Monomoy Girl(2015.3.26)-第37回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-

Result

Monomoy Girl(モノモイガール) 牝 栗毛 2015.3.26生 米国・FPF LLC & Highfield Ranch生産 馬主・Dubb, M., Monomoy Stables, LLC, The Elkstone Group, LLC (Stuart Grant) and Bethlehem Stables LLC 米国・Brad H. Cox厩舎

Monomoy Girl(2015.3.26)の4代血統表
Tapizar
鹿毛 2008.5.6
種付け時活性値:1.50【6】
Tapit
芦毛 2001.2.27
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Winning Call
鹿毛 1998.4.7
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Call Now
鹿毛 1992.3.28
Wild Again 1980.5.22
Carols Christmas 1977.4.10
Drumette
鹿毛 2008.4.20
仔受胎時活性値:1.50【6】
ヘニーヒューズ
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.00【4】
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake 1983.3.12
Shortley 1980.3.11
Endless Parade
黒鹿毛 1997.4.22
仔受胎時活性値:0.50【10】
Williamstown
黒鹿毛 1990.3.8
種付け時活性値:1.50【6】
Seattle Slew 1974.2.15
Winter Sparkle 1983.5.2
Mnemosyne
鹿毛 1989.4.25
仔受胎時活性値:1.75【7】
Saratoga Six
鹿毛 1982.4.13
種付け時活性値:1.50【6】
My Lady Love
鹿毛 1981.4.27
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Seattle Slew5×4>

Monomoy Girl(2015.3.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Tapizar
(Seattle Slew系)
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
Williamstown
(Seattle Slew系)
Saratoga Six
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tapizar 5.50 半弟が米GII勝ち馬
(No. 21-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。キーンランド・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Monomoy Girl 牝5 56.2 Florent Geroux 1:47.84 Brad H Cox 1
2 8 Valiance 牝4 56.2 Luis Saez 1 3/4 Todd Pletcher 4
3 3 Dunbar Road 牝4 56.2 Jose L Ortiz 1/2 Chad C Brown 8
4 2 Harvest Moon 牝3 54.9 Flavien Prat クビ Simon Callaghan 7
5 1 Ce Ce 牝4 56.2 John R Velazquez 1 3/4 Michael McCarthy 6

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ディスタフ。一昨年2018年の第35回を制していたMonomoy Girl。

第35回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-Monomoy Girl(2015.3.26)-
Monomoy Girl(モノモイガール) 牝 栗毛 2015.3.26生 米国・FPF LLC & Highfield Ranch生産 馬主・Dubb, M., Monomoy Stables, LLC, The Elkstone Group LLC and Bethlehem Stables LLC 米国・Brad H. Cox厩舎

2019年は疝痛や臀筋の故障もあり全休となったものの、2020年に復活。5月のオプショナルクレーミング、7月のラフィアンS(米GII)、9月のラトロワンヌS(米GI)とシーズン3戦3勝だったMonomoy Girl。そうして2年ぶり2度目の出走となったのが11月の大一番、ブリーダーズカップ・ディスタフ。プリークネスS(米GI)を制した6頭目の牝馬となったSwiss Skydiver(2017.3.10)を向こうに回して、日本風に言えば単勝2.0倍の1番人気に推された一戦。道中は10頭立て4~5番手の外側を終始進んでいたところに、デビュー2戦目以来コンビを組むフローレン・ジェルー騎手の信頼が見て取れました。「邪魔されなければ負けない」とでも言わんがばかりのレースぶり。果たせるかな、Monomoy Girl。決勝点では2着のValiance(2016.3.21)に1と4分の3馬身差を着けての勝利を見せ、2020年は4戦無敗。Monomoy Girl、強し。

Monomoy Girlはブリーダーズカップ・ディスタフを2勝した4頭目の馬となりました。先馬の名前を挙げておきますと、第6回と第7回のBayakoa(1984.10.10)、第28回と第29回のRoyal Delta(2008.2.2)、そして第30回と第33回のBeholder(2010.5.9)です。

2016年のBCの主役たち(其の壱)-Beholder(2010.5.9)-。
Beholder 牝 鹿毛 2010.5.9生 米国・Clarkland Farm生産 馬主・Spendthrift Farm LLC 米国・Richard E. Mandella厩舎 Be...

今回のブリーダーズカップ・ディスタフ勝利によりMonomoy Girlは通算成績を15戦13勝、2着2回としました。こうなると2着2回が気になりますが、、、

  1. 2歳時のゴールデンロッドS(米GII)
    →Road to Victory(2015.3.23)にクビ差2着
  2. 3歳時のコティリオンS(米GI)
    →Midnight Bisou(2015.4.18)にクビ差1位入線も進路妨害により2着降着

むぅ。Monomoy Girl、レースで先着を許したのは、実質2歳時の1回だけ。近時の日本競馬の話題は東方不敗の2頭の激突なるかではありますが、不敗のままで行き続けることの難しさを思います。

ともあれ、その強さで改めて魅せてくれたMonomoy Girl。ブリーダーズカップ・ディスタフ2回、ケンタッキーオークス(GI)、コーチングクラブアメリカンオークス(GI)、エイコーンS(GI)、ラトロワンヌS、アッシュランドS(GI)とGI7勝を積み重ねた名牝。

第144回ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬-Monomoy Girl(2015.3.26)-
Monomoy Girl 牝 栗毛 2015.3.26生 米国・FPF LLC & Highfield Ranch生産 馬主・Dubb, M., Monomoy Stables, LLC, The Elkstone Group ...

2019年の4歳時を全休しているだけに、2021年の6歳時の現役続行か否かが気になりますが、Monomoy Girl、まずは疲れを癒やしてください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。