Fancy Blue(2017.2.2)-第173回ナッソーS(英GI)の勝ち馬-

Result

Fancy Blue(ファンシーブルー) 牝 鹿毛 2017.2.2生 愛国・Coolmore生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・Donnacha Aidan O’Brien厩舎

Fancy Blue(2017.2.2)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50【14】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
チェンチコヴァ
鹿毛 2003.1.16
仔受胎時活性値:1.25【13】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.25【21】
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Kasora
鹿毛 1993.4.17
仔受胎時活性値:0.25【9】
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.75【11】
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Kozana
黒鹿毛 1982.2.27
仔受胎時活性値:0.50【10】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:1.25【5】
Koblenza
鹿毛 1966.2.9
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5、Hail to Reason4×5、Almahmoud(♀)5×5>

Fancy Blue(2017.2.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 3.75 伯父High Chaparral
(No. 1-n)
7番仔?

*

2020年の第173回ナッソーS(英GI。グッドウッド芝9F197y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6Fancy Blue 牝3 56.2 Ryan Moore 2:04.99 Donnacha Aidan O’Brien 2
2 7 One Voice 牝3 56.2 Tom Marquand クビ Mrs John Harrington 6
3 4 Nazeef 牝4 60.3 Jim Crowley 2 3/4 John Gosden 3
4 5 Queen Power 牝4 60.3 Silvestre De Sousa 1/2 Sir Michael Stoute 5
5 3Magic Wand 牝5 60.3 Frankie Dettori 1 A P O’Brien 1
6 2 Lavender’s Blue 牝4 60.3 William Buick 1/2 Amanda Perrett 7
7 1ディアドラ 牝6 60.3 Oisin Murphy 3 1/4 橋田 満 4
ディープ産駒ファンシーブルーがナッソーS制覇、ディアドラ連覇ならず | JRA-VAN Ver.World
 現地30日、英グッドウッド競馬場にてG1ナッソーステークス(牝馬限定、芝9ハロン197ヤード)が行われ、ディープインパクト産駒の仏オークス馬ファンシーブルーが接戦を制した。日本馬のディアドラは7頭立

思えば7月30日。父の一周忌に娘が英国の地でGIレース2勝目を遂げました。

ファンシーブルー、秋はエリザベス女王杯へ参戦も | JRA-VAN Ver.World
 現地30日に英グッドウッド競馬場にて行われたG1ナッソーステークス(牝馬限定、芝9ハロン197ヤード)を制したディープインパクト産駒の仏オークス馬ファンシーブルーが、秋に日本へ遠征する可能性があるこ

ドナカ・オブライエン調教師は日本のファンの気持も心得られていて、Fancy Blue、もしかしたら秋には来日してくれるかも知れません。

海外で活躍するディープインパクトの愛娘、日本で走る姿を見られれば、やはり嬉しいものです(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。