メイケイエール(2018.2.23)&エリザベスタワー(2018.1.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.18)-

Pedigree

メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

メイケイエール(2018.2.23)の4代血統表
ミッキーアイル
鹿毛 2011.3.12
種付け時活性値:1.50【6】

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
スターアイル
鹿毛 2004.5.18
ロックオブジブラルタル
鹿毛 1999.3.8
デインヒル 1986.3.26
Offshore Boom 1985.3.23
アイルドフランス
鹿毛 1995.3.30
Nureyev 1977.5.2
ステラマドリッド 1987.5.15
シロインジャー
白毛 2013.2.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.50【6】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル 1986.3.26
Hasili 1991.3.12
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering 1983.3.20
Guapa 1988.5.4
ユキチャン
白毛 2005.3.28
仔受胎時活性値:1.75【7】
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.50【6】
フレンチデピュティ 1992.1.30
ブルーアヴェニュー 1990.2.15
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、デインヒル4×4>

メイケイエール(2018.2.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミッキーアイル
(サンデーサイレンス系)
ハービンジャー
(デインヒル系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミッキーアイル 5.75 近親ソダシ
(No. 2-w)
初仔

*

エリザベスタワー 牝 黒鹿毛 2018.1.23生 英国・Shadai Farm生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・高野友和厩舎

エリザベスタワー(2018.1.23)の4代血統表
Kingman
鹿毛 2011.2.26
種付け時活性値:1.50【6】
Invincible Spirit
鹿毛 1997.2.17
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Rafha
鹿毛 1987.2.19
Kris 1976.3.23
Eljazzi 1981.4.12
Zenda
鹿毛 1999.2.18
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Hope
鹿毛 1991.4.5
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
Bahamian 1985.2.8
ターフドンナ
青鹿毛 2012.5.1
仔受胎時活性値:1.25【5】
Doyen
鹿毛 2000.4.22
種付け時活性値:0.75【11】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Moon Cactus
鹿毛 1987.1.21
Kris 1976.3.23
Lady Moon 1980.4.19
Turfaue
黒鹿毛 2000.3.25
仔受胎時活性値:0.75【11】
Big Shuffle
鹿毛 1984.2.25
種付け時活性値:1.75【15】
★Super Concorde 1975.4.20
Raise Your Skirts 1972.5.13
Turfquelle
鹿毛 1993.2.21
仔受胎時活性値:1.50【6】
シャーディー
鹿毛 1986.5.20
種付け時活性値:1.50【6】
Thekla
鹿毛 1980.2.24
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Danzig4×5、Kris4×4、Northern Dancer4×5、Mill Reef5×5>

エリザベスタワー(2018.1.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingman
(Danzig系)
Doyen
(Sadler’s Wells系)
Big Shuffle
(Bold Ruler系)
シャーディー
(Danzig系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Big Shuffle
(ターフドンナ)
4.50 母が独オークス馬
(No. 8-b)
初仔?

*

2021年の第28回チューリップ賞(GII。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 メイケイエール 牝3 54 武 豊 1:33.8   4-1 34.8 462
[+4]
武 英智 1
1 5 エリザベスタワー 牝3 54 川田 将雅 1:33.8 同着 4-3 34.3 506
[-6]
高野 友和 3
3 2 ストゥーティ 牝3 54 松山 弘平 1:33.9 クビ 1-2 34.7 422
[-4]
奥村 豊 4
4 12 タガノディアーナ 牝3 54 和田 竜二 1:33.9 ハナ 7-8 33.9 438
[0]
長谷川 浩大 2
5 4 シャーレイポピー 牝3 54 福永 祐一 1:34.1 1 1/4 2-3 34.6 416
[-2]
石坂 公一 5

2021年の第28回チューリップ賞。正直、私は決勝点ではエリザベスタワーが先着しているように思ったのです。が、蓋を開けてみれば、メイケイエールとエリザベスタワーの2頭が1着同着。

メイケイエールという牝馬は前進気勢がものすごく、あんなに引っ掛かったのに、よく最後まで脚が残っていたもの。昨年2歳時のファンタジーS(GIII)に続いて、なかなか見られない勝ちっぷりを見せてくれました。

モントライゼ(2018.4.4)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.6)-
モントライゼ 牡 鹿毛 2018.4.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・松永幹夫厩舎メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

そうして武豊騎手はデビューとなった1987年以来、35年連続JRA重賞制覇と相成りました。

また、メイケイエールの陰に隠れましたが、エリザベスタワーもかなり気性面の難しさを見せていたものの、その素質の高さを以てして重賞初制覇。裏話になってしまいますが、私、エリザベスタワーの前走エルフィンS(L)のレース前に4代血統表を作成していたのです。

ストライプ(2018.3.25)&サルファーコスモス(2018.3.11)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.14)-
ストライプ 牝 黒鹿毛 2018.3.25生 新ひだか・荒木貴宏氏生産 馬主・佐藤壽男氏 美浦・尾形和幸厩舎サルファーコスモス 牝 黒鹿毛 2018.3.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・中内田充正厩舎

「予定稿は作るものではない」と何度も痛い目に遭っているものの、作っちゃったんですね^^;。エリザベスタワー、予定稿を活かせる機会を作ってくれて有り難う。そんなエリザベスタワーの馬名意味は「ビッグベンの正式名」ということです。

  

気難しい「やんちゃくれ」2頭が素養の確かさを見せると共に、課題を残した2021年の第28回チューリップ賞でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。