第41回帝王賞(JpnI)の勝ち馬-ゴールドドリーム(2013.4.19)-

Result

ゴールドドリーム 牡 鹿毛 2013.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・平田修厩舎

ゴールドドリーム(2013.4.19)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
モンヴェール
鹿毛 2003.5.8
仔受胎時活性値:0.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
スペシャルジェイド
鹿毛 1993.2.16
仔受胎時活性値:0.25
Cox’s Ridge
鹿毛 1974.4.4
種付け時活性値:0.50
Best Turn 1966.5.7
Our Martha 1961.5.7
Statistic
鹿毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:1.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.25
Number
鹿毛 1979.5.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Special(♀)4×5、Turn-to5×5、Nijinsky5×5>

ゴールドドリーム(2013.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
Cox’s Ridge
(Turn-to系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nureyev)
3.50 or 1.50 母がJpnII3着馬
(No. 5-h)
4番仔
(4連産目)

*

- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on Yo...
2018年の第41回帝王賞(JpnI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ゴールドドリーム 牡5 57 C.ルメール 2:04.2    38.7 526
[+12]
平田修 2
2 2 ケイティブレイブ 牡5 57 福永祐一 2:04.3 クビ 38.8 512
[+1]
杉山晴紀 1
3 10 サウンドトゥルー せん8 57 大野拓弥 2:04.6 1.1/2 37.7 476
[-2]
高木登 4
4 6 リッカルド せん7 57 矢野貴之 2:05.2 3 39.4 496
[-4]
佐藤裕太 6
5 8 ヒガシウィルウィン 牡4 57 森泰斗 2:05.2 クビ 38.5 468
[0]
佐藤賢二 9

2018年の第41回帝王賞。若干の出負け加減から、意識的に位置を押し上げて行った2番人気のゴールドドリームとクリストフ・ルメール騎手。向正面では内の3~4番手という絶好位。最後の直線では内のゴールドドリーム、外のケイティブレイブ(2013.5.11)の一騎討ちとなり、ゴールドドリームが「クビ」だけ先んじたところが決勝点。ゴールドドリーム、第34回フェブラリーS(GI)第18回チャンピオンズカップ(GI)第30回かしわ記念(JpnI)に続いてのジーワン4勝目を挙げました。

今回の帝王賞でもワンツーフィニッシュを決めた2013年生まれ世代。活きのいい4歳世代、2014年生まれ世代の勢いの影に隠れがちですが、

  1. 第67回川崎記念(JpnI)
    →ケイティブレイブ
  2. 2018年のフューチュリティS(豪GI)
    →ブレイブスマッシュ(2013.3.22)
  3. 第48回高松宮記念(GI)
    →ファインニードル(2013.4.26)
  4. 第157回天皇賞・春(GI)
    →レインボーライン(2013.4.1)
  5. 第30回かしわ記念(JpnI)
    →ゴールドドリーム
  6. 第13回ヴィクトリアマイル(GI)
    →ジュールポレール(2013.5.2)
  7. 第59回宝塚記念(GI)
    →ミッキーロケット(2013.3.3)
  8. 第41回帝王賞(JpnI)
    →ゴールドドリーム

と、2018年度の上半期も2013年生まれ世代の5歳世代が、ジーワンの大舞台でしっかりと気を吐いています。なんだ言いながら、強い世代です。

そんな2013年生まれ世代の旗頭の1頭であるゴールドドリーム。黄金の夢がつむぐ、次の夢にも、幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。