Forte(2020.2.3)-第39回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-

Result

Forte(フォルテ) 牡 黒鹿毛 2020.2.3生 米国・South Gate Farm生産 馬主・Repole Stable & St Elias Stable 米国・Todd Pletcher厩舎

Forte(2020.2.3)の4代血統表
Violence
黒鹿毛 2010.3.21
種付け時活性値:0.25【9】

Medaglia d’Oro
黒鹿毛 1999.4.11
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells 1981.4.11
Lady Capulet 1974.4.3
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper 1974.3.28
Dubbed In 1973.5.31
Violent Beauty
黒鹿毛 2003.2.9
▲Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Storming Beauty
黒鹿毛 1998.5.10
Storm Cat 1983.2.27
Sky Beauty 1990.2.9
Queen Caroline
黒鹿毛 2013.4.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
Blame
鹿毛 2006.5.2
種付け時活性値:1.50【6】
Arch
黒鹿毛 1995.1.31
Kris S. 1977.4.25
Aurora 1988.5.15
Liable
鹿毛 1995.5.10
Seeking the Gold 1985.4.7
Bound 1984.6.1
Queens Plaza
黒鹿毛 2002.4.10
仔受胎時活性値:0.50【10】
Forestry
鹿毛 1996.5.9
種付け時活性値:1.25【5】
Storm Cat 1983.2.27
Shared Interest 1988.1.30
Kew Garden
黒鹿毛 1997.2.5
仔受胎時活性値:1.00【4】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.50【22】
Jeano
鹿毛 1988.3.12
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Storm Cat4×4>

Forte(2020.2.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Violence
(Sadler’s Wells系)
Blame
(Roberto系)
Forestry
(Storm Cat系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blame
(Special)
5.00
(【6】+【10】+【4】+【8】)
コントレイルと同牝系
(No. 1-s)
初仔

*

2022年の第39回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。キーンランド・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Forte 牡2 55.3 Irad Ortiz Jr 1:43.06 Todd Pletcher 2
2 3 Cave Rock 牡2 55.3 Juan J Hernandez 1 1/2 Bob Baffert 1
3 10 National Treasure 牡2 55.3 John R Velazquez 2 1/4 Bob Baffert 3
4 6 Blazing Sevens 牡2 55.3 Flavien Prat 1 1/2 Chad C Brown 4
5 9 Curly Jack 牡2 55.3 Edgar Morales 6 3/4 Thomas Amoss 7
フォルテがG1レース3連勝、BCジュベナイルで無敗馬ケイヴロックを撃破 | JRA-VAN Ver.World
 現地4日、米キーンランド競馬場でG1ブリーダーズカップジュベナイル(2歳牡馬・セン馬、ダート8.5ハロン)が行われ、I.オルティスJr.騎乗のフォルテが圧倒的な1番人気に推されていた無敗馬ケイヴロッ

2022年の第39回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。キーンランド・ダート8.5ハロン、晴れの良馬場、10頭立てで行われた米国2歳牡馬・せん馬王者決定戦。1番人気だったArrogate(2013.4.11)産駒Cave Rock(2020.3.12)、戦前まで3戦3勝でデルマーフューチュリティ(米GI)、アメリカンファラオS(米GI)とGI連勝で臨んだこの舞台、過去3戦同様に軽快な逃げの手に出ましたが8番人気のHurricane J(2020.2.7)とのハナ争いが半マイルまで続いたのが響いたのかホームストレッチで逆転を許しました。虎視眈々とばかりに狙いすましていたのは2番人気だったForte。道中は馬場中央の5番手をキープし、勝負どころの三分三厘あたりから馬群外側を勢い良く進出。キーンランド・ダートの直線およそ400ヤードを迎えたところでは番手まで押し上げると、米国のトップジョッキーであるイラッド・オルティス・ジュニア騎手の左ムチの連打に応えたForte。馬名意味の由来は何語か分かりませんが、印欧諸語で「強い」「長所」「得意」などを意味することが多いForte、その馬名のとおりの強さを発揮。ラスト100ヤードあたりでCave Rockを捉え切ると、最後は流す余裕すら見せて1と2分の1馬身差を着けたところがゴール。Cave RockもGI連勝していましたが、ForteもホープフルS(米GI)、ブリーダーズフューチュリティ(米GI)とGI連勝で臨んでいたのです。Forte、米2歳GI3連勝での見事なブリーダーズカップ・ジュヴェナイル制覇でした。

Forteは5月にベルモントパーク・ダート5ハロンのメイドンを7と4分の3馬身差の快勝で勝ち上がると、7月のサラトガ・ダート6ハロンのサンフォードS(米GIII)では1番人気だったものの4着敗退。それでも9月のサラトガ・ダート7ハロンのホープフルSで不良馬場ニモマケズ3馬身差の1着で巻き返し。続けて挑んだ10月のキーンランド・ダート8.5ハロンのブリーダーズフューチュリティでは1番人気だったLoggins(2020.3.14)にクビ差で競り勝ち。そうして迎えた11月のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでしたが、Forteはキーンランド・ダート8.5ハロンのGIを連勝したという結果でした。結局、2022年の米国2歳王者決定戦は、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)を制したWonder Wheel(2020.2.7)、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを制したForte共に「前走もキーンランド・ダート8.5ハロンのGIを勝利して臨戦した馬による同じ舞台のGI連勝」となりました。やっぱり馬は得意とするコースは嬉々として走るものですね(^^)

Wonder Wheel(2020.2.7)-第39回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)の勝ち馬-
Wonder Wheel(ワンダーホイール) 牝 黒鹿毛 2020.2.7生 米国・Three Chimneys Farm, LLC & Clearsky Farms生産 馬主・D J Stable LLC 米国・Mark Casse厩舎

*

Forteは0の理論的にはブルードメアサイアーのBlameが最優性先祖。Blameは現役時代に9勝を挙げ、その主な勝ち鞍にブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ホイットニーH(米GI)、スティーヴンフォスターH(米GI)を含む米グレードレース6勝があります。白眉はやはり自身の引退レースかつ負かした相手の引退レースにもなった、2010年の第27回ブリーダーズカップ・クラシックでしょう。

20連勝で引退の花道を飾る青写真を描いていたであろうZenyatta(2004.4.1)、それをアタマ差封じたBlame。やっぱりですね、Roberto(1969.3.16)系は開祖からしてBrigadier Gerard(1968.3.5)にベンソン&ヘッジズゴールドC(英GI)で唯一の敗戦を与えたりして、ヒットマン的な要素を持ち合わせているような感じがいたします。まま、私が初めて意識をして見た競馬であるライスシャワー(1989.3.5)ミホノブルボン(1989.4.25)を破った菊花賞(GI)の印象も強いと思います^^;

さて、Blameの主な代表産駒を挙げますと、

  1. Senga(2014.3.15)
    →ディアヌ賞(仏GI)ほか
  2. Marley’s Freedom(2014.5.10)
    →バレリーナS(米GI)ほか
  3. フォルト(2014.4.26)
    →サンタマルガリータS(米GI)ほか
  4. ナダル(2017.4.27)
    →アーカンソーダービー(米GI)ほか
  5. Abscond(2017.3.26)
    →ナタルマS(加GI)ほか

現在のところ送り出しているGI勝ち産駒5頭の内4頭が牝馬ということで、フィリーサイアーとしての素養が高いのでしょう。ということはブルードメアサイアーとしての「これから」に期待が掛かります。Forteが制したブリーダーズフューチュリティの2着だったLogginsも、ブルードメアサイアーにBlameを持っています。そんなBlameは16歳を迎えた今も、米国の名門クレイボーンファームにおいてスタッドフィー25,000ドルで供用されており、一流種牡馬の一角として認められています。

Blame

また、GI勝ち産駒の内唯一の牡馬であるナダルは、デビュー4連勝で分割レースとなったアーカンソーダービーのディビジョン2を制しましたが、左前脚に故障を発生してしまい、結局そのまま引退。ナダルは大社台のお眼鏡に叶い、2021年から社台スタリオンステーションにて種牡馬供用されています。

2020年のアーカンソーダービー(米GI)の勝ち馬-Charlatan(2017.3.2)+Nadal(2017.4.27)-
Charlatan(シャーラタン) 牡 栗毛 2017.3.2生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・SF Racing LLC, Starlight Racing Et Al 米国・Bob Baffert厩舎 Nadal(ナダル) 牡 鹿毛 2017.4.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・George Bolton, Barry Lipman Et Al 米国・Bob Baffert厩舎
ナダル - 種牡馬・産駒- 社台スタリオンステーション
ナダル 産駒のご紹介。血統表・競走成績・種牡馬成績はこちら。社台スタリオンステーションは世界に通用する馬づくりを目標に種牡馬事業全般を行なっています。

*

デビュー以来5戦4勝で米国2歳牡馬王者に輝いたForte。2歳戦の結果を確認すれば、メイドン1番人気1着、サンフォードS1番人気4着、ホープフルS4番人気1着、ブリーダーズフューチュリティ2番人気1着、そしてブリーダーズカップ・ジュヴェナイル2番人気1着。制したグレードレースは2番人気以下の、追う側に立った時に勝利しています。2歳牡馬王者として追われる側に立った時、その時にどんな走りを見せてくれるのか。Forte、3歳戦以降も、その「強さ」を見せてくれることを期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。