Sottsass(2016.3.24)-第99回凱旋門賞(仏GI)の勝ち馬-

Result

Sottsass(ソットサス) 牡 栗毛 2016.3.24生 仏国・S.A.S.U. Ecurie Des Moneaux生産 馬主・White Birch Farm 仏国・J-C Rouget厩舎

Sottsass(2016.3.24)の4代血統表

Siyouni
鹿毛 2007.2.14
種付け時活性値:0.00【8】
Pivotal
栗毛 1993.1.19
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Sichilla
鹿毛 2002.2.28
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Slipstream Queen
鹿毛 1990.6.2
Conquistador Cielo 1979.3.20
Country Queen 1975.3.26
Starlet’s Sister
栗毛 2009.4.7
仔受胎時活性値:1.50【6】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.50【10】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Premiere Creation
栗毛 1997.2.12
仔受胎時活性値:0.75【11】
Green Tune
栗毛 1991.5.5
種付け時活性値:1.25【5】
Green Dancer 1972.4.14
Soundings 1983.4.27
Allwaki
栗毛 1990.1.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.75【11】
Alloy
栗毛 1981.4.12
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4、Miswaki4×4(母方)、Special(♀)5×5、Mr. Prospector5×5×5×5>

Sottsass(2016.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Siyouni
(Nureyev系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Green Tune
(Nijinsky系)
◆Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Green Tune
(Mr. Prospector)
5.75 半姉が米芝牝馬王者
(No. 16-h)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第99回凱旋門賞(仏GI。パリロンシャン芝2400m)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Sottsass 牡4 59.5 Cristian Demuro 2:39.30 J-C Rouget 4
2 12 In Swoop 牡3 56.5 Ronan Thomas クビ F-H Graffard 5
3 1 Persian King 牡4 59.5 Pierre-Charles Boudot 1 3/4 A Fabre 3
4 10 Gold Trip 牡3 56.5 Stephane Pasquier アタマ F Chappet 7
5 15 Raabihah 牝3 55 Maxime Guyon 2 J-C Rouget 6
6 8 Enable 牝6 58 Frankie Dettori 2 John Gosden 1
7 6 Stradivarius 牡6 59.5 Olivier Peslier 1/2 John Gosden 2
8 9 ディアドラ 牝6 58 Jamie Spencer 2 1/2 橋田 満 9
9 3 Way To Paris 牡7 59.5 Ioritz Mendizabal ハナ Andrea Marcialis 8
10 2 Royal Julius 牡7 59.5 Shane Foley 3/4 J Reynier 11
11 11 Chachnak 牡3 56.5 Tony Piccone 20 F Vermeulen 10
【凱旋門賞】地元のソットサスが昨年の雪辱、3勝目狙ったエネイブルはまさかの6着 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
第99回凱旋門賞(3歳以上、芝2400m)が現地4日に仏パリロンシャン競馬場で行われ、逃げ馬を前に見ながら2、3番手を追走した5番人気のソットサスが直線で混戦から抜け出すと、自身の背後から内を突いた

2020年の第99回凱旋門賞。レースが始まるまでに「有力3歳牝馬ラブは回避 道悪を考慮/凱旋門賞」「武豊ジャパンなどオブライエン厩舎4頭は出走回避へ」と、もろもろの理由でエイダン・パトリック・オブライエン厩舎の5頭はすべて出走しないということになってしまったこの一戦。

不良馬場の11頭立て、終わってみれば地元仏国勢が上位5頭を独占。そんな仏国勢の中で勝利を収めたのは、昨年2019年のジョッケクルブ賞(仏GI)を制し、今年2020年はガネー賞(仏GI)を制していたSottsass。

第179回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-Sottsass(2016.3.24)-
Sottsass(ソットサス) 牡 栗毛 2016.3.24生 仏国・S.A.S.U. Ecurie Des Moneaux生産 馬主・White Birch Farm 仏国・J-C Rouget厩舎

Sottsass、シャンティイ芝2100mのジョッケクルブ賞をレコードタイムの2分2秒90で制しつつ、パリロンシャン芝2400mの凱旋門賞を近30年では最も遅い2分39秒30で勝つ。「そっと差す、というには強烈すぎた」。なんて、ヤマニンゼファー(1988.5.27)ヒーロー列伝のキャッチコピーを本歌取りしたくなる強さを見せたSottsass。栗毛の馬体に緑色を基調にした勝負服が映えて、見事に凱旋門賞制覇。日本でもおなじみのクリスチャン・デムーロ騎手、そして管理されるジャン=クロード・ルジェ調教師にも凱旋門賞初優勝をプレゼントしました。

Sottsassは、その戦歴を確認してみれば、今回の凱旋門賞を含めて「前走4着から出走した次レースはいずれも勝利を収めている」ということになりました。順に確認すれば、

  1. デビュー戦4着(2018年/ドーヴィル芝1600m)→2戦目1着(2018年/クレールフォンテーヌ芝1600m)
  2. アルクール賞(仏GII)4着(2020年/パリロンシャン芝2000m)→ガネー賞(仏GI)1着(2020年/シャンティイ芝2100m)
  3. 愛チャンピオンS(GI)4着(2020年/レパーズタウン芝10F)→凱旋門賞(仏GI)1着(2020年/パリロンシャン芝2400m)

です。出走歴からこのリズムを感じ取られて、凱旋門賞の馬券を取られた方がいらっしゃったら、サスガと思います(^^)

そしてまた直父系にNureyevを持つ馬の勝利は、1997年の第76回を制したパントレセレブル(1994.3.17)以来のこと。

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の漆)-パントレセレブル(1994.3.17)-
パントレセレブル(Peintre Celebre) 牡 栗毛 1994.3.17生 米国・Allez France Stables生産 馬主・Daniel Wildenstein 仏国・Andre Fabre厩舎

地元仏国の調教馬であり栗毛馬ということが共通点ですが、0の理論的には、パントレセレブルもSottsassも共に父からミニモの遺伝を受けているという点も共通しています。Sottsassのジョッケクルブ賞制覇の折に気が早いですが、0リフレッシュされた血を持つSottsassには、Nureyev系種牡馬の旗頭になって欲しいものですと記しましたけれど、改めて種牡馬としても期待したいものです。

今回は、敗れてしまった馬たちについては、多くを語るまいと言うところ。勝者も敗者も、それぞれに、本当にお疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。