ソングライン(2018.3.4)-2022年の1351ターフスプリント(沙GIII)の勝ち馬-

Result

ソングライン(Songline) 牝 青鹿毛 2018.3.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・林 徹厩舎

ソングライン(2018.3.4)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
ルミナスパレード
黒鹿毛 2011.3.11
仔受胎時活性値:1.50【6】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:0.75【11】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
ルミナスポイント
青鹿毛 2003.2.23
仔受胎時活性値:1.75【7】
アグネスタキオン
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.00【4】
サンデーサイレンス 1986.3.25
アグネスフローラ 1987.6.18
ソニンク
黒鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:1.50【6】
★Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:0.00【8】
Sonic Lady
鹿毛 1983.2.15
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5>

ソングライン(2018.3.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
シンボリクリスエス
(Roberto系)
アグネスタキオン
(サンデーサイレンス系)
★Machiavellian
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ
(サンデーサイレンス
)
5.75 叔母ジューヌエコール
(No. B3)
初仔

*

2022年の1351ターフスプリント(沙GIII。キングアブドゥルアジーズ芝1351m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14ソングライン 牝4 55 C.ルメール 1:18.00 林 徹 2
2 1 Casa Creed 牡6 57 Luis Saez クビ William Mott 7
3 12 Happy Romance 牝4 55 Tom Marquand クビ Richard Hannon 5
4 6ラウダシオン 牡5 57 Cristian Demuro 3 1/2 斉藤 崇史 10
5 8 Pogo 牡6 57 Kieran Shoemark アタマ Charles Hills 3
サウジG3の1351ターフスプリント、ソングラインがゴール前3頭の攻防を制す | JRA-VAN Ver.World
 現地26日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われた1351ターフスプリント(G3、4歳以上、芝1351m)に日本から3頭が参戦。ソングラインが中団馬群から直線で外に持ち出され、3頭

2022年の1351ターフスプリント。今年2022年から国際GIIIとなった1351ターフスプリント、1着賞金が90万米ドルですから、1ドル115円換算とすると1億350万円という世界各国の賞金基準からしてもGIレースと遜色ない一戦。14頭立てのキングアブドゥルアジーズ芝1351m、最後は先に抜け出した内の英国の4歳牝馬Happy Romance(2018.3.12)、それを追い掛けた真ん中の日本の4歳牝馬ソングライン、外から鋭く追い込んだ米国の6歳牡馬Casa Creed(2016.3.21)の3頭の争い。「クビ」「クビ」というしのぎを削る叩き合い、僅かに先んじていたのは、赤の帽子に「黒、赤十字襷、袖黄縦縞」をまとったクリストフ・ルメール騎手を背にした青鹿毛の流星ソングライン。米国のGI馬Casa Creed、英国のGIII2勝馬Happy Romanceを向こうに回して、父キズナに続いて親仔2代の海外Gレース制覇となりました。

1つ前のレースであったネオムターフC(沙GIII)を制したオーソリティ(2017.2.12)同様、

オーソリティ(2017.2.12)-2022年のネオムターフC(沙GIII)の勝ち馬-
オーソリティ(Authority) 牡 鹿毛 2017.2.12生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎

ソングラインも左回りで良さを見せており、戦前まで富士S(GII)勝ち、紅梅S(L)勝ち、NHKマイルカップ(GI)2着、関屋記念(GIII)3着を含めて[3-2-1-0]の成績でした。左回りのレースに矛先を向ける際、普通に「海外」が選択肢となる時代となったのだなぁと改めて思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

競馬についてサウジカップデーで「1351ターフスプリント(芝1351m)」というレースがあるようですが、なぜ1351mという半端な... - Yahoo!知恵袋
競馬についてサウジカップデーで「1351ターフスプリント(芝1351m)」というレースがあるようですが、なぜ1351mという半端な値なのでしょうか?