Golden Sixty(2015.10.14)-第33回香港マイル(GI)の勝ち馬-

Result

Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

Golden Sixty(2015.10.14)の4代血統表
Medaglia d’Oro(USA)
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.875【15.5】
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
Sir Ivor 1965.5.5
Cap and Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Gaudeamus(USA)
鹿毛 2004.5.23
仔受胎時活性値:0.625【10.5】
Distorted Humor(USA)
栗毛 1993.3.19
種付け時活性値:0.50【10】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
Leo’s Lucky Lady(USA)
鹿毛 1987.3.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】
Seattle Slew(USA)
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.00【12】
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Konafa(CAN)
鹿毛 1973.4.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Damascus(USA)
鹿毛 1964.4.14
種付け時活性値:0.00【8】
Royal Statute(CAN)
鹿毛 1969.3.2
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5、Damascus4×4>

Golden Sixty(2015.10.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Distorted Humor
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Damascus
(Sword Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Medaglia d’Oro
(Bailjumper)
4.625 or 2.625
(【10.5】+【16】+【13】+【3】)
母が愛GII勝ち馬
(No. 22-b)
6番仔?
(3連産目?)

*

2023年の第33回香港マイル(GI。シャティン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Golden Sixty せん8 57.2 C Y Ho 1:34.10 K W Lui 1
2 10 Voyage Bubble せん5 57.2 James McDonald 1 1/2 P F Yiu 9
3 13 ナミュール 牝4 55.3 William Buick 1 1/4 高野 友和 6
4 5 ソウルラッシュ 牡5 57.2 Joao Moreira クビ 池江 泰寿 5
5 8 Beauty Joy せん7 57.2 Maxime Guyon 1/2 A S Cruz 7
【香港マイル】ゴールデンシックスティが圧勝で前年の雪辱、史上2頭目の3勝目 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1香港マイル(3歳以上、芝1600m)がシャティン競馬場で現地10日に行われ、1番人気のゴールデンシックスティが中団追走から直線で豪脚を炸裂させると、馬群の中を伸びる11番人気のヴォイッジバブルに

シャティン芝1600m、晴の良馬場、14頭立て。”Superstar”Golden Sixty、2007年から2009年の香港マイルで3連覇を果たしたGood Ba Ba(2002.4.5)以来、香港国際競走史上2頭目となる同一競走3勝目の偉業達成。

Golden Sixty(2015.10.14)-第30回香港マイル(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎
Golden Sixty(2015.10.14)-第31回香港マイル(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

Golden Sixtyは節目のGI10勝目。各年ごとにGI勝利を確認してみますと、

偶数年はGI1勝、奇数年はGI4勝のリズムなのでしょうか^^;。特に印象深いのは今年1月、Golden Sixty、Romantic Warrior(2018.3.18)California Spangle(2018.4.5)の強豪3頭が揃い踏みとなった香港スチュワーズC。

Golden Sixty(2015.10.14)-2023年の香港スチュワーズC(GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

そうしてGolden Sixty、2023年はGI4勝がそのまま出走歴となって4戦4勝の負け無し。8歳という年齢を感じさせないハツラツとした走りを見せたGolden Sixtyについては、

彼は8歳馬ではなく、4歳馬だと感じます。

(中略)

8歳を懸念材料と多くの人が言っていましたが、正直に私は彼のことを疑ったことはありません。フレッシュで走るときの彼は素晴らしい。信じられない馬です。本当に信じられない馬ですよ。

【香港マイル・各騎手談話】ゴールデンシックスティをホー絶賛「彼は8歳馬ではなく4歳馬」 | JRA-VAN World – 海外競馬情報サイト

と、主戦を務めるヴィンセント・ホー騎手も語られています。来年2024年には9歳を迎えるGolden Sixty、せん馬の先達には9歳でGI4勝を遂げエクリプス賞年度代表馬に選出されたJohn Henry(1975.3.9)がいますし、2023年の年初と年末に見せた強さからは「まだまだ、まだまだ走れそう」と思ってしまいます。ともあれ、これだけの名馬だけに引き際も大事。ただひとつ言えることは、Golden Sixtyの馬生に幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#日本馬は大挙5頭が出走しましたが、ナミュール(2019.3.2)3着、ソウルラッシュ(2018.3.28)4着、セリフォス(2019.3.7)7着、ディヴィーナ(2018.2.24)11着、ダノンザキッド(2018.1.29)12着という結果。今回はSuperstarの引き立て役に回る形となりましたが、頑張ってくれました。お疲れ様でした。