第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-Storm the Court(2017.5.5)-

Result

Storm the Court(ストームザコート) 牡 鹿毛 2017.5.5生 米国・Stepping Stone Farm生産 馬主・Exline-Border Racing LLC, Bernsen, David A., Wilson, Susanna and Hudock, Dan 米国・Peter Eurton厩舎

Storm the Court(2017.5.5)の4代血統表
Court Vision
黒鹿毛 2005.3.27
種付け時活性値:0.75
Gulch
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Jameela
黒鹿毛 1976.3.15
Rambunctious 1960
Asbury Mary 1969.4.29
Weekend Storm
鹿毛 1992.5.5
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
★Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
My Tejana Storm
芦毛 2003.5.7
仔受胎時活性値:1.25
Tejano Run
栗毛 1992.5.5
種付け時活性値:0.50
Tejano
栗毛 1985.3.10
Caro 1967.4.11
Infantes 1980.1.29
Royal Run
鹿毛 1986.4.26
Wavering Monarch 1979.2.22
Kazadancoa 1978.5.7
Sarah’s Settlement
芦毛 1989.4.21
仔受胎時活性値:1.25
Settlement Day
栗毛 1977.4.21
種付け時活性値:0.75
Buckpasser 1963.4.28
Lovely Morning 1965.3.28
Sarah’s Hope
芦毛 1983.2.16
仔受胎時活性値:1.25
Riva Ridge
鹿毛 1969.4.13
種付け時活性値:1.25
Grey Ballet
芦毛 1973.5.9
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Buckpasser5×4>

Storm the Court(2017.5.5)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Court Vision
(Mr. Prospector系)
Tejano Run
(フオルテイノ系)
Settlement Day
(Buckpasser系)
Riva Ridge
(Turn-to系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Riva Ridge
(Sarah’s Settlement)
4.00 遡ればメイショウドトウと同牝系
(No. 4-p)
5番仔?
(3連産目?)

*

2019年の第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。サンタアニタパーク・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Storm the Court 牡2 55.3 Flavien Prat 1:44.93 Peter Eurton 7
2 7 Anneau d’Or 牡2 55.3 Juan J Hernandez クビ Blaine D Wright 5
3 2 Wrecking Crew 牡2 55.3 Paco Lopez 3 1/4 Peter Miller 6
4 5 Scabbard 牡2 55.3 Mike E Smith 4 1/2 Eddie Kenneally 3
5 8 フルフラット 牡2 55.3 武 豊 クビ 森 秀行 8

2019年の第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。8頭立てで行われた米国2歳王者決定戦、ショウリノメガミ(1991.3.4)もとい勝利の女神は先んじた馬に微笑みました。フラビアン・プラ騎手に操られた戦前7番人気のStorm the Court、機先を制して先手を奪うと、サンタアニタパーク・ダート8.5Fをあれよあれよの逃げ切り。ラストは道中2、3番手だった4番人気のAnneau d’Or(2017.3.17)を「クビ」だけ封じたところがゴールでした。

本邦から出走したフルフラット(2017.3.27)は道中後方から進み、最後まで諦めずに踏ん張り5着。1番人気のDennis’ Moment(2017.3.15)、2番人気のEight Rings(2017.3.24)に先着したのですから、立派。同厩舎で同父の先輩であるマテラスカイ(2014.3.18)の帯同馬、若い2歳牡馬が母国で頑張りました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。