Auguste Rodin(2020.1.26)-第62回フューチュリティT(英GI)の勝ち馬-

Result

Auguste Rodin(オーギュストロダン) 牡 青鹿毛 2020.1.26生 愛国・Coolmore生産 馬主・M Tabor & D Smith & Mrs J Magnier & Westerberg 愛国・A P O’Brien厩舎

Auguste Rodin(2020.1.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
▲Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
ロードデンドロン
鹿毛 2014.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75【15】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Halfway To Heaven
黒鹿毛 2005.4.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.75【11】
Polar Falcon 1987.6.1
Fearless Revival 1987.3.3
Cassandra Go
芦毛 1996.4.3
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.50【10】
Rahaam
芦毛 1987.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4>

Auguste Rodin(2020.1.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
Indian Ridge
(Clarion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Gold Digger)
7.25 or 5.25 or 3.25
(【5】+【8】+【8】+【8】)
母と祖母がGI3勝で叔母がGI7勝
(No. 3-d)
初仔

*

2022年の第62回フューチュリティT(英GI。ドンカスター芝8ハロン)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1Auguste Rodin 牡2 58.5 Ryan Moore 1:44.76 A P O’Brien 1
2 4 Epictetus 牡2 58.5 Frankie Dettori 3 1/2 John & Thady Gosden 2
3 5 Holloway Boy 牡2 58.5 Daniel Tudhope 1 3/4 K R Burke 3
4 3 Dancing Magic 牡2 58.5 Jim Crowley 3 3/4 Roger Teal 7
5 7 Salt Lake City 牡2 58.5 Wayne Lordan クビ A P O’Brien 4
ディープ産駒オーギュストロダンが英2歳G1フューチュリティTを完勝、オブライエン師は11勝目 | JRA-VAN Ver.World
 英ダービーをはじめ来春のクラシック戦線を占う2歳G1フューチュリティトロフィー(セン馬不可、芝8ハロン)は、1番人気に推されたディープインパクト産駒のオーギュストロダンが残り1ハロンから抜け出し、2

種牡馬ディープインパクト、産駒全13世代でのGI制覇、成る。ラストクロップの2020年生まれ世代は12頭、その内の1頭Auguste Rodinが、英国の2歳出世レースのひとつであるフューチュリティTを制しました。8頭立て、重馬場のドンカスター芝8ハロンの直線コース、発馬後内ラチ沿いに5頭、外ラチ沿いに3頭と馬群が別れ、外目の6番枠からスタートしたAuguste Rodinは外ラチ側馬群の最後方に位置。ゆったりとしたペースで流れる中、残り3ハロンを切ったあたりで促されると、すっと進出を開始。残り2ハロンでは先頭に立っていたAuguste Rodin、鞍上の名手ライアン・ムーア騎手の右ムチに応えると、最後はググイッと伸びて2着のEpictetus(2020.5.4)に3馬身半差の快勝。前走のジュヴェナイルS(愛GII)に続くグループレース連勝を飾ると共に、来春の英国クラシック候補として完全に名乗りを上げました。

Auguste Rodin(2020.1.26)-第16回ジュヴェナイルS(愛GII)の勝ち馬-
Auguste Rodin(オーギュストロダン) 牡 青鹿毛 2020.1.26生 愛国・Coolmore生産 馬主・M Tabor & D Smith & Mrs J Magnier & Westerberg 愛国・A P O'Brien厩舎

Auguste Rodinを管理されるエイダン・パトリック・オブライエン調教師は、調教師として最多勝となるフューチュリティT11勝目(!!)。勝利数がなんやよう分かりませんが、フューチュリティTを制した管理馬たちを確認してみますと、Saratoga Springs(1995.1.21)、Aristotle(1997.2.18)、High Chaparral(1999.3.1)、Brian Boru(2000.3.16)、St Nicholas Abbey(2007.4.13)、Camelot(2009.3.5)、Kingsbarns(2010.2.20)、Saxon Warrior(2015.1.26)、Magna Grecia(2016.2.25)、Luxembourg(2019.3.24)、そしてAuguste Rodin。先輩たちの内High Chaparral、Brian Boru、Camelot、Saxon Warrior、Magna Greciaと5頭が英国のクラシックホースに輝いていますし、St Nicholas AbbeyはGI6勝馬ですし、Luxembourgは愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬です。

High Chaparral(1999.3.1)-折々の勝負を辿る(No.3)-
High Chaparral(ハイシャパラル) 牡 鹿毛 1999.3.1生~2014.12.21没 愛国・S. Coughlan生産 馬主・Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎
第210回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-Saxon Warrior(2015.1.26)-
Saxon Warrior 牡 鹿毛 2015.1.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien...
第211回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-Magna Grecia(2016.2.25)-
Magna Grecia(マグナグレシア) 牡 鹿毛 2016.2.25生 愛国・Woodnook Farm Pty Ltd生産 馬主・Smith/Mrs Magnier/Tabor/Flaxman Stables 愛国・A P O'Brien厩舎
Luxembourg(2019.3.24)-第47回愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬-
Luxembourg(ルクセンブルク) 牡 鹿毛 2019.3.24生 愛国・B. V. Sangster生産 馬主・Westerberg,Mrs J Magnier,M Tabor,D Smith 愛国・A P O'Brien厩舎

Auguste Rodin、先輩たちに続いてさらなる活躍を見せて欲しいと思うと共に、願わくは同じディープインパクト産駒であるSaxon Warriorが果たせなかった英ダービー(GI)制覇を見てみたいと、東洋の空の下から祈っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。