St Mark’s Basilica(2018.3.18)-第46回愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬-

Result

St Mark’s Basilica(セントマークスバシリカ) 牡 鹿毛 2018.3.18生 仏国・Robert Scarborough生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

St Mark’s Basilica(2018.3.18)の4代血統表
Siyouni
鹿毛 2007.2.14
種付け時活性値:0.50【10】
Pivotal
栗毛 1993.1.19
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Sichilla
鹿毛 2002.2.28
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Slipstream Queen
鹿毛 1990.6.2
Conquistador Cielo 1979.3.20
Country Queen 1975.3.26
Cabaret
鹿毛 2007.5.4
仔受胎時活性値:0.50【10】

Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.00【8】
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Witch of Fife
黒鹿毛 1993.1.28
仔受胎時活性値:1.25【13】
Lear Fan
鹿毛 1981.2.2
種付け時活性値:0.75【11】
Roberto 1969.3.16
Wac 1969.1.23
Fife
鹿毛 1988.4.26
仔受胎時活性値:1.00【4】
Lomond
鹿毛 1980.2.3
種付け時活性値:1.75【7】
Fiddle-Faddle
鹿毛 1976
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5×5、Special(♀)5×5、Mr. Prospector5×5>

St Mark’s Basilica(2018.3.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Siyouni
(Nureyev系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Lear Fan
(Roberto系)
Lomond
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lomond
(My Charmer)
3.50 半兄Magna Grecia
(No. 6-e)
7番仔?
(7連産目?)

*

2021年の第46回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4St Mark’s Basilica 牡3 58.5 Ryan Moore 2:11.19 A P O’Brien 1
2 2Tarnawa 牝5 59.9 Colin Keane 3/4 D K Weld 2
3 3Poetic Flare 牡3 58.5 Kevin Manning ハナ J S Bolger 3
4 1 Patrick Sarsfield せん5 61.2 Declan McDonogh 7 1/2 Joseph Patrick O’Brien 4
セントマークスバシリカ、アイリッシュチャンピオンSも制して5度目のG1制覇 | JRA-VAN Ver.World
 4頭立てながらG1ホース3頭の競演となった現地11日のG1アイリッシュチャンピオンステークス(レパーズタウン競馬場、3歳以上、芝10ハロン)は、1番人気のセントマークスバシリカが直線の瞬発力勝負を制

2021年の第46回愛チャンピオンS。4頭立てでも中身は濃いメンバー。

昨年2020年のデューハーストS(英GI)、今年2021年の仏2000ギニー(GI)、ジョッケクルブ賞(仏GI)、エクリプスS(英GI)と戦前までGI4連勝だったSt Mark’s Basilica。

St Mark's Basilica(2018.3.18)-第181回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-
St Mark's Basilica(セントマークスバシリカ) 牡 鹿毛 2018.3.18生 仏国・Robert Scarborough生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

昨年のギブサンクスS(英GIII)、ヴェルメイユ賞(仏GI)、オペラ賞(仏GI)、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、今年のバリーローンS(愛GIII)と戦前までGレース5連勝だったTarnawa(2016.2.9)。

Tarnawa(2016.2.9)-第37回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬-
Tarnawa(タルナワ) 牝 栗毛 2016.2.9生 愛国・His Highness The Aga Khan's Studs S.C.生産 馬主・HH Aga Khan 愛国・Dermot K. Weld厩舎

そして今年の英2000ギニー(GI)とセントジェームズパレスS(英GI)を制していたPoetic Flare(2018.3.26)。

Poetic Flare(2018.3.26)-第213回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-
Poetic Flare(ポエティックフレア) 牡 鹿毛 2018.3.26生 愛国・J. S. Bolger生産 馬主・Mrs J S Bolger 愛国・J. S. Bolger厩舎

実力馬3頭、三つ巴の争いは決勝点で「4分の3馬身」「ハナ」という激戦となり、僅かに先んじたのはSt Mark’s Basilica。↑で引いたJRA-VAN Ver.Worldの記事によると、セントマークスバシリカはタルナワを妨害したとして審議対象となるも3/4馬身差での勝利が認められ、さらにハナ差の3着にポエティックフレアで決着したとのこと。拮抗した力量馬どうしの戦い、さしものSt Mark’s Basilicaとライアン・ムーア騎手もなりふり構わず勝ちに行った、というところでしょうか。

St Mark’s Basilicaはマイルから10ハロンの路線の強者ですが、2着のTarnawaは上述の勝ち鞍からも2400m級の強者。次走は恐らく第100回凱旋門賞(仏GI)でしょう。今回の愛チャンピオンSも強い競馬でしたので、パリロンシャン2戦2勝のコース巧者でもあるTarnawa、楽しみは大きいはずです。3着のPoetic Flareは正直「距離が長いのでは」と思っていたのですが、なんのなんの、強いものは強い。次走以降の展望のバリエーションが広がった結果ではないでしょうか。

強者のぶつかり合いが見られた2021年の愛チャンピオンS、出走各馬の次走以降にも期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#4着だったPatrick Sarsfield(2016.2.26)。このメンバー相手では仕方がありませんが、彼とてメルドS(愛GIII)の勝ち馬。彼の逃げの引っ張りが激戦を導いてくれました。お疲れ様でした。