サークルオブライフ(2019.3.24)&アイスジャイアント(2019.5.1)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.5)-

Pedigree

サークルオブライフ 牝 鹿毛 2019.3.24生 新ひだか町・千代田牧場生産 馬主・飯田 正剛氏 美浦・国枝 栄厩舎

サークルオブライフ(2019.3.24)の4代血統表

エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:0.00【8】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
シーブリーズライフ
栗毛 2010.5.13
仔受胎時活性値:2.00【8】
アドマイヤジャパン
栗毛 2002.4.16
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
Caerleon 1980.3.27
アグサン 1985.3.23
プレシャスライフ
芦毛 2004.4.9
仔受胎時活性値:1.25【5】
タイキシャトル
栗毛 1994.3.23
種付け時活性値:0.25【9】
Devil’s Bag 1981.2.19
ウェルシュマフィン 1987.3.15
スターマイライフ
芦毛 1994.2.3
仔受胎時活性値:0.25【9】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:0.50【10】
Great Lady M.
芦毛 1975.3.23
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Halo4×5×5、Caerleon4×5(母方)、Hail to Reason5×5>

サークルオブライフ(2019.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
アドマイヤジャパン
(サンデーサイレンス系)
タイキシャトル
(Halo系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アドマイヤジャパン
(Mignon)
4.00 高祖母の仔にLady’s Secret
(No. 22-d)
4番仔
(4連産目)

*

2021年の第10回アルテミスS(GIII。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7サークルオブライフ 牝2 54 M.デムーロ 1:34.0  7-8 33.5 478
[+6]
国枝 栄 7
2 2ベルクレスタ 牝2 54 松山 弘平 1:34.0 クビ 3-3 34.0 468
[-2]
須貝 尚介 2
3 1シゲルイワイザケ 牝2 54 福永 祐一 1:34.1 3/4 2-2 34.4 488
[-8]
渡辺 薫彦 8
4 10シンシアウィッシュ 牝2 54 武 豊 1:34.3 1 1/4 5-5 34.1 436
[-4]
吉村 圭司 4
5 6フォラブリューテ 牝2 54 C.ルメール 1:34.5 1 1/4 8-5 34.2 438
[+4]
宮田 敬介 1

2021年の第10回アルテミスS。東京芝1600mの2歳牝馬重賞も回を重ねて10回目。過去の勝ち馬からはリスグラシュー(2014.1.18)ラッキーライラック(2015.4.3)ソダシ(2018.3.8)という後に複数GIを勝つ馬たちも輩出されている出世レース。そんなアルテミスSの2021年の一戦を制したのはサークルオブライフ。

【ユーザー質問】2歳馬たちとのレースを回顧&食生活について「ホントに珍しいイタリア人(笑)」 - ミルコ・デムーロ | 競馬コラム - netkeiba.com
▲ドゥラメンテ産駒のアカデミー(写真左)と挑んだ9月12日の新馬戦 (C)netkeiba.com今週はユーザー質問を2つお届けします! まずは2歳馬とのレースを回顧。なかでもサークルオブライフは初戦… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!

未勝利戦を勝った際のミルコ・デムーロ騎手のコメントからは「良い馬」という印象だったのですが、素質馬が揃った今回は11頭立ての7番人気。けれど人気なんて所詮は人が作り出すもの。道中中団待機から直線でメンバー中唯一の上がり3ハロン33秒台の脚を繰り出すと、先に抜け出していたベルクレスタ(2019.2.6)を「クビ」だけ捉えたところが決勝点。デムーロ騎手はこの勝利によりJRA重賞通算100勝を達成されました。サークルオブライフ、その馬名意味は「命の輪。母名、母母名より連想」。スターマイライフ、プレシャスライフ、シーブリーズライフ、そしてサークルオブライフ。母系4代に渡る「ライフ」の継承。サークルオブライフ、本当に良い名前と思います。そしてまた当代の「牝馬作りの名人」のお一人である国枝栄調教師の管理馬だけに「これから」も期待が掛かります。

*

アイスジャイアント 牡 栗毛 2019.5.1生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・吉田 勝己氏 美浦・高柳 瑞樹厩舎

アイスジャイアント(2019.5.1)の4代血統表
ダンカーク
芦毛 2006.1.23
種付け時活性値:1.00【12】
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro 1967.4.11
Lucky Spell 1971.1.28
Secret Status
栗毛 1997.2.4
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Private Status
栗毛 1991.2.9
Alydar 1975.3.23
Miss Eva 1977.10.30
アイスドール
栗毛 2003.2.15
仔受胎時活性値:1.75【15】
キャプテンスティーヴ
栃栗毛 1997.3.1
種付け時活性値:1.25【5】
★Fly So Free
栗毛 1988.3.3
Time for a Change 1981.1.13
Free to Fly 1974.4.25
Sparkling Delite
栗毛 1985.4.27
Vice Regent 1967.4.29
Sparkling Topaz 1974.3.30
ビスクドール
栗毛 1998.3.19
仔受胎時活性値:1.00【4】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75【11】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
フェアリードール
栗毛 1991.2.13
仔受胎時活性値:1.50【6】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25【13】
Dream Deal
栗毛 1986.3.7
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(母方)>

アイスジャイアント(2019.5.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダンカーク
(Mr. Prospector系)
キャプテンスティーヴ
(Damascus系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キャプテンスティーヴ
(アイスドール)
5.25 母がオープン特別勝ち馬
(No. 9-f)
9番仔
(5連産目)

*

2021年の第2回JBC2歳優駿(JpnIII。門別ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2アイスジャイアント 牡2 55 三浦皇成 1:53.0  13-12-10-8 38.4 492
[+8]
高柳瑞樹 3
2 4ナッジ 牡2 55 阪野学 1:53.3 1.1/2 7-7-6-6 39.1 486
[-6]
田中正二 1
3 8リコーヴィクター 牡2 55 笹川翼 1:53.5 1 9-8-8-4 39.2 468
[0]
川島雅人 4
4 10オディロン 牡2 55 池添謙一 1:54.0 2.1/2 4-4-4-1 40.1 482
[+2]
浜田多実雄 6
5 13シャルフジン 牡2 55 服部茂史 1:54.1 1/2 2-2-2-1 40.4 488
[-6]
田中淳司 2

2021年の第2回JBC2歳優駿。2021年は金沢競馬場での開催となったJBCクラシック(JpnI)JBCスプリント(JpnI)JBCレディスクラシック(JpnI)。そのJBC2021デーに門別ダート1800mで行われたJBC2歳優駿。14頭立てを後方から徐々に押し上げたアイスジャイアント、最後は1番人気だった地元のナッジ(2019.3.21)に1と2分の1馬身差を着けての勝利。9月の中京ダート1800mの新馬戦勝ちから挑んだ2戦目でしたが、素質の確かさを見せました。アイスジャイアント、その馬名意味は「天王星型惑星で巨大な氷惑星」。

アイスジャイアントの父ダンカークは現役時代に北米2勝を挙げ、ベルモントS(米GI)2着、フロリダダービー(米GI)2着。その母Secret Statusがケンタッキーオークス(米GI)、マザーグースS(米GI)の勝ち馬という良血馬ということもあり、クールモアの米国の種牡馬拠点であるアッシュフォードスタッドで種牡馬入りすると、2013年には北米のファーストシーズンサイアーの首位に立ちました。日本では2015年から供用され、アイスジャイアントが初めてのダートグレード競走勝ち馬となりました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。