テーオーケインズ(2017.4.27)-第44回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-

Result

テーオーケインズ 牡 栗毛 2017.4.27生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・小笹公也氏 栗東・高柳大輔厩舎

テーオーケインズ(2017.4.27)の4代血統表
シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:1.25【13】
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
マキシムカフェ
黒鹿毛 2007.4.7
仔受胎時活性値:0.25【9】

マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973
カフェピノコ
栗毛 2000.3.31
仔受胎時活性値:1.50【6】
ジェイドロバリー
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:1.00【12】
Mr. Prospector 1970.1.28
Number 1979.5.5
ピノシェット
栗毛 1995.4.12
仔受胎時活性値:1.00【4】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:0.75【11】
ピンクタートル
栗毛 1988.3.2
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5>

テーオーケインズ(2017.4.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シニスターミニスター
(Seattle Slew系)
マンハッタンカフェ
(サンデーサイレンス系)
ジェイドロバリー
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シニスターミニスター 4.25 叔母タマノブリュネット
(No. 1-l)
4番仔
(不受胎後)

*

2021年の第44回帝王賞(JpnI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4テーオーケインズ 牡4 57 松山弘平 2:02.7 5-5-5-5 36.8 497
[+3]
高柳大輔 4
2 11ノンコノユメ せん9 57 真島大輔 2:03.3 3 10-10-10-8 36.9 456
[+4]
荒山勝徳 10
3 13クリンチャー 牡7 57 C.ルメール 2:03.4 クビ 4-4-4-4 37.5 490
[-2]
宮本博 6
4 3ミューチャリー 牡5 57 御神本訓史 2:03.8 2 8-9-7-8 37.7 466
[-1]
矢野義幸 8
5 8オメガパフューム 牡6 57 M.デムーロ 2:03.8 クビ 8-8-9-7 37.7 455
[0]
安田翔伍 1

2021年の第44回帝王賞。帝王賞の勝ち馬にふさわしい名前の馬が勝利を収めました。テーオーケインズ。その馬名意味は「冠名+人名より」ということですが、冠名の「テーオー」は小笹公也(おざさともや)オーナーの氏名のイニシャルですね。また、小笹公也オーナーの実兄は小笹芳央(おざさよしひさ)オーナーで、冠名「ホウオウ」で知られていますね。こちらは名前の芳央の音読みということです。

ホウオウは自分の名前=芳央の音読み。弟が公也(ともや)でイニシャルのT・Oからテーオーなので、帝王に対抗するなら法王がええなぁと思って。

「ホウオウ」小笹芳央オーナー語る、勘定ではなく感情で動く― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

殊勲のテーオーケインズは3月の名古屋城S(OP)、4月のアンタレスS(GIII)、そして7月の帝王賞と2021年に入って3連勝でのジーワン戴冠となり、高柳大輔調教師、小笹公也オーナーにも初めてのジーワン勝利を贈りました。また生産のヤナガワ牧場、本当に毎年毎年、活躍馬を送り出されるのはサスガです。帝王賞は2016年の第39回を制したコパノリッキー(2010.3.24)以来となる2勝目。

テーオーケインズの牝系は1号族l分枝系。叔母に2016年のレディスプレリュード(JpnII)を制したタマノブリュネット(2012.3.22)がいます。併せて、高祖母ピンクタートルの仔にレディパステル(1998.4.26)。同牝馬は6勝を挙げ、その主な勝ち鞍に優駿牝馬(GI)、府中牝馬S(GIII)、中山牝馬S(GIII)があります。21世紀最初の優駿牝馬勝ち馬レディパステル、生涯21戦すべて掲示板に載るという安定性を兼ね備えた名牝でした。

テーオーケインズ、強豪ぞろいのこの一戦をズバッと抜け出しての3馬身差勝ちですから、本当に大したもの。伸び行く4歳馬、ダート界の新たな中心勢力として今後の活躍にも期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。テーオーケインズの鞍上である松山弘平騎手。第44回帝王賞の3日前、6月27日(日)の阪神芝1800mの新馬戦では「あいたたっ!!」という事件がありました。

騎乗予定だったローマンネイチャー(2019.1.19)はショウナンパンドラ(2011.3.10)の全弟という良血。カマシに来たのはテーオーケインズと同じ小笹オーナーのテーオーコンドル(2019.2.28)。松山騎手、お世話になっているオーナーの馬の影響で痛い思いをされましたが、3日後にはキッチリ仕事を果たされました。サスガにプロ。