2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

Adayar(2018.3.31)-第242回英ダービー(GI)の勝ち馬-

Result

Adayar(アダイヤー) 牡 鹿毛 2018.3.31生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

Adayar(2018.3.31)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.25【9】

Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Anna Salai
鹿毛 2007.4.24
仔受胎時活性値:0.50【10】
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.00【4】
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold 1985.4.7
Colorado Dancer 1986.2.13
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy 1987.5.15
Jawaher 1989.5.13
アンナパラリーヴァ
栗毛 1995.5.18
仔受胎時活性値:0.75【11】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.50【14】
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Anna of Saxony
栗毛 1989.4.6
仔受胎時活性値:1.25【5】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.00【12】
Anna Matrushka
栗毛 1984.4.18
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5、Mr. Prospector5×5>

Adayar(2018.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Galileo系)
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caerleon
(Round Table)
3.50 母、祖母、曾祖母がGIII勝ち馬
(No. 7-f)
3番仔?
(3連産目?)

*

2021年の第242回英ダービー(GI。エプソムダウンズ芝12F6y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Adayar 牡3 57.2 Adam Kirby 2:36.85 Charlie Appleby 7
2 8 Mojo Star 牡3 57.2 David Egan 4 1/2 Richard Hannon 10
3 4 Hurricane Lane 牡3 57.2 William Buick 3 1/4 Charlie Appleby 2
4 6 Mac Swiney 牡3 57.2 Kevin Manning 3 1/4 J S Bolger 3
5 11 Third Realm 牡3 57.2 Andrea Atzeni クビ Roger Varian 6
伏兵アダイヤーが英ダービーで番狂わせ、フランケル産駒は初制覇 | JRA-VAN Ver.World
 今年で242回目を迎えたG1英ダービー(3歳牡・牝馬、芝12ハロン)がエプソム競馬場で現地5日に行われ、スローペースを好位3、4番手で進めた7番人気のアダイヤーが直線でラチ沿いの狭いスペースから突き

2021年の第242回英ダービー。「1番人気はオブライエン厩舎のボリショイバレエかぁ」「スノーフェアリーの仔が走るんかぁ」「愛2000ギニー馬マックスウィニーのガリレオ2×3が気になるなぁ」というくらいの認識で見ていたレース映像。タッテナムコーナーを回る際に良い感じに見えた馬が1頭。内ラチ沿いの先行4番手に位置していたゴドルフィンのロイヤルブルーの勝負服、赤帽子でしたので陣営としては番手評価だったAdayarとアダム・カービー騎手。ラスト2ハロンを切って満を持してムチを振るい、追い出しに掛かると脚色の良さが他馬とは一段違いました。エプソムダウンズ芝12ハロン6ヤードのゴール地点では2着のMojo Star(2018.4.8)に4と2分の1馬身差を着けたAdayar、自身初のグループレース勝利が栄光の英ダービーとなり、その父Frankelにとっても産駒初の英ダービー制覇となりました。

大仕事を遂げられたAdayar鞍上のカービー騎手も英国クラシック初制覇。今回の騎乗経緯について↑で紹介したJRA-VAN Ver.Worldの記事から引用しておきますと、

殊勲のA.カービー騎手はジョンリーパーの騎乗を予定していたもののL.デットーリ騎手に変更となり、直前でアップルビー陣営から指名を受けての勝利。

マサーに続き2度目のダービー制覇となったアップルビー師は、O.マーフィー騎手にアダイヤーを依頼したもののカービー騎手に変更していた。「彼は私が調教師になってからレースや調教でたくさんの貢献を果たしてくれた」「アダム(カービー騎手)が乗れるとなったら依頼するようにしている。オイシン(マーフィー騎手)も“あなたの言うことは分っていたし理解しています”と言ってくれたから、彼のスポーツマンらしさに大いに感謝している」と、カービー騎手との関係性に言及している。

Snow Fairy(2007.2.12)の仔John Leeper(2018.4.28)に騎乗予定だったカービー騎手、手を差し伸べてくれたチャーリー・アップルビー調教師の思いに応えて、オイシン・マーフィー騎手の分もとばかりに、渾身の騎乗を見せてくださいました。

*

では、以下にAdayarの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Anna of Saxony 1989.4.6 4勝 パークヒルS(英GIII)ほか
|アンナパラリーヴァ 1995.5.18 2勝 オマール賞(仏GIII)
||Anemometer 2003.2.12 0勝
|||Harmattan 2014.9.25 3勝 MVRCアレグザンドラS(豪GIII)2着
||Iguazu Falls 2005.3.10 7勝 サマーヴィルタタソールS(英GIII)2着ほか
|||National Defense 2014.1.16 2勝 ジャンリュクラガルデール賞(仏GI)ほか
||Anna Salai 2007.4.24 1勝 グロット賞(仏GIII)
|||Adayar 2018.3.31 (本馬) 英ダービー(GI)
||Seniority 2014.3.15 現役 アブダビチャンピオンシップ(UAE・GIII)2着
|Anna Amalia 2000.3.6 1勝
||アーヴェイ 2006.2.14 5勝 フラワーボウル招待S(米GI)ほか

Adayarの牝系は欧州で継承されている7号族f分枝系。筋が通った母系であり曾祖母Anna of Saxony、祖母アンナパラリーヴァ、母Anna Salaiと3代続けてGIII勝ち馬であり、4代目のAdayarが英ダービー馬と相成りました。また馬名の頭文字について確認すると、英国産の牝馬Andromeda(1900)を起点として、Adayarまで13代続けて馬名の頭文字が「A」で始まっています。主に独国や伊国で見られ、アガ・カーン4世もそれに倣う形を取られている、ボトムラインからの馬名の頭文字の継承。実のところ、Adayarの牝系のイニシャルAと「Anna」から始まる母名の累代で連想した同牝系馬がいます。アヌスミラビリス(1992.3.15)。1996年の毎日王冠(GII)で見せたトーヨーリファール(1990.5.10)との「直父系がIn Reality系馬のワンツーフィニッシュ」も既に四半世紀前のこと。アヌスミラビリスはAdayarの5代母であるディアナ賞(独GII)馬Anna Paola(1978.5.14)の孫です。

*

Adayar、アッと言わせた11頭立て7番人気馬のアップセットでしたが、伊達や酔狂で英ダービーを勝てるものではありません。今後もその実力の確かさを見せてくれることを、東洋の空の下から祈っておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。