ドウデュース(2019.5.7)-第89回東京優駿(GI)の勝ち馬-

Result

ドウデュース 牡 鹿毛 2019.5.7生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)キーファーズ 栗東・友道 康夫厩舎

ドウデュース(2019.5.7)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
ダストアンドダイヤモンズ
鹿毛 2008.1.6
仔受胎時活性値:0.50【10】
Vindication
黒鹿毛 2000.1.28
種付け時活性値:1.75【7】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Strawberry Reason
黒鹿毛 1992.3.17
Strawberry Road(AUS) 1979.9.28
Pretty Reason 1971.3.18
Majestically
黒鹿毛 2002.1.13
仔受胎時活性値:1.25【5】
Gone West
鹿毛 1984.3.10
種付け時活性値:0.25【17】
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Darling Dame
鹿毛 1989.1.9
仔受胎時活性値:1.00【12】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.75【19】
Darling Lady
鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Lyphard4×4>

ドウデュース(2019.5.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Vindication
(Seattle Slew系)
Gone West
(Mr. Prospector系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Vindication
(Nothirdchance)
4.00 母が米Gレース2勝馬
(No. 3-d)
6番仔
(6連産目)

*

2022年の第89回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13ドウデュース 牡3 57 武 豊 2:21.9 13-14-14-14 33.7 490
[-6]
友道 康夫 3
2 18イクイノックス 牡3 57 C.ルメール 2:21.9 クビ 16-16-16-14 33.6 484
[-8]
木村 哲也 2
3 3アスクビクターモア 牡3 57 田辺 裕信 2:22.2 2 2-2-2-2 35.3 472
[-2]
田村 康仁 7
4 12ダノンベルーガ 牡3 57 川田 将雅 2:22.3 クビ 10-10-11-11 34.3 494
[-10]
堀 宣行 1
5 6プラダリア 牡3 57 池添 謙一 2:22.8 3 5-5-6-5 35.2 458
[+2]
池添 学 5

2022年の第89回東京優駿。最後ですね「ユタカさん、ユタカさん!!」としか叫んでいませんでした^^;。武豊騎手、史上最多となる東京優駿6勝目は、史上初の20代、30代、40代、50代という4つのディケイドにおける東京優駿勝利であると共に、53歳2ヶ月と15日という騎手として史上最年長での東京優駿制覇となりました。

年度代表馬の同期生を辿る(其の弐拾)-スペシャルウィーク(1995.5.2)-
スペシャルウィーク 牡 黒鹿毛 1995.5.2生 門別・日高大洋牧場生産 馬主・臼田弘義氏 栗東・白井寿昭厩舎
年度代表馬の同期生を辿る(其の弐拾壱)-アドマイヤベガ(1996.3.12)-
アドマイヤベガ 牡 鹿毛 1996.3.12生~2004.10.29没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・橋田満厩舎
タニノギムレット(1999.5.4)-自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る(No.6)-
タニノギムレット 牡 鹿毛 1999.5.4生 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・松田国英厩舎
JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-ディープインパクト(2002.3.25)-
ディープインパクト 牡 鹿毛 2002.3.25生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人氏→金子真人ホールディングス(株) 栗東・池江泰郎厩舎
キズナ(2010.3.5)-自分の生まれ日に東京優駿を制した馬を辿る(No.7)-
キズナ 牡 青鹿毛 2010.3.5生 新冠・株式会社ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・佐々木晶三厩舎

スペシャルウィーク(1995.5.2)、アドマイヤベガ(1996.3.12)、タニノギムレット(1999.5.4)、ディープインパクト(2002.3.25)、キズナ(2010.3.5)。まぶたを閉じれば、それぞれの東京優駿勝ちが思い起こされます。

そうして、ドウデュース。武騎手に6度目の東京優駿優勝を贈った優駿が東京芝2400mで刻んだタイムは、レースレコードとなる2分21秒9。サラブレッドの究極としては「2歳時にマイルGIを勝ち、3歳時にクラシックディスタンスを勝つ」という速さと強さを兼ね備えた形であると思っているのですが、ドウデュースはそれを遂げた1頭となりました。JRAがグレード制施行した1984年以後に朝日杯フューチュリティS(GI)と東京優駿の2レースを制した馬たちを確認しておきますと、

年度代表馬の同期生を辿る(其の壱)-メリーナイス(1984.3.22)-。
メリーナイス 牡 栗毛 1984.3.22生~2009.3.1没 静内・前田徹氏 馬主・浦房子氏 美浦・橋本輝雄厩舎
東京優駿(GI)プレイバック(其の壱)-サクラチヨノオー(1985.2.19)-
競馬の祭典である東京優駿(GI)が開催される5月ということで、30年前、20年前、10年前の東京優駿を振り返る、気の長い企画です。其の壱は1988年の第55回の勝ち馬、サクラチヨノオー。 サクラチヨノオー 牡 鹿毛 1985....
アイネスフウジン(1987.4.10)-五十音にて名馬を辿る(No.0)-
アイネスフウジン 牡 黒鹿毛 1987.4.10生~2004.4.5没 浦河町・中村 幸蔵氏生産 馬主・小林 正明氏 美浦・加藤 修甫厩舎
ミホノブルボン(1989.4.25)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.15)-
ミホノブルボン 牡 栗毛 1989.4.25生~2017.2.22没 門別町・原口圭二氏生産 馬主・(有)ミホノインターナショナル 栗東・戸山為夫厩舎→松元茂樹厩舎
JRA賞年度代表馬を辿る(其の捌)-ナリタブライアン(1991.5.3)-
ナリタブライアン 牡 黒鹿毛 1991.5.3生~1998.9.27没 新冠・早田牧場新冠支場生産 馬主・山路秀則氏 栗東・大久保正陽厩舎

メリーナイス(1984.3.22)、サクラチヨノオー(1985.2.19)、アイネスフウジン(1987.4.10)、ミホノブルボン(1989.4.25)、ナリタブライアン(1991.5.3)。1980年代後半から1990年代前半までは多く見られた、2歳王者が3歳でダービー馬に輝く姿。名前を挙げた馬たちはサスガに名馬揃いで、なんだかんだ言いながらメリーナイスの東京優駿6馬身差勝ちを更新している馬は2022年現時点でも現れておらず、サクラチヨノオーとアイネスフウジンは東京優駿をレースレコード勝ち、ミホノブルボンは無敗の二冠馬、そしてナリタブライアンは史上5頭目の三冠馬。

そんな先達に続いたドウデュースは、駆けるフォームが美しい馬と思います。四肢が深く沈み込んで跳ねる様。鹿毛に薄い流星、橙の帽子に「白、鼠元禄、袖鼠縦縞」の勝負服を乗せたドウデュース、本当に見事な第89回東京優駿の勝ちっぷりでした。

*

ドウデュースの馬主である(株)キーファーズ。週中の松島正昭代表のインタビューが良かったんです。

【日本ダービーSP(1)】キーファーズ松島正昭代表「朝日杯FS──僕と豊くん、ふたりにしかわからない何かが」 - netkeiba特派員 | 競馬コラム - netkeiba.com
▲キーファーズ松島正昭代表の特別インタビュー (撮影:桂伸也)いよいよ1週間後に迫った日本ダービー。ドウデュースを所有する、キーファーズ松島正昭代表の特別インタビューが実現しました。本日から4日間連続… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!
【日本ダービーSP(2)】キーファーズ松島正昭代表「武豊騎手との日々――ふたりでいろんなことを面白がってます」 - netkeiba特派員 | 競馬コラム - netkeiba.com
▲キーファーズ松島正昭代表の特別インタビュー (撮影:桂伸也)いよいよ今週末に迫った日本ダービー。ドウデュースを所有する、キーファーズ松島正昭代表の特別インタビューを4日間連続でお届けします。第1回で… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!
【日本ダービーSP(3)】キーファーズ松島正昭代表「武豊騎手が引退したら馬主を辞めて… 次にやりたい夢がある!」 - netkeiba特派員 | 競馬コラム - netkeiba.com
▲キーファーズ松島正昭代表の特別インタビュー (撮影:桂伸也)いよいよ今週末に迫った日本ダービー。ドウデュースを所有する、キーファーズ松島正昭代表の特別インタビューを4日間連続でお届けします。友達とし… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!
【日本ダービーSP(4)】キーファーズ松島正昭代表「僕の夢は凱旋門賞を勝つことじゃない――“武豊”へ捧げる純真のエール」 - netkeiba特派員 | 競馬コラム - netkeiba.com
▲キーファーズ松島正昭代表のインタビュー、最終回 (撮影:桂伸也)いよいよ今週末に迫った日本ダービー。ドウデュースを所有するキーファーズ松島正昭代表の特別インタビューも、今回がいよいよ最終回です。ラス… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬コラム。月150本以上の競馬コラムを毎日更新中!

ほんとうに、本当におめでとうございました。

ドウデュース・レース結果 | キーファーズサロン
ドウデュースのレース結果ページです。レースの詳細情報をお届けします。

*

ドウデュースを管理される友道康夫調教師は、第83回のマカヒキ(2013.1.28)、第85回のワグネリアン(2015.2.10)に続く、東京優駿3勝目。

第83回東京優駿(GI)の勝ち馬。 - 中島理論コラムの裏ページ
マカヒキ 牡 鹿毛 2013.1.28生 安平・ノーザンファーム生産 ...
ワグネリアン(2015.2.10)
ワグネリアン 牡 鹿毛 2015.2.10生~2022.1.5没 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・友道 康夫厩舎

厩舎の先輩であったワグネリアン、空の上からドウデュースの背中を押してくれたのかも知れません。

*

そして、ドウデュースの生産であるノーザンファームは第63回のフサイチコンコルド(1993.2.11)、第66回のアドマイヤベガ、第68回のジャングルポケット(1998.5.7)、第71回のキングカメハメハ(2001.3.20)、第72回のディープインパクト、第76回のロジユニヴァース(2006.3.11)、第82回のドゥラメンテ(2012.3.22)、第83回のマカヒキ、第84回のレイデオロ(2014.2.5)、第85回のワグネリアン、第88回のシャフリヤール(2018.4.13)に続いて東京優駿12勝目(!!)。サスガに列挙は文字に留めます^^;

*

──ダービーの結果次第とのことですが、すでに凱旋門賞にも登録。

松島 勝って行くのが一番だけど、僕は2着以内に入れば行きたいと思っています。その前に、今年の一番の目標はダービーを勝つこと。中間も在厩で調整してもらっているけど、元気いっぱいみたいです。

【日本ダービーSP(1)】キーファーズ松島正昭代表「朝日杯FS──僕と豊くん、ふたりにしかわからない何かが」 – netkeiba特派員 | 競馬コラム – netkeiba.com

↑で引いたnetkeiba.comの記事では、凱旋門賞(仏GI)へは2着以内に入れば行きたいとおっしゃっていた松島オーナー。一番の目標であったダービーを勝つことを果たされましたので、最高の形で、胸を張って凱旋門賞に向かえるのではないでしょうか。

ドウデュース。2019年生まれ世代7522頭の頂点に立った優駿の、ひと夏を越えた先を、心から楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#終始先行2番手から3着に頑張ったアスクビクターモア(2019.4.1)。ハイラップの中、最後もダノンベルーガ(2019.2.7)に交わされず「クビ」だけ先んじたところに根性と能力を感じました。だいぶん強いと思います。0の理論的な見解からは秋以降のほうが楽しみが大きいですし、弥生賞(GII)馬は菊花賞(GI)でも好成績を残す印象がありますので、三冠最終戦に進むのであれば注目したいと思います。