Adayar(2018.3.31)-第71回”キング・ジョージ”(英GI)の勝ち馬-

Result

Adayar(アダイヤー) 牡 鹿毛 2018.3.31生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

Adayar(2018.3.31)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.25【9】

Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Anna Salai
鹿毛 2007.4.24
仔受胎時活性値:0.50【10】
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.00【4】
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold 1985.4.7
Colorado Dancer 1986.2.13
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy 1987.5.15
Jawaher 1989.5.13
アンナパラリーヴァ
栗毛 1995.5.18
仔受胎時活性値:0.75【11】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.50【14】
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Anna of Saxony
栗毛 1989.4.6
仔受胎時活性値:1.25【5】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.00【12】
Anna Matrushka
栗毛 1984.4.18
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5、Mr. Prospector5×5>

Adayar(2018.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Galileo系)
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caerleon
(Round Table)
3.50 母、祖母、曾祖母がGIII勝ち馬
(No. 7-f)
3番仔?
(3連産目?)

*

2021年の第71回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝11F211y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5Adayar 牡3 55.3 William Buick 2:26.54 Charlie Appleby 2
2 2Mishriff 牡4 60.3 David Egan 1 3/4 John & Thady Gosden 4
3 3Love 牝4 59 Ryan Moore 1 3/4 A P O’Brien 1
4 1Broome 牡5 60.3 Wayne Lordan 6 A P O’Brien 5
5 6 Lone Eagle 牡3 55.3 Frankie Dettori ハナ Martyn Meade 3
アダイヤーがキングジョージを完勝! 英ダービー馬として20年ぶりの同一年制覇 | JRA-VAN Ver.World
 欧州競馬における上半期の総決算、英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(3歳以上、芝12ハロン)が現地24日にアスコット競馬場で行われ、道中2番手をキープした英ダービー馬アダイヤー(

2021年の第71回”キング・ジョージ”。5頭立てとはいえ、強力なメンバーによるレースとなった夏の欧州選手権距離王者の決定戦。戦前の人気順に見ると、昨年2020年の英1000ギニー(GI)英オークス(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)、そして今年のプリンスオブウェールズS(英GI)とGI4連勝中のLove(2017.4.13)。前走英ダービー(GI)を11頭立て7番人気で制しアップセットでアッと言わせたAdayar。前走愛ダービー(GI)Hurricane Lane(2018.3.11)とクビ差の2着だったLone Eagle(2018.3.21)。昨年のジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬にして今年のサウジカップドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬Mishriff(2017.4.1)。そして前走サンクルー大賞(仏GI)で松島正昭オーナーにGI初制覇を贈ったBroome(2016.2.8)。

そんな力量馬たちの一戦を制したのは、青の帽子にゴドルフィンブルーの勝負服よろしく、鹿毛も鮮やかにAdayar。道中先行2番手から進み、直線でも早めに抜け出しに掛かると、差し迫った4歳馬2頭を振り払い、決勝点ではMishriffに1と4分の3馬身差を着けての快勝。3歳牡馬による”キング・ジョージ”制覇は2011年の第61回を制したNathaniel(2008.4.24)-“キング・ジョージ”3勝のEnable(2014.2.12)の父-以来10年ぶり、また英ダービー馬が同年の”キング・ジョージ”を制するのはAdayarの直祖父Galileoが制した2001年の第51回以来20年ぶりのこと。

Galileo(1998.3.30)
Galileo(ガリレオ) 牡 鹿毛 1998.3.30生~2021.7.10没 愛国・D Tsui and Orpendale生産 馬主・Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

そしてまた走った馬たちのレベルの高さを示したのか、アスコット芝11ハロン211ヤードの勝ち時計2分26秒54は、レース史上3位となる好タイム。Adayar、伊達や酔狂で英ダービーを制していた訳ではないと、今回の”キング・ジョージ”でその実力の確かさをまざまざと見せ付けました。

Adayarについて、管理されるチャーリー・アップルビー調教師のコメントを引いておきますと、

「もしキングジョージに勝てば凱旋門賞が見えてくる。負けたらプランを戻して、英セントレジャーかな」

英ダービー馬アダイヤー、次走はキングジョージで古馬に挑戦 | JRA-VAN Ver.World

「英ダービーから24時間後にはアダイヤーのキングジョージ参戦を決めていた。なぜなら彼はレース間隔を開けたほうがいいタイプで、成長する時間を与えたかったからだ」

ゴドルフィンとクールモアの因縁、祖父ガリレオ以来の偉業に挑むアダイヤー | JRA-VAN Ver.World

“キング・ジョージ”の勝利により今秋の第100回凱旋門賞(仏GI)への進路が見えたAdayar。レース間隔を開けたほうが良いという師の見立てから、どのレースをステップにして凱旋門賞に向かうかが気になるところですが、凱旋門賞参戦を表明したクロノジェネシス(2016.3.6)にとっては、強力なライバルが1頭増えたことは間違いありません。

Adayar、2018年生まれ世代の現3歳の牡馬も強いというところを見せてくれた、ゴドルフィンが誇る英ダービー馬にして”キング・ジョージ”の勝ち馬。まずは初めての古馬との対戦を制した疲れを充分に癒やしてください。リフレッシュした後、今秋の走りも期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

Adayar(2018.3.31)-第242回英ダービー(GI)の勝ち馬-
Adayar(アダイヤー) 牡 鹿毛 2018.3.31生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎