルパサー(1995.3.17)グラスワンダー(1995.2.18)の1998年の毎日王冠(GII)を思い出すところです。……もうね、オールドファンですから、どうしても自分の若い時分の記憶になる訳です^^;。近時ではアーモンドアイ(2015.3.10)コントレイル(2017.4.1)デアリングタクト(2017.4.15)の2020年のジャパンカップ(GI)というところでしょうか。

という訳で、2023年の香港スチュワーズC。「三強揃い踏み」かつ「三強で決着」したのも「偉い」と思わせますが、三強が終始3番手までを占めて、他馬を寄せ付けなかったのも凄い。7頭立てのシャティン芝1600mで勝利を収めたのは、貫禄を見せたGolden Sixty。逃げたCalifornia Spangle(2018.4.5)、番手に付けたRomantic Warrior(2018.3.18)を見る形で道中3番手。直線ではCalifornia SpangleとRomantic Warriorの間隙を突いて伸びたGolden Sixty、ラスト50mで完全に先頭に立つと、決勝点では1馬身抜け出していました。やっぱり強え、Golden Sixty。香港マイル(GI)2回、香港チャンピオンズマイル(GI)2回、香港ゴールドC(GI)、そして2021年に続く2回目の香港スチュワーズC制覇。通算7度目のGI勝利は、年少の強者2頭が「ぐぅ。サスガはGolden Sixtyさん」と唸らせられる強さでした。

Golden Sixty(2015.10.14)-第30回香港マイル(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎
Golden Sixty(2015.10.14)-第21回チャンピオンズマイル(香GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

「まだまだ、若いもんには負けんぜよ」とばかりに古豪の強さを見せ付けたGolden Sixty。2023年も壮健に走り続けてください。あわよくば、物理的に距離が近い海外である日本のGIでもその走りを見せてくれたら、日本のファンは喜びます(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。