Rebel’s Romance(2018.3.19)-第21回UAEダービー(GII)の勝ち馬-

Result

Rebel’s Romance(レベルスロマンス) せん 青鹿毛 2018.3.19生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin UAE・Charlie Appleby厩舎

Rebel’s Romance(2018.3.19)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.75【15】
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8 ♀
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Minidress
黒鹿毛 2009.4.12
仔受胎時活性値:2.00【8】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:0.50【10】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Short Skirt
黒鹿毛 2003.3.16
仔受胎時活性値:1.25【5】
ディクタット
黒鹿毛 1995.2.25
種付け時活性値:1.75【7】
ウォーニング 1985.4.13
アルヴォラ 1990.5.1
Much Too Risky
栗毛 1982.2.8
仔受胎時活性値:1.00【20】
Bustino
鹿毛 1971.4.14
種付け時活性値:0.50【10】
Short Rations
黒鹿毛 1975
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Slightly Dangerous(♀)4×5>

Rebel’s Romance(2018.3.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Street Cry
(Mr. Prospector系)
ディクタット
(Intent系)
Bustino
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Dubawi 5.75ヴィクトワールピサと同牝系
(No. 8-d)
2番仔?

*

2021年の第21回UAEダービー(GII。メイダン・ダート1900m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Rebel’s Romance せん3 55 William Buick 1:56.28 Charlie Appleby 2
2 8 Panadol 牡3 55 Mickael Barzalona 5 1/2 S bin Ghadayer 1
3 7 New Treasure せん3 55 Frankie Dettori 1 3/4 John Gosden 4
4 12 タケルペガサス 牡3 55 Ryan Moore アタマ 加藤 征弘 3
5 6 Mouheeb 牡3 55 Ryan Curatolo 3/4 N Bachalard 4
【UAEダービー】地元ゴドルフィンのレベルスロマンスが快勝、日本勢はタケルペガサスの4着が最高 | JRA-VAN Ver.World
 現地27日、ドバイのメイダン競馬場で行われたUAEダービー(G2、ダート1900m)は、最初のコーナーを後方3番手で入った地元ゴドルフィンのレベルスロマンスが、終始馬群の外を通りながら徐々に位置を上

2021年の第21回UAEダービー。日本からはタケルペガサス(2018.3.31)、フランスゴデイナ(2018.3.17)、ピンクカメハメハ(2018.4.12)と3頭が出走がした一戦。14頭立てのメイダン・ダート1900mを制したのは地元のゴドルフィン勢であるRebel’s Romance。発馬直後は後方3番手に構えていたRebel’s Romance、道中は外を回りながら徐々に進出し、直線を迎えた時には先行3番手。勢い良く抜け出すと、後はRebel’s Romanceとウィリアム・ビュイック騎手の二人旅となり、決勝点では2着のPanadol(2018.4.12)に5と2分の1馬身差。Rebel’s Romance、前走サウジダービー4着からの巻き返し。見事な快勝劇でした。

ピンクカメハメハ(2018.4.12)-2021年のサウジダービーの勝ち馬-
ピンクカメハメハ(Pink Kamehameha) 牡 鹿毛 2018.4.12生 新ひだか・畠山牧場生産 馬主・木村久子氏 栗東・森秀行厩舎

日本勢はタケルペガサス4着、フランスゴデイナ6着、ピンクカメハメハ10着と悔しい結果に終わりました。けれど、それぞれに奮闘しました。日本にもゴドルフィンの刺客であるレモンポップ(2018.2.15)がいますが、切磋琢磨して、これからのダート戦線で活躍を見せてほしいものです。

Rebel’s Romanceのお話しに戻りますと、祖母Short Skirtの名前を見た時に「あー、ミュージドラSの勝ち馬だべ」と思った自分が気持ち悪くなったのですが、曾祖母Much Too Riskyが見知った血統であり、アサクサデンエン(1999.3.22)&スウィフトカレント(2001.4.9)&ヴィクトワールピサ(2007.3.31)兄弟の祖母でもあります。ヴィクトワールピサが第16回ドバイワールドカップ(GI)を制してから10年。星霜は流れても、あの2011年の「ヴィクトワールピサとトランセンド、本当に頑張ってくれた」という思いは、ずっと残ったままです。

ヴィクトワールピサ(2007.3.31)とトランセンド(2006.3.9)。 - 中島理論コラムの裏ページ
成した快挙は、時が経つにつれて重みを増します。第16回ドバイワールドカ...

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。