サブノジュニア(2014.3.15)-第20回JBCスプリント(JpnI)の勝ち馬-

Result

サブノジュニア 牡 黒鹿毛 2014.3.15生 新ひだか・藤沢牧場生産 馬主・中川三郎氏 大井・堀千亜樹厩舎

サブノジュニア(2014.3.15)の4代血統表
サウスヴィグラス
栗毛 1996.4.19
種付け時活性値:0.25【17】
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
ダーケストスター
黒鹿毛 1989.1.31
Star de Naskra
黒鹿毛 1975.2.15
Naskra 1967.3.15
Candle Star 1967.4.4
Minnie Riperton
黒鹿毛 1974.4.25
Cornish Prince 1962.3.29
English Harbor 1957.3.15
サブノイナズマ
青鹿毛 2005.2.1
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
カコイーシーズ
鹿毛 1986.3.7
種付け時活性値:0.50【18】
Alydar
栗毛 1975.3.23
Raise a Native 1961.4.18
Sweet Tooth 1965.4.17
Careless Notion
鹿毛 1970.3.18
Jester 1955.4.1
Miss Uppity 1956.5.6
サブノアフロディア
黒鹿毛 1997.5.7
仔受胎時活性値:1.75【7】
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
サンデーサイレンス 1986.3.25
ミルレーサー 1983.5.20
サニーモーニング
鹿毛 1987.5.14
仔受胎時活性値:0.25【9】
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
種付け時活性値:1.00【4】
Golden Oriole
栗毛 1983.5.13
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Raise a Native4×5、Northern Dancer5×5>

サブノジュニア(2014.3.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サウスヴィグラス
(Mr. Prospector系)
カコイーシーズ
(Alydar系)
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
Law Society
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
フジキセキ 4.75 半兄サブノクロヒョウ
(No. 8-f)
4番仔
(4連産目)

*

2020年の第20回JBCスプリント(JpnI。ダート1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6サブノジュニア 牡6 57 矢野貴之 1:10.7  11-11 36.4 536
[0]
堀千亜樹 8
2 10マテラスカイ 牡6 57 武豊 1:11.0 1.3/4 3-3 37.3 521
[-7]
森秀行 7
3 14ブルドッグボス 牡8 57 御神本訓史 1:11.2 3/4 15-14 36.1 522
[+2]
小久保智 3
4 2モズスーパーフレア 牝5 55 松若風馬 1:11.2 クビ 1-1 37.8 495
[-7]
音無秀孝 4
5 9キャンドルグラス 牡6 57 M.デムーロ 1:11.2 アタマ 9-7 37.1 513
[+11]
川島正一 10

ドバイゴールデンシャヒーン(UAE・GI)の2着馬ディフェンディングチャンピオン高松宮記念(GI)の勝ち馬等を尻目に先頭でゴールを駆け抜けたのは、地元大井のサブノジュニア。決勝点では2着に1と4分の3馬身差の完勝。16頭立て、道中11番手からの鋭い追い込み。最後は流す余裕すらも見せてサブノジュニアと矢野貴之騎手、見事な勝利でした。そしてまた、ダートグレード競走初勝利がJBCスプリントとなったサブノジュニア、父サウスヴィグラスとのJBCスプリント父仔制覇を果たしました。

JBCスプリントの父仔制覇は2例目であり、1例目は2015年の第15回を制したコーリンベリー(2011.4.13)で成されました。ええ、父はやはりサウスヴィグラスです。

「同一牝系馬の連動する活躍」。兄弟や姉妹が同じ週末や近い日付で活躍する様を、これまでもよくよく見て来ました。近時、

JRA初!同じ母持つマルモセーラ産駒3頭が同日V 木原師「すごいお母さん」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 10日の京都、新潟競馬で、母マルモセーラ(10年ファンタジーS覇者)産駒の3頭がそろって勝利を挙げる珍事があった。 勝ったのはマルモルーラー(牡2歳=京都1R)、マルモマリア(牝5歳=新潟3R)、マ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

という出来事がありました。そんな近縁だけではなく、遠縁ということで確認してみますと、サブノジュニアは去る11月1日に天皇賞・秋(GI)を制したアーモンドアイ(2015.3.10)と同じ、8号族f分枝系のSex Appeal(1970.5.12)をボトムラインを持つ馬です。サブノジュニアは5代母、アーモンドアイは3代母がSex Appealですから、同一牝系馬であることには相違ありません。

アーモンドアイ(2015.3.10)-第162回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬。JRA所属馬史上初の芝GI8勝、成る-
アーモンドアイ 牝 鹿毛 2015.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・国枝栄厩舎

そしてまたサブノジュニアは、第20回JBCスプリントの同日に行われた第20回JBCクラシック(JpnI)に半兄サブノクロヒョウ(2013.3.13)が出走していた訳ですから、こちらも立派な「同一牝系馬の連動する活躍」でしょう。競走馬は出走するまでが大変。それが最高峰のジーワンとなれば、なお一層です。同じ日に兄弟で別々のジーワン出走となれば、真に素晴らしいこと。尊ぶべきは母サブノイナズマ、称えるべきはサブノクロヒョウ、そして褒めるべきは並み居る強豪を打ち負かしてジーワン初勝利を遂げたサブノジュニア、です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。