Elite Power(2018.2.7)-第40回ブリーダーズカップ・スプリント(米GI)の勝ち馬-

Result

Elite Power(エリートパワー) 牡 栗毛 2018.2.7生 米国・Alpha Delta Stables, LLC生産 馬主・Juddmonte 米国・William Mott厩舎

Elite Power(2018.2.7)の4代血統表
Curlin
栗毛 2004.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Barbarika
鹿毛 1985.3.9
Bates Motel 1979.5.17
War Exchange 1972.3.24
Broadway’s Alibi
黒鹿毛 2009.3.18
仔受胎時活性値:2.00【8】

Vindication
黒鹿毛 2000.1.28
種付け時活性値:0.00【8】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Strawberry Reason
黒鹿毛 1992.3.17
Strawberry Road 1979.9.28
Pretty Reason 1971.3.18
Broadway Gold
黒鹿毛 2002.3.23
仔受胎時活性値:1.50【6】
★Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
種付け時活性値:0.00【16】
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Miss Doolittle
黒鹿毛 1998.2.4
仔受胎時活性値:0.75【3】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50【14】
Eliza
鹿毛 1990.3.16
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4>

Elite Power(2018.2.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Curlin
(Mr. Prospector系)
★Vindication
(Seattle Slew系)
★Seeking the Gold
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(Broadway’s Alibi)
6.00
(【8】+【6】+【3】+【7】)
母が米Gレース2勝馬
(No. 37)
3番仔?

*

2023年の第40回ブリーダーズカップ・スプリント(米GI。サンタアニタパーク・ダート6F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Elite Power 牡5 57.2 Irad Ortiz Jr 1:08.34 William Mott 1
2 9 Gunite 牡4 57.2 Tyler Gaffalione 1 1/2 Steven Asmussen 3
3 1 Nakatomi せん4 57.2 Luis Saez 1/2 Wesley A Ward 7
4 7 Speed Boat Beach 牡3 56.2 Mike E Smith 1 Bob Baffert 2
5 6 The Chosen Vron せん5 57.2 Hector I Berrios 2 1/4 J Eric Kruljac 5
【BCスプリント】エリートパワー、史上3頭目の連覇 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地4日、米サンタアニタパーク競馬場でG1ブリーダーズカップスプリント(ダート6ハロン)が行われ、I.オルティスJr.騎乗のエリートパワーが連覇を達成した。  レースは全馬がほぼ一団となって進み、

Elite Power。ブリーダーズカップ・スプリント連覇、成る。昨年2022年のブリーダーズカップ・スプリントより後、2023年はキングアブドゥルアジーズ・ダート1200mのリヤドダートスプリント(沙GIII)1着、

Elite Power(2018.2.7)-2023年のリヤドダートスプリント(沙GIII)の勝ち馬-
Elite Power(エリートパワー) 牡 栗毛 2018.2.7生 米国・Alpha Delta Stables, LLC生産 馬主・Juddmonte 米国・William Mott厩舎

ベルモントパーク・ダート6.5ハロンのトゥルーノースS(米GII)1着、サラトガ・ダート6ハロンのアルフレッドG.ヴァンダービルトH(米GI)1着、サラトガ・ダート7ハロンのフォアゴーS(米GI)2着と4戦3勝2着1回とほぼ完璧な成績を収めていたElite Power。

今回2着のGunite(2019.2.3)は好敵手であり、リヤドダートスプリント2着、アルフレッドG.ヴァンダービルトH2着、フォアゴーS1着と今年3回対戦して、前走フォアゴーSではついにElite Powerを負かしていたのでした。

そんなElite PowerとGuniteの4回目の勝負がブリーダーズカップ・スプリントでしたが、Elite PowerがGuniteに1馬身半差を着けての勝利。ディフェンディングチャンピオンのプライドを見せたという結末。Elite Power、リヤドダートスプリントを観戦した時に「栗毛の大作、強いスプリンターやな」と思いましたけれど、2023年のブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップで行われた最後のGIレースをしっかり勝って「やっぱり強くて速い」ところを見せてくれました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

https://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=SA&raceDate=11/04/23&cy=USA&rn=11

#3着のNakatomi(2019.3.29)。ナカトミ、馬名由来が気になります^^;