エメリミット(2017.4.30)-第66回東京ダービーの勝ち馬-

Result

エメリミット 牡 黒鹿毛 2017.4.30生 新ひだか・飯岡牧場生産 馬主・(有)太盛 船橋・林正人厩舎

エメリミット(2017.4.30)の4代血統表
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:0.25
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
★Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian
黒鹿毛 1982.4.14
Seattle Slew 1974.2.15
Queen Louie 1968.4.9
Tri Argo
黒鹿毛 1982.5.18
Tri Jet 1969.4.3
Hail Proudly 1969.3.5
プーカ
黒鹿毛 2010.3.16
仔受胎時活性値:1.50

キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.00
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
ペニーホイッスル
黒鹿毛 2002.3.2
仔受胎時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.75
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ラークホイッスル
黒鹿毛 1994.4.7
仔受胎時活性値:1.75
★Silver Deputy
鹿毛 1985.2.25
種付け時活性値:0.00
Find Happiness
鹿毛 1982.3.15
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5>

エメリミット(2017.4.30)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シンボリクリスエス
(Roberto系)
★キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Silver Deputy
(Deputy Minister系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス
(Montparnasse)
5.75 祖母がJRAオープン特別2勝
(No. 9-e)
2番仔
(不受胎後)

*

2020年の第66回東京ダービー(大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2エメリミット 牡3 56 山口達弥 2:06.9 4-3-5-4 39.2 465
[-5]
林正人 9
2 4マンガン 牡3 56 町田直希 2:06.9 クビ 9-9-10-9 38.7 454
[+3]
田島寿一 5
3 9ティーズダンク 牡3 56 笹川翼 2:07.3 2 7-6-6-5 39.4 494
[+2]
水野貴史 4
4 13ブリッグオドーン 牡3 56 水野翔 2:07.3 クビ 12-12-13-12 38.7 479
[+2]
渡辺和雄 6
5 11ゴールドホイヤー 牡3 56 山崎誠士 2:07.6 1.1/2 8-8-8-8 39.5 492
[+7]
岩本洋 1
【大井・東京ダービー】9番人気エメリミットが勝利 山口達弥騎手「今後も楽しみです」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 3日、大井競馬場で行われた第66回東京ダービー(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金4200万円)は、好位でレースを進めた山口達弥騎手騎乗の9番人気エメリミット(牡3、船橋・林正人厩舎)が、直線で外目… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

2020年の第66回東京ダービー。前走東京湾Cの「クビ」差を演じた2頭、大一番でも再び「クビ」差で再演しましたが順位は逆転。「好き(仏)+限界(仏)」という馬名意味のエメリミット、限界突破の一戦は初距離となった2000m戦、大井ダート2000mの東京ダービーの舞台でした。そうして、エメリミットの鞍上を務められた山口達弥騎手は、デビュー17年目の重賞初制覇が東京ダービーとなりました。山口騎手は林正人厩舎の所属であり、エメリミットはデビュー以来東京ダービーまでの12戦、すべて山口騎手とのコンビ。山口騎手、自厩舎の馬での東京ダービー勝利は一入だったのではないでしょうか。そうして、管理される林調教師は第59回のインサイドザパーク(2010.3.10)に続く東京ダービー2勝目、馬主の(有)太盛、生産の飯岡牧場は東京ダービー初制覇と相成りました。皆様、おめでとうございました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

余談。今回の東京ダービーは、山口騎手と2着マンガン(2017.6.1)の鞍上である町田直希騎手とのゴール後の握手が印象的ですが、町田騎手も重賞初制覇がビービートルネード(2003.5.13)による第52回東京ダービーであり、18歳2ヶ月での東京ダービー制覇は最年少記録です。