Poetic Flare(2018.3.26)-第213回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-

Result

Poetic Flare(ポエティックフレア) 牡 鹿毛 2018.3.26生 愛国・J. S. Bolger生産 馬主・Mrs J S Bolger 愛国・J. S. Bolger厩舎

Poetic Flare(2018.3.26)の4代血統表
Dawn Approach
栗毛 2010.4.23
種付け時活性値:1.75【7】
New Approach
栗毛 2005.2.18
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells 1981.4.11
Urban Sea 1989.2.18
Park Express
黒鹿毛 1983.3.25
Ahonoora 1975.4.12
Matcher 1966
Hymn of the Dawn
鹿毛 1999.4.15
★Phone Trick
鹿毛 1982.4.10
Clever Trick 1976.3.10
Over the Phone 1965.3.1
Colonial Debut
鹿毛 1994.2.9
Pleasant Colony 1978.5.4
Kittihawk Miss 1986.3.23
Maria Lee
鹿毛 2007.5.31
仔受胎時活性値:0.50【10】
ロックオブジブラルタル
鹿毛 1999.3.8
種付け時活性値:1.75【7】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Offshore Boom
栗毛 1985.3.23
Be My Guest 1974.4.12
Push a Button 1980.5.30
Elida
鹿毛 1994.5.15
仔受胎時活性値:1.00【12】
ロイヤルアカデミー
鹿毛 1987.2.21
種付け時活性値:1.50【6】
Nijinsky 1967.2.21
Crimson Saint 1969.3.15
Saviour
鹿毛 1987.5.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
Majestic Light
鹿毛 1973.3.29
種付け時活性値:1.25【13】
Victorian Queen
鹿毛 1971.3.24
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5×5、His Majesty5×5>

Poetic Flare(2018.3.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dawn Approach
(Galileo系)
ロックオブジブラルタル
(デインヒル系)
ロイヤルアカデミー
(Nijinsky系)
Majestic Light
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Dawn Approach 4.75 ジヤツジアンジエルーチと同牝系
(No. 1-n)
6番仔?
(6連産目?)

*

2021年の第213回英2000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 12 Poetic Flare 牡3 57.2 Kevin Manning 1:35.69 J S Bolger 9
2 7 Master of The Seas 牡3 57.2 William Buick 短アタマ Charlie Appleby 3
3 6 Lucky Vega 牡3 57.2 Shane Foley クビ Mrs John Harrington 7
4 10 Naval Crown 牡3 57.2 Adam Kirby 2 1/2 Charlie Appleby 11
5 3 Chindit 牡3 57.2 Pat Dobbs 1 1/4 Richard Hannon 7
G1英2000ギニーは人気馬不発、伏兵ポエティックフレアが叩き合い制す | JRA-VAN Ver.World
 英牡馬クラシック第1弾の2000ギニー(3歳牡・牝、芝8ハロン)が現地1日にニューマーケット競馬場で行われ、逃げ馬を3馬身ほど前に見ながら進んだ9番人気のポエティックフレアがゴールで首の上げ下げとな

2021年の第213回英2000ギニー。14頭立てとなった英国3歳クラシックの初戦。なんの前情報もなくレース映像を観賞したのですが、道中画面一番向こうの内ラチ側を走る青い勝負服の馬の走りが良い感じに見えたのですね。その馬は2着のMaster of The Seas(2018.3.4)だったのですが、ゴール地点のクビの上げ下げ、shd(=ショートヘッド)だけ先んじていたのはPoetic Flare。先行3~4番手から進めると、最後の最後の叩き合いでケヴィン・マニング騎手の渾身の右ムチに応えました。

↑で引いたJRA-VAN Ver.Worldの記事によりますと、

79歳のJ.ボルジャー調教師はポエティックフレアの父ドーンアプローチで2013年に英2000ギニーを制しただけでなく、父子とも自身が配合を考えて生産。馬主はボルジャー夫人、鞍上のK.マニング騎手も娘婿という一家あげての勝利

ということ。愛国の名伯楽であるジム・ボルジャー調教師は自身で生産・調教を行われることでも知られますが、今回は正にボルジャー家による英2000ギニー制覇でした。おめでとうございました。

*

ボルジャー師は「遺伝子検査により競走馬の距離適性を推測する」というサービスを提供するエクイノム社(現プラスビタール社)の創立者のお一人です。この検査はミオスタチン遺伝子の型により3種類に選別され「C:C」ならば短距離適正、「C:T」ならば中距離適正、「T:T」ならば中~長距離適性を持つと判断されます。

馬の距離適性を予測する遺伝子検査サービス会社が出現(アイルランド)[その他]
 アイルランドの遺伝学者エメリン・ヒル(Emmeline Hill)博士と調教師で馬主でもあるジム・ボルジャー(Jim Bolger)氏は、エクイノム社(Equinome)という名の馬遺伝子検査サービス会社を設立した。同社はサラブレッド購買者と生産者に、個々の馬の最適な競走距離を予測する一助となる遺伝子検査サービス...
来る英ダービーの結果でスピード遺伝子テストの有効性が明らかに(イギリス)【生産】
 ドーンアプローチ(Dawn Approach)は持ちこたえるのだろうか?5月中になされた最も熱い議論の1つは、6月1日の英ダービー(G1)の結果で明らかになるはずである。ドーンアプローチが2400mで持つかどうかについての意見は分かれていて、問題は、従順な性格と父ニューアプローチ(New Approach)から受...
競馬産業に浸透しつつある遺伝子検査(イギリス・アイルランド)【生産】
 ガリレオゴールド(Galileo Gold 父パコボーイ)は英2000ギニー(G1・約1600m)を圧倒的な強さで制した。同馬の関係者はこの3歳馬を英ダービー(G1・約2400m)に出走させるかどうかを決定するにあたり、アイルランドのエクイノム社(Equinome 現プラスビタール社)のサービスを利用し、新たな分野に...
LRC プラスビタール・スピード遺伝子検査

Poetic Flareの父であるDawn Approachは「C:C」の短距離適性を持つ型だったそうです。Poetic Flareの次走はロイヤルアスコット開催のセントジェームズパレスS(英GI)になるようですが、英ダービー(GI)出走に踏み切ったDawn Approachと同じ轍は踏まない、ということなのでしょうね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。「遺伝子検査により競走馬の距離適性を推測する」ことについては、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏も言及されています。

ノーザンファーム 吉田勝己代表インタビュー|丹下日出夫と鈴木淑子の2歳馬牧場リポート2018春|競馬情報ならJRA-VAN
本コンテンツは、黄色のPOG本『丹下日出夫と&#374...

ロードカナロア(2008.3.11)は「C:C」だった模様。