スキルヴィング(2020.3.25)&ウヴァロヴァイト(2020.3.5)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.26)-

Pedigree

スキルヴィング 牡 黒鹿毛 2020.3.25生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・木村 哲也厩舎

スキルヴィング(2020.3.25)の4代血統表
キタサンブラック
鹿毛 2012.3.10
種付け時活性値:1.75【7】
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
サクラユタカオー 1982.4.29
サクラハゴロモ 1984.4.13
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
ジヤツジアンジエルーチ 1983.2.22
テイズリー 1981.4.27
ロスヴァイセ
黒鹿毛 2011.2.22
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:0.75【11】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
ヴァイスハイト
青鹿毛 2004.2.15
仔受胎時活性値:1.50【6】
アドマイヤベガ
鹿毛 1996.3.12
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス 1986.3.25
ベガ 1990.3.8
ソニンク
黒鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:1.75【7】
★Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:0.00【8】
Sonic Lady
鹿毛 1983.2.15
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5、Lyphard5×5(父方)>

スキルヴィング(2020.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キタサンブラック
(サンデーサイレンス系)
シンボリクリスエス
(Roberto系)
アドマイヤベガ
(サンデーサイレンス系)
★Machiavellian
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キタサンブラック 6.25 or 4.25
(【8】+【6】+【7】+【12】)
フリームファクシと同牝系
(No. B3)
3番仔
(3連産目)

*

2023年の第30回テレビ東京杯青葉賞(GII。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 スキルヴィング 牡3 56 C.ルメール 2:23.9   10-8-11-11 34.1 524
[0]
木村 哲也 1
2 4 ハーツコンチェルト 牡3 56 松山 弘平 2:24.0 1/2 12-11-11-12 34.1 498
[-10]
武井 亮 2
3 2 ティムール 牡3 56 三浦 皇成 2:24.3 2 14-14-14-14 34.2 444
[+4]
中竹 和也 11
4 13 メイテソーロ 牡3 56 川田 将雅 2:24.5 1 1/4 13-13-10-7 34.8 482
[0]
武市 康男 9
5 5 アームブランシュ 牡3 56 吉田 豊 2:24.8 1 3/4 10-11-7-7 35.2 460
[+2]
竹内 正洋 6
2023年の第30回テレビ東京杯青葉賞(GII。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 10.8 – 11.9 – 12.5 – 12.5 – 12.7 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 11.7 – 11.7
ラップの
累計タイム
12.7 – 23.5 – 35.4 – 47.9 – 1:00.4 – 1:13.1 – 1:25.3 – 1:37.4 – 1:49.1 – 2:00.5 – 2:12.2 – 2:23.9
上り 4F 46.5 – 3F 34.8

東京芝2400m、晴の良馬場、15頭立て。第90回東京優駿(GI)への優先出走権2枚を賭けて行われたダービートライアル。青葉賞も第30回と聞くと「あぁ、エアダブリンが1994年の第1回を制してから29年も経つのか…」と時の流れの速さを思います。エアダブリン(1991.4.21)、ノーザンポラリス(1991.5.5)、サクラローレル(1991.5.8)と3着までをちゃんと思い出せるのは、若き日の思い出だからですね^^;

という訳で、区切りの一戦を制したのは戦前1番人気だったスキルヴィング。2022年10月の東京芝2000mの新馬戦で今回一緒に走ったヒシタイカン(2020.2.14)とタイム差なしの2着だったスキルヴィング、11月の東京芝2000mの未勝利戦を3馬身差で勝ち上がると、年明け初戦となる2月の東京芝2400mのゆりかもめ賞でも3馬身差の快勝。そのゆりかもめ賞の勝ち時計2分24秒8は「速い」と思わせるものでしたが、確認してみれば案の定レースレコード。競馬は時計がすべてではありませんが、能力の裏付けのひとつにはなります。

持ち時計と共に大物感も併せ持ったスキルヴィング、今回の青葉賞ではキャリア4戦目で初めて五分のスタートを決めると、道中中団位置の外側を悠然と進み、直線でも進路を探るように大外から脚を伸ばしました。最後は内から差したハーツコンチェルト(2020.5.5)との叩き合いとなりましたが、半馬身抜け出したところが決勝点。着差は僅かでしたが悠々とした走りに見えたスキルヴィング、3連勝を以て、「別路線からの挑戦者」として、同じキタサンブラック産駒である皐月賞(GI)馬ソールオリエンス(2020.4.4)に挑戦状を叩き付ける形となりました。

ソールオリエンス(2020.4.4)-第83回皐月賞(GI)の勝ち馬-
ソールオリエンス 牡 鹿毛 2020.4.4生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・手塚 貴久厩舎

スキルヴィング、その馬名意味は「北欧神話の主神オーディンの別称。高座につくものの意。母名より連想」ということ。…となれば母ロスヴァイセの馬名意味も気になりますが「ワーグナー作「ニーベルングの指輪」の登場人物名より。母名より連想」とのこと。……となれば母ヴァイスハイトの馬名意味も気になりますが「賢明、知恵(独) 」ということです。

#オーディンといえばウインオーディン(2020.5.11)と言いたいところですが、それこそ29年前の1994年の第1回平安S(GIII)でトーヨーリファール(1990.5.10)の2着だった新潟県競馬のオーディン(1989.4.5)を思い出します。ノーザンテースト(1971.3.15)産駒の芦毛は珍しかった。またワーグナーに関連しての東京優駿勝ち馬といえばワグネリアン(2015.2.10)。そしてまたスキルヴィングのボトムラインであるB3号族から輩出された近親の東京優駿勝ち馬といえばロジユニヴァース(2006.3.11)

*

ウヴァロヴァイト 牝 鹿毛 2020.3.5生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・池谷 誠一氏 美浦・萩原 清厩舎

ウヴァロヴァイト(2020.3.5)の4代血統表
サトノクラウン
黒鹿毛 2012.3.10
種付け時活性値:1.75【7】
Marju
黒鹿毛 1988.3.12
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Flame of Tara
鹿毛 1980.4.20
アーテイアス 1974.2.26
Welsh Flame 1973
ジョコンダ2
鹿毛 2003.3.28
Rossini
鹿毛 1997.2.17
Miswaki 1978.2.22
Touch of Greatness 1986.4.30
La Joconde
鹿毛 1999.2.8
Vettori 1992.2.18
Lust 1994.6.3
エイグレット
栗毛 2000.4.24
仔受胎時活性値:0.75【19】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986
種付け時活性値:1.25【13】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ノーザンプリンセス
栗毛 1991.3.22
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.75【19】
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
ウイルプリンセス
鹿毛 1983.2.17
仔受胎時活性値:1.75【7】
サンプリンス
栃栗毛 1969
種付け時活性値:1.25【13】
エール
芦毛 1972.3.28
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

ウヴァロヴァイト(2020.3.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サトノクラウン
(トライマイベスト系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
サンプリンス
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サトノクラウン
(Marju)
5.00 or 3.00
(【19】+【8】+【7】+【10】)
祖母がオープン特別勝ち馬
(No. 3-l フロリースカツプ系)
12番仔
(3連産目)

*

レース結果 JRA
2023年のスイートピーS(L。東京芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 ウヴァロヴァイト 牝3 54 菅原 明良 1:47.6   7-8-8 33.2 444
[0]
萩原 清 2
2 5 アリスヴェリテ 牝3 54 田辺 裕信 1:47.7 1 2-2-2 33.9 440
[+2]
中竹 和也 1
3 7 アグラシアド 牝3 54 津村 明秀 1:47.7 アタマ 9-8-9 33.1 470
[-4]
中村 直也 3
4 4 ミカッテヨンデイイ 牝3 54 松岡 正海 1:47.9 1 1/4 3-3-3 33.9 414
[-2]
堀内 岳志 12
5 11 ヴァイルマティ 牝3 54 石川 裕紀人 1:47.9 クビ 7-5-6 33.6 494
[+4]
鹿戸 雄一 6
2023年のスイートピーS(L。東京芝1800m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.3 – 12.2 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 11.5 – 11.1 – 11.3
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.7 – 35.9 – 48.6 – 1:01.2 – 1:13.7 – 1:25.2 – 1:36.3 – 1:47.6
上り 4F 46.4 – 3F 33.9

東京芝1800m、小雨の良馬場、13頭立て。第84回優駿牝馬(GI)へのたった1枚の優先出走権を賭けて行われたオークストライアル。逃げたベレザニーニャ(2020.2.29)が作り出したペースが1000m通過61秒2というゆったりとした流れであったため、東京芝の直線525.9mでは差し脚合戦となりました。番手先行から抜け出した1番人気のアリスヴェリテ(2020.4.28)を脚勢良く捉えに掛かったのは2番人気のウヴァロヴァイト。前走のクイーンC(GIII)で直線の不利をモロに食らってしまったウヴァロヴァイトについては特にウヴァロヴァイトは直線に入った時の手応えが良かっただけに、可哀想なことになりましたと記していたのですが、そのウップンを晴らすかのようにキレイに抜け出しました。テン乗りとなった鞍上・菅原明良騎手は前週のフローラS(GII)を制したゴールデンハインド(2020.4.25)に続いて、2週連続で東京メインレース&オークストライアル勝ちとなりました。フローラSもスイートピーSもテン乗りとなった相棒を駆っての勝利だったのですから、菅原騎手、やっぱり達者な若手の1人です。

フリームファクシ(2020.4.7)&ハーパー(2020.1.18)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.14)-
フリームファクシ 牡 青鹿毛 2020.4.7生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝 尚介厩舎ハーパー 牝 鹿毛 2020.1.18生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・エムズレーシング 栗東・友道 康夫厩舎
ゴールデンハインド(2020.4.25)&ヤマニンウルス(2020.5.21)-2023年のクラシック候補生を確認する(No.25)-
ゴールデンハインド 牝 芦毛 2020.4.25生 新冠町・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・武市 康男厩舎ヤマニンウルス 牡 鹿毛 2020.5.21生 新冠町・錦岡牧場生産 馬主・土井 肇氏 栗東・斉藤 崇史厩舎

優駿牝馬への切符を勝ち取ったウヴァロヴァイト、その馬名意味は「ガーネットの一種」とのこと。これはボトムラインを辿ればその由来を思うところですね。ウヴァロヴァイトの5代母がガーネツト(1955.3.15)。同牝馬は14勝を挙げ、その主な勝ち鞍に天皇賞・秋、有馬記念がある1950年代の名牝。その子孫で最も知られている存在といえば、ウヴァロヴァイトの祖母ノーザンプリンセスの甥であるメイショウサムソン(2003.3.7)。

年度代表馬の同期生を辿る(其の参拾壱)-メイショウサムソン(2003.3.7)-
メイショウサムソン 牡 鹿毛 2003.3.7生 浦河・林孝輝氏生産 馬主・松本好雄氏 栗東・瀬戸口勉厩舎→高橋成忠厩舎

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。