Fierceness(2021.3.28)-第40回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-

Result

Fierceness(フィアースネス) 牡 鹿毛 2021.3.28生 米国・Repole Stable, Inc.生産 馬主・Repole Stable 米国・Todd Pletcher厩舎

Fierceness(2021.3.28)の4代血統表
City of Light
鹿毛 2014.5.7
種付け時活性値:1.50【6】
Quality Road
鹿毛 2006.3.23
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
Kobla
鹿毛 1995.5.11
Strawberry Road 1979.9.28
Winglet 1988.3.19
Paris Notion
黒鹿毛 1998.3.31
デヒア
鹿毛 1991.4.13
Deputy Minister 1979.5.17
Sister Dot 1985.2.11
Fabulous Notion
鹿毛 1980.4.23
Somethingfabulous 1972.4.20
Careless Notion 1970.3.18
Nonna Bella
黒鹿毛 2014.3.11
仔受胎時活性値:1.50【6】
Stay Thirsty
黒鹿毛 2008.3.29
種付け時活性値:1.25【5】
Bernardini
鹿毛 2003.3.23
A.P. Indy 1989.3.31
Cara Rafaela 1993.3.30
Marozia
栗毛 1994.4.15
Storm Bird 1978.4.19
Make Change 1985.4.12
Nonna Mia
鹿毛 2007.1.26
仔受胎時活性値:1.50【6】
エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
種付け時活性値:1.50【6】
Unbridled 1987.3.5
Toussaud 1989.5.6
Holy Bubbette
芦毛 2000.4.7
仔受胎時活性値:1.50【6】
Holy Bull
芦毛 1991.1.24
種付け時活性値:0.00【8】
Juliac
鹿毛 1983.2.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Fierceness(2021.3.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
City of Light
(Mr. Prospector系)
Stay Thirsty
(A.P. Indy系)
エンパイアメーカー
(Mr. Prospector系)
Holy Bull
(Rough’n Tumble系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
City of Light 6.50 or 4.50
(【6】+【6】+【6】+【16】)
伯父が米GI馬
(No. 20)
3番仔?
(3連産目?)

*

2023年の第40回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。サンタアニタパーク・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 9 Fierceness 牡2 55.3 John R Velazquez 1:41.90 Todd Pletcher 6
2 10 Muth 牡2 55.3 Juan J Hernandez 6 1/4 Bob Baffert 2
3 6 Locked 牡2 55.3 Jose L Ortiz 1/2 Todd Pletcher 1
4 4 Timberlake 牡2 55.3 Florent Geroux 1 1/4 Brad H Cox 3
5 2 Prince of Monaco 牡2 55.3 Flavien Prat 1 1/2 Bob Baffert 4
BCジュベナイルは波乱の決着、伏兵フィアースネスが圧勝 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地3日、米サンタアニタパーク競馬場でG1ブリーダーズカップジュベナイル(2歳、ダート8.5ハロン)が行われ、J.ヴェラスケス騎乗の伏兵フィアースネスが6馬身1/4差で圧勝した。  レースはフィア

Fierceness。8月のサラトガ・ダート6ハロンで11と4分の1馬身という颯爽たるデビュー勝ちを収め、返す刀の10月のベルモントパーク・ダート8ハロンのシャンペンS(米GI)では単勝1.55倍という圧倒的な1番人気を集めたものの7着敗退。そうして臨んだ11月のサンタアニタパーク・ダート8.5ハロンのブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。6番人気と人気を落としていたものの、番手先行から簡単に抜け出して6と4分の1馬身差勝ち。アメリカンファラオS(米GI)の勝ち馬Muth(2021.4.28)、ステーブルメイトのブリーダーズフューチュリティ(米GI)勝ち馬Locked(2021.3.12)というライバルたちを尻目に悠然たる勝利を収めました。

2019年のペガサスワールドカップ招待S(米GI)の勝ち馬City of Light。

第3回ペガサスワールドカップ招待S(米GI)の勝ち馬-City of Light(2014.5.7)-
City of Light(シティオブライト) 牡 鹿毛 2014.5.7生 米国・Ann Marie Farm生産 馬主・Warren, Jr., Mr. and Mrs. William K. 米国・Michael W. McCarthy厩舎

種牡馬初年度である2020年生まれ世代からUAEオークス(GIII)を制したその名もMimi Kakushi(2020.3.31)-「耳隠し」でしょう-を輩出しましたが、GI勝ち産駒は2年度のFiercenessが初めて。名門レーンズエンドファームで繋養されているCity of Light、Fiercenessに続くGI馬の出現を楽しみにしたいと思います。

City of Light産駒として初めてGI馬となったFierceness。1分41秒90の勝ち時計はダート8.5ハロンで行われたブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでは史上5位の時計であり、後続を突き放した勝ちっぷりからも改めて来春を期待したい若駒です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

https://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=SA&raceDate=11/03/23&cy=USA&rn=8