Dubai Honour(2018.2.20)-第70回クイーンエリザベスS(豪GI)の勝ち馬-

Result

Dubai Honour(ドバイオナー) せん 鹿毛 2018.2.20生 愛国・Macha Bloodstock/Meridian International生産 馬主・Mohamed Obaida 英国・William Haggas厩舎

Dubai Honour(2018.2.20)の4代血統表
Pride of Dubai(AUS)
鹿毛 2012.9.7
種付け時活性値:1.125【4.5】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
アルアヌード
鹿毛 2003.9.23
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Eljazzi
鹿毛 1981.4.12
アーテイアス 1974.2.26
Border Bounty 1965
Mondelice(GB)
鹿毛 2013.1.20
仔受胎時活性値:1.00【4】

Montjeu(IRE)
鹿毛 1996.4.4
種付け時活性値:0.00【16】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville 1976.4.5
Toute Cy 1979.5.4
Compelling(IRE)
鹿毛 2008.2.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
Kingmambo(USA)
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.25【17】
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Damson(IRE)
鹿毛 2002.4.21
仔受胎時活性値:1.25【5】
アントレプレナー(GB)
鹿毛 1994.3.7
種付け時活性値:1.75【7】
Tadkiyra(IRE)
鹿毛 1989.6.8
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Sadler’s Wells3×5(母方)、Mr. Prospector4×4、Northern Dancer4×5>

Dubai Honour(2018.2.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Pride of Dubai
(Mr. Prospector系)
Montjeu
(Sadler’s Wells系)
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
アントレプレナー
(Sadler’s Wells系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アントレプレナー
(Damson)
4.25
(【4】+【4】+【5】+【12】)
曾祖母が愛GI馬
(No. 5-b)
初仔?

*

2023年の第70回クイーンエリザベスS(豪GI。ランドウィック芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Dubai Honour せん5 59 Tom Marquand 2:07.72 William Haggas 1
2 5 Mo’unga 牡5 59 Nash Rawiller 2.45L Annabel Neasham 4
3 1 Anamoe 牡4 59 James McDonald 2.46L James Cummings 2
4 11 Hezashocka せん5 59 Brenton Avdulla 2.91L Mick Price & Michael Kent Jnr 10
5 7 ユニコーンライオン 牡7 59 Damian Lane 3.73L 矢作 芳人 3
豪G1クイーンエリザベスSに挑戦のユニコーンライオンは5着、ドバイオナーが完勝 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
豪G1クイーンエリザベスステークス(3歳以上、芝2000m)が現地8日にランドウィック競馬場で行われ、英国から遠征の1番人気ドバイオナーが中団追走から直線で末脚を炸裂。逃げ粘る日本のユニコーンライオ

日本からユニコーンライオン(2016.1.29)がチャレンジしてJRAでは勝馬投票券の発売もされた2023年のクイーンエリザベスS。ユニコーンライオン、大外枠からスタートダッシュを決めると果敢な逃げを見せ、ダミアン・レーン騎手と共にゴール前200mまで必死の粘りを見せましたが、1頭段違いの末脚を見せた馬がいました。前走ランヴェットS(豪GI)を制して臨んだ英国調教馬Dubai Honour、豪州でGI9勝を挙げているAnamoe(2018.11.16)も「相手ではない」とばかりに鋭脚を見せると、昨秋短期免許で初来日されたトム・マーカンド騎手のアクションに応えて、ゴール地点では道中同じように中団位置にいたMo’unga(2017.11.20)に2.45馬身差を着けての快勝。Dubai Honour、豪州の地でGI連勝を果たしました。

Dubai Honourを管理されるウィリアム・ハガス調教師。昨年2022年にお亡くなりになったレスター・ピゴットさんの娘婿にして、1996年の英ダービー(GI)馬Shaamit(1993.2.11)や2011年の英オークス(GI)馬Dancing Rain(2008.4.24)でも知られる現代の伯楽の一人ですが、せん馬によるランヴェットSとクイーンエリザベスSの連勝ということで、かつて記事にした管理馬を思い起こしました。

第67回クイーンエリザベスS(豪GI)の勝ち馬-Addeybb(2014.2.9)-
Addeybb(アデイブ) せん 栗毛 2014.2.9生 愛国・Rabbah Bloodstock Limited生産 馬主・Sheikh Ahmed Al Maktoum 英国・William Haggas厩舎

ダノンプレミアム(2015.4.3)が挑んで3着だった2020年のクイーンエリザベスS。勝ち馬Addeybb(2014.2.9)の鞍上は、やはりマーカンド騎手。なお、AddeybbのクイーンエリザベスSの前走ランヴェットSがマーカンド騎手のGI初勝利でした。Addeybbと名コンビとなったマーカンド騎手は後に英チャンピオンS(GI)、クイーンエリザベスS(2回目)、そして引退レースとなったコンセイユドゥパリ賞(仏GII)とグループレース勝ちを3つ重ねました。

Addeybb(2014.2.9)-第143回英チャンピオンS(GI)の勝ち馬+α-
Addeybb(アデイブ) せん 栗毛 2014.2.9生 愛国・Rabbah Bloodstock Limited生産 馬主・Sheikh Ahmed Al Maktoum 英国・William Haggas厩舎Glen Shiel(グレンシール) せん 栗毛 2014.5.7生 英国・Darley生産 馬主・Hambleton Racing Xxxvi & Partner 英国・Archie Watson厩舎

Dubai Honour、厩舎の先輩に続いて豪GIを連勝したその実力、Anamoeを置き去りにしたレースぶりからも本物でしょう。Street Cryの子孫は連勝を始めると止まらなくなる傾向が見えますので、Dubai Honourの次走以降も楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#Anamoeは今回のクイーンエリザベスSは残念でしたが、彼とて2023年に入ってからアポロS(豪GII)、チッピングノートンS(豪GI)、ジョージライダーS(豪GI)と3連勝を果たしていたStreet Cryの孫。また再びの連勝街道を期待したいものです。

Anamoe(2018.11.16)-第102回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-
Anamoe(アナモー) 牡 鹿毛 2018.11.16生 豪州・Godolphin Australia生産 馬主・Godolphin 豪州・James Cummings厩舎