2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

ダノンキングリー(2016.3.25)-第71回安田記念(GI)の勝ち馬-

Result

ダノンキングリー 牡 黒鹿毛 2016.3.25生 浦河・三嶋牧場生産 馬主・(株)ダノックス 美浦・萩原清厩舎

ダノンキングリー(2016.3.25)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
マイグッドネス
黒鹿毛 2005.4.20
仔受胎時活性値:0.50【10】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25【21】
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Caressing
黒鹿毛 1998.4.18
仔受胎時活性値:1.50【6】
Honour and Glory
鹿毛 1993.3.24
種付け時活性値:1.00【4】
★Relaunch 1976.3.16
Fair to All 1986.3.24
Lovin Touch
栗毛 1980.4.4
仔受胎時活性値:0.25【17】
Majestic Prince
栗毛 1966.3.19
種付け時活性値:1.25【13】
Forest Princess
芦毛 1973.2.28
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

ダノンキングリー(2016.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Honour and Glory
(Intent系)
Majestic Prince
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 3.75 半兄ダノンレジェンド
(No. 9-f)
6番仔
(2連産目)

*

2021年の第71回安田記念(GI。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11ダノンキングリー 牡5 58 川田 将雅 1:31.7 8-8 33.1 456
[+6]
萩原 清 8
2 5グランアレグリア 牝5 56 C.ルメール 1:31.7 アタマ 11-11 32.9 502
[+4]
藤沢 和雄 1
3 13シュネルマイスター 牡3 54 横山 武史 1:31.8 1/2 5-5 33.4 474
[-6]
手塚 貴久 4
4 8インディチャンプ 牡6 58 福永 祐一 1:31.9 クビ 5-5 33.5 484
[+6]
音無 秀孝 2
5 9トーラスジェミニ 牡5 58 戸崎 圭太 1:32.1 1 1/4 2-2 34.2 472
[-4]
小桧山 悟 13

2021年の第71回安田記念。14頭立ての一戦、戦前8番人気だったダノンキングリー、道中は8番手を進んで、直線は大外から一気の強襲。最後間隙を縫うようにして伸びて来た1番人気のグランアレグリア(2016.1.24)の追撃を「アタマ」差しのいだところが決勝点。テン乗りとなった川田将雅騎手に操られたダノンキングリー、通算7度目のGI挑戦にして、ついにその名の通り「王にふさわしい」存在として、GIの戴きを蹄中に収めました。そうして祖父サンデーサイレンス、父ディープインパクトに続いて、父仔3代に渡る「3月25日生まれのGI馬」と相成りました。

ダノンキングリーは「父ディープインパクト×母Storm Cat牝馬」というおなじみのニックを持っています。キズナ(2010.3.5)アユサン(2010.2.21)ラキシス(2010.1.31)エイシンヒカリ(2011.5.3)サトノアラジン(2011.2.16)リアルスティール(2012.3.1)Study of Man(2015.4.9)ラヴズオンリーユー(2016.3.26)という先達に続いてダノンキングリー、「父ディープインパクト×母Storm Cat牝馬」により輩出されたGI馬に名を連ねました。若干余談的ではありますがラキシス、サトノアラジン、ラヴズオンリーユー、そしてダノンキングリーと4頭に騎乗経験があり重賞勝利を収められている川田騎手は、このニックで生み出される良馬たちをよく心得られている、ということでしょうか。思えば、今春の京都新聞杯(GII)を制したレッドジェネシス(2018.3.17)の鞍上も川田騎手でした。サスガ。

ダノンキングリーの生産は浦河の三嶋牧場。前週の第88回東京優駿(GI)でも密かに生産馬のバスラットレオン(2018.3.25)を応援していたのですが、今回の安田記念が嬉しいGI初勝利となりました。おめでとうございました。三嶋牧場に関しては、我らが「優駿達の蹄跡」の管理人であらせられるアホヌラ様のYouTubeチャンネル「アホヌラ競馬ch」における、

の動画が、しみじみと沁みました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。