グレナディアガーズ(2018.2.4)-第72回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-

Result

グレナディアガーズ 牡 鹿毛 2018.2.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・中内田充正厩舎

グレナディアガーズ(2018.2.4)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.25【9】

Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
栗毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
ウェイヴェルアベニュー
鹿毛 2011.3.9
仔受胎時活性値:1.50【6】

Harlington
黒鹿毛 2002.2.19
種付け時活性値:0.00【8】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Serena’s Song
鹿毛 1992.4.4
Rahy 1985.2.18
Imagining 1983.4.5
Lucas Street
栗毛 2004.3.3
仔受胎時活性値:1.50【6】
Silver Deputy
鹿毛 1985.2.25
種付け時活性値:0.50【18】
Deputy Minister 1979.5.17
Silver Valley 1979.3.30
Ruby Park
栗毛 1997.4.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Bold Ruckus
黒鹿毛 1976.2.6
種付け時活性値:1.00【20】
Katebyrne
鹿毛 1988.3.12
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5(父方)、Mr. Prospector5×5×5、Blushing Groom5×5>

グレナディアガーズ(2018.2.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Galileo系)
★Harlington
(Mr. Prospector系)
Silver Deputy
(Deputy Minister系)
Bold Ruckus
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bold Ruckus
(Ruby Park)
6.50 or 4.50 母が米GI馬
(No. 10-a)
初仔

*

2020年の第72回朝日杯フューチュリティS(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2グレナディアガーズ 牡2 55 川田 将雅 1:32.3レコード 3-2 34.5 458
[+2]
中内田 充正 7
2 7ステラヴェローチェ 牡2 55 横山 典弘 1:32.4 3/4 10-9 33.5 502
[0]
須貝 尚介 2
3 8レッドベルオーブ 牡2 55 福永 祐一 1:32.7 1 1/2 7-7 34.2 476
[+8]
藤原 英昭 1
4 11バスラットレオン 牡2 55 坂井 瑠星 1:32.8 1/2 3-4 34.8 478
[-4]
矢作 芳人 8
5 6ブルースピリット 牡2 55 藤岡 佑介 1:32.8 クビ 2-2 35.1 484
[-6]
中内田 充正 13

2020年の第72回朝日杯フューチュリティS。前走11月7日の阪神芝1400mの未勝利戦を1分20秒4の快時計で勝ち上がったばかりだったグレナディアガーズ。発馬直後は5番手あたり、道中は先行3番手で押し進めると、直線ラスト200mを切ったところで逃げたモントライゼ(2018.4.4)を交わし、最後はメンバー中唯1頭だけ33秒台の末脚を見せたステラヴェローチェ(2018.2.19)の追撃を4分の3馬身だけ振り切ったところが決勝点。阪神芝1600mの勝ち時計1分32秒3は、2歳コースレコードと共に朝日杯フューチュリティSのレースレコード。グレナディアガーズ、16頭立て7番人気の伏兵ではありましたが、堂々たる勝ちっぷりを見せ、見事に2歳マイル王者に輝きました。グレナディアガーズ、その馬名意味は「イングランドの擲弾兵近衛連隊」ということです。

グレナディアガーズは父Frankelの持ち込み馬でサンデーサイレンス(1986.3.25)フリー、ステラヴェローチェは母父ディープインパクト(2002.3.25)が8歳時交配のミニモの遺伝を与えています。次世代のハーレムが求めている血を持ち合わせている馬の1着2着だったと思います。グレナディアガーズは↑で示した4代血統表の通り、0の理論的には近い代で先祖が減る良い配合です。そしてまた、ペーパーオーナーゲームで指名しているという贔屓目もありますが、ステラヴェローチェは距離が伸びてこそ楽しみではないかと改めて思いました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。