エフフォーリア(2018.3.10)-第66回有馬記念(GI)の勝ち馬-

Result

エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎

エフフォーリア(2018.3.10)の4代血統表
エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:1.75【7】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
ケイティーズハート
鹿毛 2009.4.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
ケイティーズファースト
鹿毛 1987.3.6
仔受胎時活性値:1.25【21】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25【9】
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5>

エフフォーリア(2018.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Kris
(エタン系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エピファネイア 5.25 大叔母ヒシアマゾン
(No. 7-f)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第66回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10 エフフォーリア 牡3 55 横山 武史 2:32.0 9-9-8-5 35.9 516
[+2]
鹿戸 雄一 1
2 5 ディープボンド 牡4 57 和田 竜二 2:32.1 3/4 5-6-6-5 36.1 502
[前計不]
大久保 龍志 5
3 7 クロノジェネシス 牝5 55 C.ルメール 2:32.2 1/2 7-7-8-8 36.0 478
[前計不]
斉藤 崇史 2
4 9 ステラヴェローチェ 牡3 55 M.デムーロ 2:32.3 1/2 10-11-10-8 35.9 498
[+4]
須貝 尚介 3
5 16 タイトルホルダー 牡3 55 横山 和生 2:32.5 1 1/2 2-2-2-2 36.9 476
[+12]
栗田 徹 4

2021年の第66回有馬記念。エフフォーリア、強し。皐月賞(GI)、天皇賞・秋(GI)、

エフフォーリア(2018.3.10)-第81回皐月賞(GI)の勝ち馬-
エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸雄一厩舎
エフフォーリア(2018.3.10)-第164回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬-
エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎

そして有馬記念と牡馬クラシックから古馬混合GIと2021年のJRA・GI3勝はお見事。来年2022年のさらなる飛躍を楽しみにしています。

皆さんご存知の通り、僕の不甲斐ない騎乗によって騎乗停止になってしまい、有馬記念を勝てて嬉しいですが、心の底から喜べないのが残念です。

【有馬記念レース後コメント】エフフォーリア横山武史騎手ら | 競馬ニュース – netkeiba.com

勝ち戻った際、スタンドに向けて深々と頭を下げられた横山武史騎手。自らの不甲斐なさを潔く認め、頭を下げ、素直に心持ちを吐露する。関西テレビ放送の中継時の勝利騎手インタビューでは、最後途切れ加減になりましたが「すみませんでした」と、聞こえました。だいぶん、叱られたのでしょうけれど、なかなかできないですよ。先日12月22日に23歳を迎えられたばかりの横山騎手。日本の騎手における次世代のエース、彼の往く道に幸多かれと祈り願います。

さて、横山騎手がGI制覇する度に記す訳ですが、有馬記念の騎手の親子制覇は、

  1. 武邦彦&武豊
    →父・邦彦は第21回トウシヨウボーイ(1973.4.15)、子・豊は第35回オグリキャップ(1985.3.27)、第51回ディープインパクト(2002.3.25)、第62回キタサンブラック(2012.3.10)
  2. 横山典弘&横山武史
    →父・典弘は第41回サクラローレル(1991.5.8)、子・武史は第66回エフフォーリア(本稿の主役)

「武邦彦&武豊」「横山典弘&横山武史」と書くにつけ、綴る度に武親子、横山親子の凄さを思います。天皇賞・秋に至っては横山家は親子3代でした^^;

エフフォーリアと横山騎手の物語はまた来年も続きます。鹿毛の駿馬と若武者の未来を心から楽しみにして。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

↓「竜二、ごめんなさい」と謝るテレビ観戦者。