Baaeed(2018.4.8)-第51回英インターナショナルS(GI)の勝ち馬-

Result

Baaeed(バーイード) 牡 鹿毛 2018.4.8生 英国・Shadwell Estate Company Limited生産 馬主・Shadwell Estate Company Ltd 英国・William Haggas厩舎

Baaeed(2018.4.8)の4代血統表
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:0.75【11】
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967.1.31
Anatevka 1969.2.13
Aghareed
鹿毛 2009.2.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
種付け時活性値:0.50【18】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Lahudood
鹿毛 2003.3.2
仔受胎時活性値:1.25【5】
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.50【10】
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Rahayeb
鹿毛 1996.3.3
仔受胎時活性値:1.50【6】
アラジ
栗毛 1989.3.4
種付け時活性値:1.50【6】
Bashayer
黒鹿毛 1990.1.30
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4×5、Northern Dancer5×5>

Baaeed(2018.4.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
アラジ
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アラジ
(Rahayeb)
6.00 or 4.00 祖母が米GI2勝馬
(No. 2-f)
5番仔?
(5連産目?)

*

2022年の第51回英インターナショナルS(GI。ヨーク芝10F56y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2Baaeed 牡4 60.8 Jim Crowley 2:09.30 William Haggas 1
2 5Mishriff 牡5 60.8 James Doyle 6 1/2 John & Thady Gosden 2
3 6 Sir Busker せん6 60.8 Ben Curtis 2 1/2 William Knight 6
4 3 Dubai Honour せん4 60.8 Tom Marquand 短アタマ William Haggas 4
5 7Native Trail 牡3 57.6 William Buick 4 3/4 Charlie Appleby 3

2022年の第51回英インターナショナルS。Baaeed、伝統のイボア・フェスティバルの初日を飾る欧州中距離路線の花形レースにおいて、センセーショナルな勝ちっぷりを見せてくれました。6頭立てのヨーク芝10ハロン56ヤードの道中は5番手追走、そうして迎えた約5ハロンというホームストレッチを余裕綽々とばかりに持ったまま進出。ラスト2ハロンを切って慌ただしくなる周囲を尻目に馬場中央をヒュンと抜け出し、ラスト1ハロンでようやく気合付けの右ムチが入ると一気に加速。食い下がろうとするディフェンディングチャンピオンのMishriff(2017.4.1)をあっという間に突き放してゴール地点では6馬身半差を着けての大圧勝。Baaeed、初めての10ハロン級挑戦もまったくいとやせず。いえ、むしろ距離が伸びて真価を見せたような気もします。結果を知っていながら映像を見ましたが、両の二の腕に軽く鳥肌が立ちました。Baaeed、10戦無敗でGI6連勝を飾ると共に、父Sea The Starsとの英インターナショナルS父仔制覇を遂げました。

Baaeedの英インターナショナルSのパフォーマンスは衝撃を持って迎えられ、私が英愛のレース結果を確認する先であるRacing Postのレーティングでは「138」を叩き出し、英国競馬統括機構(BHA)のレーティングでは「128」から「135」にジャンプアップする模様。

William Haggas reveals the Arc and Irish Champion will be considered for Baaeed | Horse Racing News | Racing Post
Baaeed has been handed three possible routes to retirement.

Racing Postのレーティング「138」は21世紀に走った馬では父Sea The Starsと並び、それを上回るのはFrankelの「143」だけ。またBHAのレーティングはワールドベストレースホースランキングに関連しますが、21世紀に走った馬で「135」を超えるのはFrankelの「140」と父Sea The Starsの「136」だけ。

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の弐拾)-Frankel(2008.2.11)-
Frankel(フランケル) 牡 鹿毛 2008.2.11生 英国・Juddmonte Farms生産 馬主・Khalid Abdullah 英国・Henry Cecil厩舎
カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾捌)-Sea The Stars(2006.4.6)-
Sea The Stars(シーザスターズ) 牡 鹿毛 2006.4.6生 愛国・Sunderland Holdings Ltd生産 馬主・Christopher Tsui 愛国・John Oxx厩舎

Baaeed、英インターナショナルSがあまりに傑出した走りでしたので、

横並びの動画、作られちゃいました。ヤル気やな、Racing TV^^;

*

Baaeed。英インターナショナルSの勝ちっぷりから、その進路が取り沙汰されています。

バーイード陣営が軌道修正、凱旋門賞も含めた3つの選択肢が浮上 | JRA-VAN Ver.World
 現地17日のG1英インターナショナルステークスで初の中距離でも圧勝したバーイードに、10月2日の仏G1凱旋門賞も含めた3つの選択肢が浮上しているようだ。競馬メディア『Thoroughbred Dai
  1. 英チャンピオンS(GI)
  2. 愛チャンピオンS(GI)&英チャンピオンS(GI)
  3. 凱旋門賞(仏GI)

果たして、Baaeedの蹄の向かう先や如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

Baaeed(2018.4.8)-第136回サセックスS(英GI)の勝ち馬-
Baaeed(バーイード) 牡 鹿毛 2018.4.8生 英国・Shadwell Estate Company Limited生産 馬主・Shadwell Estate Company Ltd 英国・William Haggas厩舎