Wellington(2016.9.14)-第43回チェアマンズスプリントプライズ(香GI)の勝ち馬-

Result

Wellington(福逸/ウェリントン) せん 鹿毛 2016.9.14生 豪州・Kia Ora Stud Pty Ltd生産 馬主・Mr & Mrs Michael Cheng Wing On & Jeffrey Cheng Man Cheong 香港・Richard Gibson厩舎

Wellington(2016.9.14)の4代血統表
All Too Hard(AUS)
鹿毛 2009.9.21
種付け時活性値:1.50【6】
Casino Prince
鹿毛 2003.10.7
Flying Spur
鹿毛 1992.11.4
デインヒル 1986.3.26
Rolls 1984.4.22
Lady Capel
青鹿毛 1993.9.13
ラストタイクーン 1983.5.9
Kew Gardens 1981.4.16
Helsinge
鹿毛 2001.9.2
Desert Sun
鹿毛 1988.3.21
Green Desert 1983.4.16
Solar 1973
Scandinavia
栗毛 1994.11.11
Snippets 1984.11.1
Song of Norway 1982.11.1
Mihiri(AUS)
鹿毛 2010.9.20
仔受胎時活性値:1.25【5】
More Than Ready(USA)
黒鹿毛 1997.4.4
種付け時活性値:1.125【12.5】
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo 1969.2.7
Northern Sea 1974.3.13
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman 1983.2.17
Becky Be Good 1981.2.26
Danoise(GB)
鹿毛 2004.2.26
仔受胎時活性値:1.375【5.5】
デインヒル(USA)
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.25【17】
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Solo de Lune(IRE)
鹿毛 1990.1.23
仔受胎時活性値:1.25【13】
Law Society(USA)
黒鹿毛 1982.2.16
種付け時活性値:1.75【7】
Truly Special(IRE)
鹿毛 1985.3.22
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:デインヒル4×3、Danzig5×5×4、Mr. Prospector5×5、Northern Dancer5×5>

Wellington(2016.9.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
All Too Hard
(デインヒル系)
More Than Ready
(Halo系)
◆デインヒル
(Danzig系)
Law Society
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Law Society
(Mihiri)
4.875 母が豪GII3着馬
(No. 23)
初仔

*

2021年の第43回チェアマンズスプリントプライズ(香GI。シャティン芝1200m)の結果(上位5頭。着差は1着馬との差を示す)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Wellington せん4 57.2 Alexis Badel 1:08.64 Richard Gibson 2
2 4 Computer Patch 牡4 57.2 Matthew Chadwick 1 1/2 A S Cruz 6
3 13 Sky Field せん4 57.2 Blake Shinn 1 1/2 C Fownes 5
4 11 Voyage Warrior せん5 57.2 Ruan Maia 2 1/4 P F Yiu 10
5 3 Wishful Thinker せん7 57.2 K C Leung 2 3/4 C H Yip 7
G1チェアマンズスプリントプライズ、ダノンスマッシュは香港で連勝ならず | JRA-VAN Ver.World
 日本からダノンスマッシュが参戦し、現地25日に香港・シャティン競馬場で行われたG1チェアマンズスプリントプライズ(芝1200m)は、地元の4歳馬ウェリントン(2番人気)が中団追走から直線鋭く突き抜け

2021年の第43回チェアマンズスプリントプライズ。13頭立てを道中6番手あたりから追走していた「福逸」Wellington、ラスト50mで逃げ粘る「?之智能」Computer Patch(2016.10.13)を交わし切ると決勝点では1と2分の1馬身差を着けての快勝。Wellingtonはグループレース初制覇がそのままGI初制覇となりました。また、鞍上のアレクシス・バデル騎手-2007年の仏国見習い騎手チャンピオン-、管理されるリチャード・ギブソン調教師もチェアマンズスプリントプライズ初勝利となりました。

本邦期待の「野田重撃」ダノンスマッシュ(2015.3.6)は若干の発馬後手から道中中団、直線では大外から差を詰めに掛かるも勝ち馬からは4馬身差の6着まで。激戦となった前走、雨の重馬場の高松宮記念(GI)における疲れが残っていたのでしょうか。

ダノンスマッシュ(2015.3.6)-第51回高松宮記念(GI)の勝ち馬-
ダノンスマッシュ 牡 鹿毛 2015.3.6生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・(株)ダノックス 栗東・安田隆行厩舎

ダノンスマッシュ、本領を発揮できずの敗戦となりました。けれど捲土重来の機会は秋冬に待っています。0の理論的な見解としてはポン駆けで良さを見せるダノンスマッシュ、充分な間隔と休養を取った後のレースにおいて、改めての快走を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。