第44回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬-ラッキーライラック(2015.4.3)-

Result

ラッキーライラック 牝 栗毛 2015.4.3生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松永幹夫厩舎

ラッキーライラック(2015.4.3)の4代血統表
オルフェーヴル
栗毛 2008.5.14
種付け時活性値:1.50
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
ノーザンテースト 1971.3.15
グランマステイーヴンス 1977.2.9
ライラックスアンドレース
栗毛 2008.4.6
仔受胎時活性値:1.50
Flower Alley
栗毛 2002.5.7
種付け時活性値:1.25
★Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー 1985.5.11
Danzig’s Beauty 1987.3.7
プリンセスオリビア
栗毛 1995.2.20
Lycius 1988.2.29
Dance Image 1990.3.16
Refinement
鹿毛 1994.3.9
仔受胎時活性値:1.25
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:0.75
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
ステラマドリッド
鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.50
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:0.75
My Juliet
黒鹿毛 1972.5.7
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト5×4(父方)、Mr. Prospector5×5(母方)>

ラッキーライラック(2015.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オルフェーヴル
(Halo系)
Flower Alley
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Alydar
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オルフェーヴル 5.75 母が米GI勝ち馬
(No. 6-a)
3番仔
(不受胎後)

*

2019年の第44回エリザベス女王杯(GI。京都芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ラッキーライラック 牝4 56 C.スミヨン 2:14.1 7-8-8-8 32.8 518
[-4]
松永 幹夫 3
2 6 クロコスミア 牝6 56 藤岡 佑介 2:14.3 1 1/4 1-1-1-1 34.8 448
[+6]
西浦 勝一 7
3 11 ラヴズオンリーユー 牝3 54 M.デムーロ 2:14.3 クビ 2-2-2-2 33.8 472
[+16]
矢作 芳人 1
4 12 センテリュオ 牝4 56 C.ルメール 2:14.4 クビ 7-3-3-3 33.7 464
[-4]
高野 友和 5
5 8 クロノジェネシス 牝3 54 北村 友一 2:14.4 クビ 5-6-6-5 33.3 448
[-4]
斉藤 崇史 2

2019年の第44回エリザベス女王杯。2歳牝馬王者の復活、成る。淀の芝外回りは、やはりイン突きなのでしょう。サスガの騎乗を見せられたのは、7年ぶりに短期免許を取得して来日中のクリストフ・スミヨン騎手。そして、それに応えたラッキーライラック。出走18頭中唯1頭だけ上がり3ハロン32秒台の鋭脚を以て、三度目の正直を狙ったクロコスミア(2013.5.17)を捉えました。ラッキーライラック、強力2015年生まれ世代の代表馬の1頭として、見事にGI2勝目を遂げました。

そしてまた、ラッキーライラックの父オルフェーヴルの仏国遠征時には鞍上を務められたスミヨン騎手。

白国(ベルギー)出身で仏国で活躍するスミヨン騎手、日本の地で浪花節的なことを伝えてくれています。

併せて、天皇陛下の御即位パレードでテレビ中継は休止になったものの、関西テレビでは、

父オルフェーヴルの三冠達成の実況を担当された岡安譲アナウンサーが、娘ラッキーライラックの復活勝利も担当されました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

クロコスミア、また1頭だけ前にいたなぁ…。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

モズカッチャン(2014.2.27)リスグラシュー(2014.1.18)、そしてラッキーライラック。いずれ違わぬ力量馬たちですね。

マイシンザン
マイシンザン

伊達や酔狂でGI3年連続2着は出来ない。ホンマに頑張った。でも、勝負は厳しいな……。