エフフォーリア(2018.3.10)-第164回天皇賞・秋(GI)の勝ち馬-

Result

エフフォーリア 牡 鹿毛 2018.3.10生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・鹿戸 雄一厩舎

エフフォーリア(2018.3.10)の4代血統表
エピファネイア
鹿毛 2010.2.11
種付け時活性値:1.75【7】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
シーザリオ
青毛 2002.3.31
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
サンデーサイレンス 1986.3.25
キャンペンガール 1987.4.19
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
Sadler’s Wells 1981.4.11
Querida 1975.3.14
ケイティーズハート
鹿毛 2009.4.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
ケイティーズファースト
鹿毛 1987.3.6
仔受胎時活性値:1.25【21】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25【9】
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、Hail to Reason5×5>

エフフォーリア(2018.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エピファネイア
(Roberto系)
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Kris
(エタン系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エピファネイア 5.25 大叔母ヒシアマゾン
(No. 7-f)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第164回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5エフフォーリア 牡3 56 横山 武史 1:57.9 6-6-6 33.2 514
[+4]
鹿戸 雄一 3
2 1コントレイル 牡4 58 福永 祐一 1:58.0 1 9-8-8 33.0 464
[-8]
矢作 芳人 1
3 9グランアレグリア 牝5 56 C.ルメール 1:58.1 クビ 2-2-2 33.8 504
[+2]
藤沢 和雄 2
4 8サンレイポケット 牡6 58 鮫島 克駿 1:58.4 1 3/4 10-6-6 33.6 472
[0]
高橋 義忠 10
5 15ヒシイグアス 牡5 58 松山 弘平 1:58.7 1 3/4 7-8-8 33.7 492
[+2]
堀 宣行 7

2021年の第164回天皇賞・秋。「三強対決」を制したのは、19年ぶりとなる3歳馬による天皇賞・秋勝利を果たしたエフフォーリア。19年前の2002年の第126回を制したのは直系祖父のシンボリクリスエス。

JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾陸)-シンボリクリスエス(1999.1.21)-
シンボリクリスエス 牡 黒鹿毛 1999.1.21生 米国・Takahiro Wada生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・藤沢和雄厩舎

シンボリクリスエスが3歳時に天皇賞・秋を制した際の鞍上は岡部幸雄騎手でしたが、それは53歳11ヶ月28日という騎手におけるJRA史上最高年齢によるGI制覇でもありました。そんな岡部さん、本日2021年10月31日(日)が73歳のお誕生日、おめでとうございます(^^)

また、シンボリクリスエスの3歳時の天皇賞・秋は中山芝2000mによる開催でした。東京芝2000mにおける天皇賞・秋の3歳馬の勝利は、1996年の第114回のバブルガムフェロー(1993.4.11)以来25年ぶりのこと。

バブルガムフェロー(1993.4.11)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.5)-
バブルガムフェロー 牡 鹿毛 1993.4.11生~2010.4.26没 千歳市・社台フアーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・藤沢 和雄厩舎

そしてまた、鞍上の横山武史騎手は先週の第82回菊花賞(GI)のタイトルホルダー(2018.2.10)に続いて2週連続GI勝ち。

タイトルホルダー(2018.2.10)-第82回菊花賞(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎

「サラブレッドは血で走るように、騎手もまた血なのか」と2週連続で思わされる結果となりましたが、横山家は史上初となる「父子3代の天皇賞・秋優勝」と相成りました。

  1. 横山富雄
    →1969年の第60回メジロタイヨウ(1964.5.22)
  2. 横山典弘
    →2009年の第140回カンパニー(2001.4.24)
  3. 横山武史
    →2021年の第164回エフフォーリア(本稿の主役)
横山典が素質を認める三男坊 「あいつはマジで“ヤバい”」 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 それは昨年の4月22日。取材のため訪れた某厩舎の大仲(休憩や打ち合わせをする場所)で、なぜか酒盛りが始まってしまった時の話だ。「俺の夢ね…。そうだな。孫と一緒にレースすることかな」 声の主は関東のレ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

お父さんのあいつはマジで“ヤバい”から覚えとけ。恐らく、相当なもんになるは、紛うことなく事実でした。武史騎手、デビュー5年目。天皇賞・秋は初騎乗でした。

エフフォーリアについては、先日アップしたエピファネイア(2010.2.11)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.34)-でも触れましたが、

次代に繋がると言いますと、祖父シンボリクリスエス、父エピファネイア、仔エフフォーリア(2018.3.10)と直父系の父仔3代に渡って東京優駿(GI)2着となった訳ですが、それでもシンボリクリスエス、エピファネイア共に複数GIを制している流れから、エフフォーリアにもさらなる飛躍を期待しています。

#エフフォーリアは母父ハーツクライ(2001.4.15)も東京優駿2着だった訳ですが、ハーツクライも古馬になってから複数GIを制していますし、エフフォーリアには成長力ということでも期待しています。はい、現役馬では随分能力を買っています、エフフォーリア(^^)

この後は父仔2代の制覇を目指すジャパンカップか、あるいは祖父が鬼のような強さを見せた「非根幹距離はRoberto系」を再現するべく有馬記念(GI)か。ええい面倒だ、どっちもぶっこ抜いてしまえ。そんな強さを感じさせた、伸び行く3歳馬エフフォーリア。次走も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#「三強対決!!」「エフフォーリアが強い!!」と叫ぶテレビ観戦者。