Rock Your World(2018.2.28)-第84回サンタアニタダービー(米GI)の勝ち馬-

Result

Rock Your World(ロックユアワールド) 牡 黒鹿毛 2018.2.28生 米国・Ron McAnally & Deborah McAnally生産 馬主・Hronis Racing LLC and Talla Racing LLC 米国・John W. Sadler厩舎

Rock Your World(2018.2.28)の4代血統表
Candy Ride(ARG)
鹿毛 1999.9.27
種付け時活性値:0.375【17.5】
Ride the Rails
黒鹿毛 1991.3.5
Cryptoclearance
黒鹿毛 1984.4.9
Fappiano 1977.5.19
Naval Orange 1975.5.26
Herbalesian
鹿毛 1969.4.29
Herbager 1956.4.19
Alanesian 1954.4.28
Candy Girl
栗毛 1990.7.7
Candy Stripes
栗毛 1982.4.12
Blushing Groom 1974.4.8
バブルカンパニー 1977
City Girl
栗毛 1982.7.18
Farnesio 1974.10.15
Cithara 1975
Charm the Maker
黒鹿毛 2009.3.16
仔受胎時活性値:2.00【8】

エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
種付け時活性値:0.00【8】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Toussaud
黒鹿毛 1989.5.6
El Gran Senor 1981.4.21
Image of Reality 1976.5.18
Charm the Giant
鹿毛 2002.3.8
仔受胎時活性値:1.50【6】
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:1.00【4】
Storm Cat 1983.2.27
Mariah’s Storm 1991.4.1
Olympic Charmer
鹿毛 1996.2.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Olympio
栗毛 1988.4.12
種付け時活性値:1.75【7】
Light a Charm
黒鹿毛 1985.5.8
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Fappiano4×4、Mr. Prospector5×5、Killaloe5×5>

Rock Your World(2018.2.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Candy Ride
(Mr. Prospector系)
★エンパイアメーカー
(Mr. Prospector系)
Giant’s Causeway
(Storm Cat系)
Olympio
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Olympio
(Whitesburg)
5.25 祖母と曾祖母が米Gレース勝ち馬
(No. 9-f)
2番仔?

*

2021年の第84回サンタアニタダービー(米GI。サンタアニタパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Rock Your World 牡3 56.2 Umberto Rispoli 1:49.17 John W Sadler 3
2 7 Medina Spirit 牡3 56.2 John R Velazquez 4 1/4 Bob Baffert 1
3 2 Dream Shake 牡3 56.2 Flavien Prat 2 1/4 Peter Eurton 2
4 10 Defunded せん3 56.2 Mike E Smith 4 3/4 Bob Baffert 4
5 8 Law Professor 牡3 56.2 Kent J Desormeaux 6 3/4 Michael McCarthy 6
KYダービー戦線に新星、初ダートのロックユアワールドがG1サンタアニタダービー快勝 | JRA-VAN Ver.World
 ケンタッキーダービーに向けた西海岸最大の前哨戦G1サンタアニタダービー(3歳、ダート9ハロン)が現地3日にサンタアニタパーク競馬場で行われ、かつて日本でも活躍したU.リスポリ騎乗の3番人気ロックユア

2021年の第84回サンタアニタダービー。過去10年の勝ち馬を見てもアイルハヴアナザー(2009.4.1)カリフォルニアクローム(2011.2.18)Justify(2015.3.28)と3頭のケンタッキーダービー(米GI)馬-アイルハヴアナザーとカリフォルニアクロームは二冠馬、Justifyは三冠馬-を輩出しており、過去にはAffirmed(1975.2.21)、サンデーサイレンス(1986.3.25)A.P. Indy(1989.3.31)キングカメハメハ(2001.3.20)の半兄であるThe Deputy(1997.3.29)と言ったところも制している一戦。今年2021年の第84回を制したのは、Rock Your World。今年元日のサンタアニタパーク芝6ハロンのメイドン1着、2月27日のサンタアニタパーク芝8ハロンのパサデナS(米L)1着と芝2戦2勝で臨んだのが、4月3日のサンタアニタダービー。Rock Your World、名前を見れば懐かしさもあるウンベルト・リスポリ騎手を背に、初ダートもGレース初挑戦もいとやせず、2着のMedina Spirit(2018.4.5)に4と4分の1馬身差の快勝。リスポリ騎手はレース名に「ダービー」が付くレースは初めての勝利だったそうで、感激も一入だった模様。馬人共におめでとうございました。

サンタアニタダービーは出世レースですので記事にしても何らおかしくないのですが、Rock Your Worldの生産者が「Ron McAnally & Deborah McAnally」でしたので、「おぉっ!!」と思ったのでした。「ロン・マッカナリーとデボラ・マッカナリー」ということは、米国競馬名誉の殿堂入り調教師であるマッカナリー師とその奥様であるデボラさんですね。

Ronald L. McAnally | National Museum of Racing and Hall of Fame

マッカナリー師は米国が誇る名せん馬の一角であるJohn Henry(1975.3.9)の調教師として知られ、輸入種牡馬ホークスター(1986.2.19)、タイトスポット(1987.2.24)、シルヴァーエンディング(1987.4.5)等の調教師でもありました。そんなマッカナリー師は実は中島国治氏と旧知だったようで、

私の知るマッカナリー調教師は外国から活馬(現役競走馬)を移籍すると、8ヵ月間は競馬に出走させない。
保手浜忠弘氏がフランスのGI勝ち馬アマジックマンを購入し、マッカナリー師に預託し、移籍後の第一走が安田記念である(4着)。
安田記念が8ヵ月ぶりの競馬であった。

KKベストセラーズ、「競馬最強の法則」1998年1月号、P32より引用-

アマジックマン(1992.5.1)の名前が出ましたが、マッカナリー師は同じく保手浜忠弘氏の持ち馬であったJohann Quatz(1989.2.22)、和田共弘氏の共同所有馬であったNorthern Spur(1991.4.16)の調教師でもありました。出てくる馬主さんの名前を見ると、中島氏と縁があってもおかしくありません。マッカナリー師は外国から現役競走馬を移籍した際は、確かに半年は間を開けてから競馬に出走させられていたようです。ここまでで名前を出した馬だけとなりますが確認しておきますと、、、

  1. Johann Quatz(1989.2.22)
    →1992年9月13日のニエル賞(仏GII)7着⇒1993年4月23日のアローワンス1着
  2. Northern Spur(1991.4.16)
    →1994年10月1日のリュテス賞(仏GIII)2着⇒1995年8月6日のエディリードH(米GI)3着
  3. アマジックマン(1992.5.1)
    →1996年10月20日のフォレ賞(仏GI)1着⇒1997年6月8日の安田記念(GI)4着
  4. Candy Ride(1999.9.27)
    →2002年12月14日のホアキン・S.デ・アンチョレナ大賞(亜GI)1着⇒2003年6月7日のアローワンスオプショナルクレーミング1着

はい。実はRock Your Worldの父Candy Rideも、米国移籍後はマッカナリー師の管理馬だったのです。そうして、エンパイアメーカーの8歳時交配を受けた繁殖牝馬であるCharm the MakerにCandy Rideを種付けして生まれたのがRock Your World。……と言いますか、Rock Your Worldの母Charm the Makerも生産者はマッカナリー師とデボラさんであり、祖母Charm the Giantと曾祖母Olympic Charmerの生産名義はデボラさんですから、4代に渡ってマッカナリー家の生産馬。そして母Charm the Maker、祖母Charm the Giant、曾祖母Olympic Charmerはマッカナリー師の管理馬にしてデボラさんの持ち馬でした。

  

正にマッカナリー家が育んだ血統馬Rock Your World。3戦3勝の無敗馬、リスポリ騎手と共に挑むであろう5月の大一番も大いに期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。