第36回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-Blue Prize(2013.8.26)-

Result

Blue Prize(ブループライズ) 牝 栗毛 2013.8.26生 亜国・Bioart S. A.生産 馬主・Merriebelle Stable LLC 米国・Ignacio Correas, IV厩舎

Blue Prize(2013.8.26)の4代血統表
Pure Prize(USA)
栗毛 1998.2.27
種付け時活性値:1.625
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Heavenly Prize
鹿毛 1991.2.17
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Oh What a Dance
鹿毛 1987.5.9
Nijinsky 1967.2.21
Blitey 1976.5.8
Blues for Sale(ARG)
黒鹿毛 2003.8.19
仔受胎時活性値:0.25

Not For Sale(ARG)
黒鹿毛 1994.10.2
種付け時活性値:0.00
Parade Marshal
黒鹿毛 1983.3.25
Caro 1967.4.11
Stepping High 1969.2.21
Love for Sale
鹿毛 1979.10.14
Laramie Trail 1972.5.6
Museliere 1973
Key Cure(USA)
栗毛 1996.5.16
仔受胎時活性値:1.625
Cure the Blues(USA)
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:0.25
Stop the Music 1970.3.23
Quick Cure 1971.1.27
Dancer’s Key(USA)
鹿毛 1987.5.17
仔受胎時活性値:2.00
Key to the Mint(USA)
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:0.25
Dancer’s Saga(USA)
栗毛 1977.3.19
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

Blue Prize(2013.8.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Pure Prize
(Storm Cat系)
★Not For Sale
(フオルテイノ系)
Cure the Blues
(Hail to Reason系)
Key to the Mint
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Pure Prize
(Nasrullah)
4.125 遡ればエイシンヒカリと同牝系
(No. 16-g)
4番仔?
(4連産目?)

*

2019 Longines Breeders' Cup Distaff - Blue Prize
2019年の第36回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。サンタアニタパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Blue Prize 牝6 56.2 Joe Bravo 1:50.50 Ignacio Correas IV 3
2 4 Midnight Bisou 牝4 56.2 Mike E Smith 1 1/2 Steven Asmussen 1
3 9 Serengeti Empress 牝3 54.9 Flavien Prat 3 1/4 Thomas Amoss 4
4 2 Ollie’s Candy 牝4 56.2 Joel Rosario 1 1/4 John W Sadler 7
5 5 Dunbar Road 牝3 54.9 Jose L Ortiz 1 1/4 Chad C Brown 2

2019年の第36回ブリーダーズカップ・ディスタフ。11頭立てで行われたこの一戦、戦前1番人気は2019年7戦7勝と負け無しで駒を進めた4歳馬Midnight Bisou(2015.4.18)、2番人気がアラバマS(米GI)勝ちの3歳馬Dunbar Road(2061.3.23)、それに続く3番人気が亜国出身の調教師イグナシオ・コレアス4世調教師が管理される亜国生まれの6歳馬Blue Prize。レースは、ケンタッキーオークス(米GI)馬である3歳馬Serengeti Empress(2016.1.30)が逃げて作り出した淀みない流れを、道中中団待機から三分三厘でマクリ一発。Blue Prizeとジョー・ブラボ騎手が、後ろから差し迫ったMidnight Bisouとマイク・スミス騎手を1と2分の1馬身振り払って勝利を収めました。

Blue Prizeの鞍上であるブラボ騎手は通算5000勝を超える名手ですがブリーダーズカップのGIレース群は初制覇、そしてまた管理されるコレアス4世師もブリーダーズカップのGIレース群は初制覇となりました。コレアス4世師に関しては

Ignacio Correas IV | Keeneland

によりますと、コレアス4世師の祖先であるドン・イグナシオ・コレアス氏は、1906年に英三冠馬Diamond Jubilee(1897)を亜国に導入された方ということです。亜国のグループレースにイグナシオコレアス賞(亜GII)というレースがありますが、これは栄誉を称えての名称でしょう。そしてまた、Diamond Jubileeに関しては

ダイヤモンドジュビリー
和名:ダイヤモンドジュビリー 英名:Diamond Jubilee 1897年生...

をご参照いただければと思います。むぅ、他力本願^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。