City of Troy(2021.3.7)-2023年のスーパーレイティブS(英GII)の勝ち馬-

Result

City of Troy(シティーオブトロイ) 牡 鹿毛 2021.3.7生 米国・Orpendale/Chelston/Wynatt生産 馬主・ Mrs John Magnier & Michael Tabor & Derrick Smith 愛国・A P O’Brien厩舎

City of Troy(2021.3.7)の4代血統表
Justify
栗毛 2015.3.28
種付け時活性値:1.25【5】
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー 1993.3.25
Myth 1993.2.26
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Likeable Style 1990.1.30
Stage Magic
栗毛 2007.5.4
Ghostzapper
鹿毛 2000.4.6
Awesome Again 1994.3.29
Baby Zip 1991.3.24
Magical Illusion
栗毛 2001.5.15
Pulpit 1994.2.15
Voodoo Lily 1987.3.9
Together Forever
鹿毛 2012.3.19
仔受胎時活性値:2.00【8】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.25【13】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Green Room
黒鹿毛 2002.5.1
仔受胎時活性値:0.25【9】
Theatrical
黒鹿毛 1982.3.13
種付け時活性値:0.75【19】
Nureyev 1977.5.2
ツリーオブノレッジ 1977.3.2
Chain Fern
鹿毛 1986.2.22
仔受胎時活性値:1.75【15】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:0.75【11】
Chain Store
鹿毛 1972.5.11
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer4×5、Special(♀)5×5>

City of Troy(2021.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Justify
(Storm Cat系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Theatrical
(Nureyev系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Justify 5.25
(【8】+【9】+【15】+【13】)
母が英GI馬
(No. 9-e)
5番仔?
(5連産目?)

*

2023年のスーパーレイティブS(英GII。ニューマーケット芝7F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 City of Troy 牡2 58.5 Ryan Moore 1:26.03 A P O’Brien 1
2 4 Haatem 牡2 58.5 Sean Levey 6 1/2 Richard Hannon 3
3 7 Oddyssey 牡2 58.5 Neil Callan 3 1/4 Patrick Owens 7
4 3 Great Truth 牡2 58.5 William Buick ハナ Charlie Appleby 2
5 9 Son 牡2 58.5 Pat Dobbs クビ Richard Hannon 4
シティーオブトロイが英2歳G2スーパーレイティブSを圧勝、クラシック戦線の注目株に | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地15日、英ニューマーケット競馬場で2歳G2スーパーレイティブステークス(芝7ハロン)が9頭により争われ、発馬良く先行した1番人気のシティーオブトロイが残り2ハロンを切って先頭に立つと、後続を6馬

2021年生まれ世代の欧州の2歳馬から気になる馬をご紹介しておきます。常勝バリードイル軍団から現れたCity of Troy、カラ芝7ハロンのメイドンを2馬身半差で勝利を収めた後、中1週で臨んだニューマーケット芝7ハロンのスーパーレイティブS。9頭立てを番手先行、ラスト2ハロンを切ってから先頭に立ち、ラスト1ハロンでライアン・ムーア騎手の右ムチが入るともう1段ギアが上がりました。尾花のように淡黄色になっている尻尾の終端が特徴的な、鹿毛に星1つのCity of Troy。おなじみスー・マグナーの濃紺の勝負服をニューマーケット芝のゴールポストに運んだ時には、2着のHaatem(2021.3.2)に6馬身半差を着けていました。この勝ちっぷりを見せられると、

Aidan O’Brien: City of Troy looks incredibly special

Juvenile Watch: City of Troy, horses to follow and Super Sprint tip

シティーオブトロイはとても特別に見えますというエイダン・パトリック・オブライエン調教師の言葉も頷けます。

2018年に無敗で米国クラシック三冠を達成したJustify、初年度産駒となる2020年生まれ世代からウッディスティーヴンスS(米GI)勝ち馬Arabian Lion(2020.5.1)、ベルモントオークス(米GI)勝ち馬Aspen Grove(2020.1.30)、日本でも青竜S(OP)の勝ち馬ユティタム(2020.4.5)等を送り込んでいますが、Scat Daddyの直系は芝ダート兼用の趣があり、Justifyも「芝で走る仔もいれば、ダートで走る仔もいる」というところを欧米日で見せています。そんな中で2年度産駒であるCity of Troyは楽しみが大きそうな感じを受けます。クールモア陣営としてもJustifyはアッシュフォードスタッドの看板種牡馬の一角ですから、City of Troyに寄せる期待度は高いものでしょう。

Justify | Stallions - Coolmore
Justify - The only unbeaten Triple Crown winner, ever! The best son of the sensational stallion and emerging sire of sir...

では、以下にCity of Troyのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Green Room 2002.5.1 不出走
|Lord Shanakill 2006.3.30 5勝 ジャンプラ賞(仏GI) ミルリーフS(英GII) レノックスS(英GII)ほか
|Together Forever 2012.3.19 3勝 フィリーズマイル(英GI)ほか
||Military Style 2018.2.8 2勝 タイロスS(愛GIII)ほか
||City of Troy 2021.3.7 (本馬) スーパーレイティブS(英GII)
|Forever Together 2015.5.25 1勝 英オークス(GI)ほか

City of Troyの牝系は母Together Foreverが英2歳GIフィリーズマイル勝ち、半兄Military Styleが愛GIII勝ち馬、伯父Lord Shanakillが仏GI勝ち馬、そして叔母Forever Togetherが英オークス馬という活力十分な9号族e分枝系。叔母Forever Togetherは英オークスが初勝利かつ最後の勝利となりましたが、初勝利が英オークスという事例はSun Princess(1980.5.18)以来35年ぶりでした。Sun Princess、フサイチコンコルド(1993.2.11)&アンライバルド(2006.4.13)兄弟の祖母ですね。

スーパーレイティブSの勝ち方に大物の相を感じたCity of Troy。ホメロスの叙事詩「イリアス」においてトロイ戦争の舞台となったトロイ市が由来であろう、City of Troy。Troyを馬名に持つ馬といえば、そのままTroy(1976.3.25)が思い浮かぶところ。Troyは英ダービー(GI)、愛ダービー(GI)、”キング・ジョージ”(英GI)、ベンソン&ヘッジスゴールドC(英GI)と英愛GI4勝を遂げた1970年代末期の大物競走馬。そんなTroyが制した1979年の英ダービーは記念の第200回であり7馬身差の大圧勝。

City of Troy、Troyのように後世に名前が受け継がれる競走馬になって欲しいもの。日本の空の下から、そう願っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#私が「イリアス」を意識したのは、藤子不二雄(A)先生の自伝的漫画「まんが道」の中で「トロイの木馬をテーマとした漫画を密かにストックしていた」という内容で劇中作として描かれたことでした。あとは、魚戸おさむ先生が作画を担当された「イリヤッド~入矢堂見聞録」ですね。…むぅ、結局は小学館様ですか^^;