ストライプ(2018.3.25)&サルファーコスモス(2018.3.11)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.14)-

ストライプ 牝 黒鹿毛 2018.3.25生 新ひだか・荒木貴宏氏生産 馬主・佐藤壽男氏 美浦・尾形和幸厩舎

ストライプ(2018.3.25)の4代血統表
ルーラーシップ
鹿毛 2007.5.15
種付け時活性値:0.50【10】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
ノーザンテースト 1971.3.15
シヤダイフエザー 1973.2.20
グレイスフラワー
青鹿毛 2009.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
ノーザンテースト 1971.3.15
スカーレツトインク 1971.5.5
ジャッキーテースト
黒鹿毛 2001.1.31
仔受胎時活性値:1.75【7】
カーネギー
鹿毛 1991.2.26
種付け時活性値:0.25【9】
▲Sadler’s Wells 1981.4.18
Detroit 1977.2.24
ジャッキーマックス
芦毛 1982.3.30
仔受胎時活性値:0.50【18】
Sexton Blake
芦毛 1975.5.20
種付け時活性値:1.50【6】
Silver Spring
黒鹿毛 1966.3.17
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×4、Blakeney5×5、Northern Dancer5×5×5>

ストライプ(2018.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ルーラーシップ
(Mr. Prospector系)
ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
カーネギー
(Sadler’s Wells系)
Sexton Blake
(Djebel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ダイワメジャー
(Mountain Flower)
6.00 or 4.00 大伯母マックスジーン
(No. 9-e)
2番仔
(2連産目)

*

2021年のクロッカスS(L。東京芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ストライプ 牝3 54 田辺 裕信 1:22.2 3-4 33.1 514
[+4]
尾形 和幸 1
2 9レガトゥス 牡3 56 C.ルメール 1:22.4 1 1/4 5-3 33.4 550
[-2]
木村 哲也 2
3 8ニシノアジャスト 牡3 56 三浦 皇成 1:22.5 1 5-6 33.3 522
[-4]
小手川 準 3
4 4メインターゲット 牝3 54 大野 拓弥 1:22.6 1/2 3-4 33.5 500
[-4]
杉浦 宏昭 7
5 6ブルーシンフォニー 牡3 56 戸崎 圭太 1:22.7 1/2 9-7 33.3 478
[+2]
伊藤 圭三 4

2021年のクロッカスS。前走京王杯2歳S(GII)でモントライゼ(2018.4.4)から0秒1差の4着に差し込んだストライプ。

モントライゼ(2018.4.4)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.6)-
モントライゼ 牡 鹿毛 2018.4.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・松永幹夫厩舎 メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

このクロッカスSでは10頭立ての1枠1番から好発を決めると道中は内ラチ沿いの3~4番手追走、直線でも内を鋭く伸びてメンバー中最速の上がり3ハロン33秒1。最後は流す余裕を見せてストライプ、東京芝1400mの重賞で好勝負を演じた実力を、東京芝1400mのリステッドレースでも遺憾なく発揮しました。ストライプ、その馬名意味は「縞」ということ。

ストライプの5代血統表内のクロスは、上述の通りノーザンテースト4×4、Blakeney5×5、Northern Dancer5×5×5です。0の理論的にはノーザンテーストは父方にいるダイナカール、母方にいるスカーレットブーケに対して共にミニモの遺伝を与えているため無弊害化。そしてTourbillon(1928)系の英ダービー馬であるBlakeney(1966.3.28)のシブいクロスも、父方にいるPilot Bird、母方にいるSexton Blakeに対して共にミニモの遺伝を与えているため無弊害化。ストライプ、0の理論的には5代血統表内のクロスを上手く0化消却した良い配合馬です。

#キングカメハメハの祖母Pilot Birdには、Blakeneyが16歳時交配のマッシモの遺伝を与えているという判断をなされる方もいらっしゃると思います。

*

サルファーコスモス 牝 黒鹿毛 2018.3.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・中内田充正厩舎

サルファーコスモス(2018.3.11)の4代血統表

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00【16】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ミクロコスモス
鹿毛 2006.5.5
仔受胎時活性値:0.75【11】
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.25【5】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
ユーアンミー
栗毛 1995.2.13
仔受胎時活性値:0.50【10】
Marquetry
栗毛 1987.1.30
種付け時活性値:1.75【7】
Conquistador Cielo 1979.3.20
Regent’s Walk 1981.5.31
Archimillionnaire
鹿毛 1981.4.27
仔受胎時活性値:1.25【13】
Medaille d’Or
栗毛 1976.5.23
種付け時活性値:1.00【4】
Coqueluche
鹿毛 1970.2.10
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5、Northern Dancer5×5(父方)>

サルファーコスモス(2018.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
ネオユニヴァース
(サンデーサイレンス系)
Marquetry
(Mr. Prospector系)
Medaille d’Or
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Marquetry
(Turn-to)
3.00 いとこヴェイルネビュラ
(No. 4-g)
6番仔
(6連産目)

*

2021年のエルフィンS(L。中京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9サルファーコスモス 牝3 54 川田 将雅 1:36.0 5-5-5 33.8 456
[-4]
中内田 充正 5
2 1スンリ 牝3 54 池添 謙一 1:36.0 クビ 5-5-5 33.9 462
[+4]
清水 久詞 12
3 5クァンタムレルム 牝3 54 藤岡 佑介 1:36.1 クビ 12-11-7 33.7 458
[0]
石橋 守 8
4 7マリアエレーナ 牝3 54 松山 弘平 1:36.1 クビ 9-9-10 33.5 410
[-6]
吉田 直弘 4
5 8ルージュグラース 牝3 54 岩田 康誠 1:36.2 1/2 1-1-1 34.5 414
[-18]
安田 隆行 11

2021年のエルフィンS。平年とは異なり中京芝1600mの舞台で行われた3歳牝馬の出世レース。12頭立ての一戦を制したのは5番人気のサルファーコスモス。7枠9番から発進したサルファーコスモス、道中は外目5~6番手を走り、直線では大外から豪快に脚を伸ばしました。中背中肉の馬体から繰り出される走りはダイナミックに見えるサルファーコスモス、距離が延びた舞台でも楽しみが大きいように感じました。サルファーコスモス、その馬名意味は「コスモス属の一種」とのことです。

「同一牝系馬の連動する活躍」というフレーズを繰り返しお伝えしていますけれど、サルファーコスモスはいとこヴェイルネビュラ(2018.2.18)が1月のジュニアC(L)を制しており、

ヴェイルネビュラ(2018.2.18)&ソングライン(2018.3.4)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.12)-
ヴェイルネビュラ 牡 鹿毛 2018.2.18生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 美浦・大竹正博厩舎 ソングライン 牝 青鹿毛 2018.3.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・林徹厩舎

また大井に移籍した全兄コズミックフォース(2015.2.14)が1月の船橋のチバテレ盃において久しぶりの勝利を収めています。そしてダート戦線でしぶとい活躍を見せる古豪ウェスタールンド(2012.2.11)は母ミクロコスモスの全弟ですから叔父ですね。現在活性と思われる牝系から現れたサルファーコスモス、出世レースを制して「いざ行かんクラシック」というところ。今後も楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。