カフェファラオ(2017.3.3)-第35回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬-

Result

カフェファラオ 牡 鹿毛 2017.3.3生 米・Paul P. Pompa生産 馬主・西川 光一氏 美浦・堀 宣行厩舎

カフェファラオ(2017.3.3)の4代血統表
American Pharoah
鹿毛 2012.2.2
種付け時活性値:1.00【4】
Pioneerof the Nile
黒鹿毛 2006.5.5
エンパイアメーカー
黒鹿毛 2000.4.27
Unbridled 1987.3.5
Toussaud 1989.5.6
Star of Goshen
鹿毛 1994.4.21
Lord At War 1980.10.1
Castle Eight 1984.4.2
Littleprincessemma
栗毛 2006.2.27
Yankee Gentleman
鹿毛 1999.4.14
Storm Cat 1983.2.27
Key Phrase 1991.2.4
Exclusive Rosette
栗毛 1993.2.2
Ecliptical 1982.5.3
Zetta Jet 1984.2.10
Mary’s Follies
鹿毛 2006.5.20
仔受胎時活性値:0.50【10】

More Than Ready
黒鹿毛 1997.4.4
種付け時活性値:0.00【8】
サザンヘイロー
鹿毛 1983.2.9
Halo 1969.2.7
Northern Sea 1974.3.13
Woodman’s Girl
鹿毛 1990.4.30
Woodman 1983.2.17
Becky Be Good 1981.2.26
Catch the Queen
鹿毛 1999.5.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:1.00【20】
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Wave to the Queen
黒鹿毛 1986.3.21
仔受胎時活性値:1.00【12】
Wavering Monarch
鹿毛 1979.2.22
種付け時活性値:1.50【6】
Blue Ankle
鹿毛 1979.5.1
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5(母方)>

カフェファラオ(2017.3.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
American Pharoah
(Mr. Prospector系)
More Than Ready
(Halo系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Wavering Monarch
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Wavering Monarch
(Catch the Queen)
4.50 母が米GII勝ち馬
(No. 1-k)
5番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第35回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI。盛岡ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 カフェファラオ 牡5 57 福永祐一 1:34.6 3-2 36.8 523
[-1]
堀宣行 1
2 8 ヘリオス せん6 57 武豊 1:34.6 ハナ 1-1 36.9 472
[+10]
寺島良 6
3 15 シャマル 牡4 57 川須栄彦 1:34.7 1/2 6-5 36.7 517
[+8]
松下武士 3
4 6 イグナイター 牡4 57 田中学 1:34.8 1/2 4-4 36.8 513
[-5]
新子雅司 5
5 14 ゴールデンヒーラー 牝4 55 山本政聡 1:35.8 6 11-9 36.7 460
[+6]
佐藤祐司 10

2022年の第35回マイルチャンピオンシップ南部杯。鞍上の福永祐一騎手曰く「気分屋さん」ということですが、「ワンターンの左回りのダートマイル」ならば、気分良く頑張れるというところなのでしょうか、カフェファラオ。曇、不良馬場の盛岡ダート1600m、16頭立てを逃げたヘリオス(2016.2.23)と武豊騎手が幻惑のペースで行き切るかと思ったところを、決勝点で「ハナ」だけ差し切りました。カメラ位置もあると思いますけれど、私「ヘリオスとユタカさん、上手く逃げ切った」と思ってしまいました^^;

ともあれカフェファラオ、春の安田記念(GI)17着以来となる秋初戦において見事1番人気に応えてのジーワン勝ちは、サスガにフェブラリーS(GI)連覇のチャンピオンホース。

カフェファラオ(2017.3.3)-第38回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-
カフェファラオ 牡 鹿毛 2017.3.3生 米国・Paul P. Pompa生産 馬主・西川光一氏 美浦・堀宣行厩舎
カフェファラオ(2017.3.3)-第39回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-
カフェファラオ 牡 鹿毛 2017.3.3生 米・Paul P. Pompa生産 馬主・西川 光一氏 美浦・堀 宣行厩舎

そしてまた堀宣行厩舎はサリオス(2017.1.23)の毎日王冠(GII)2勝目に続く連日の重賞勝ちであり「お見事」というところでした。若干余談的になりますが、サリオスの鞍上であった松山弘平騎手も京都大賞典(GII)をヴェラアズール(2017.1.19)で勝利されて、連日の重賞勝ちを収められました。カフェファラオ、サリオス、ヴェラアズールの3頭は、いずれも2017年生まれ世代の同期生。コントレイル(2017.4.1)デアリングタクト(2017.4.15)の三冠馬世代、古馬になってもその強さを見せてくれています。

カフェファラオ。気分屋さんが気分良く走れる舞台探しとなりますが、American Pharoah産駒の稼ぎ頭、その次走や如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。