Epicenter(2019.1.29)-第153回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬-

Result

Epicenter(エピセンター) 牡 鹿毛 2019.1.29生 米国・Westwind Farms生産 馬主・Winchell Thoroughbreds LLC 米国・Steven Asmussen厩舎

Epicenter(2019.1.29)の4代血統表
Not This Time
黒鹿毛 2014.4.26
種付け時活性値:1.00【4】

Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Miss Macy Sue
黒鹿毛 2003.5.1
Trippi
鹿毛 1997.3.16
エンドスウィープ 1991.5.31
Jealous Appeal 1983.5.23
Yada Yada
鹿毛 1996.3.21
Great Above 1972.1.19
Stem 1982.1.21
Silent Candy
栗毛 2007.3.30
仔受胎時活性値:0.75【11】
Candy Ride
鹿毛 1999.9.27
種付け時活性値:1.625【6.5】
Ride the Rails
黒鹿毛 1991.3.5
Cryptoclearance 1984.4.9
Herbalesian 1969.4.29
Candy Girl
栗毛 1990.7.7
Candy Stripes 1982.4.12
City Girl 1982.7.18
Silent Queen
鹿毛 2000.6.3
仔受胎時活性値:1.50【6】
キングオブキングス
鹿毛 1995.2.27
種付け時活性値:1.00【4】
Sadler’s Wells 1981.4.11
Zummerudd 1981.5.9
Soundproof
鹿毛 1990.4.28
仔受胎時活性値:0.25【9】
Ela-Mana-Mou
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:1.25【13】
Hobe Sound
栗毛 1982.2.5
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Blushing Groom5×5>

Epicenter(2019.1.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Not This Time
(Storm Cat系)
Candy Ride
(Mr. Prospector系)
キングオブキングス
(Sadler’s Wells系)
Ela-Mana-Mou
(Fair Trial系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Candy Ride
(Ride the Rails)
4.25タイキヘラクレスと同牝系
(No. 21-a)
6番仔?

*

2022年の第153回トラヴァーズS(米GI。サラトガ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Epicenter 牡3 57.2 Joel Rosario 2:00.72 Steven Asmussen 1
2 1 Cyberknife 牡3 57.2 Florent Geroux 5 1/4 Brad H Cox 2
3 8 Zandon 牡3 57.2 Flavien Prat ハナ Chad C Brown 3
4 2Rich Strike 牡3 57.2 Sonny Leon クビ Eric R Reed 6
5 4 Gilded Age 牡3 57.2 Junior Alvarado 4 3/4 William Mott 8

2022年の第153回トラヴァーズS。「ミッドサマーダービー」の異名を持つ真夏の3歳馬の決戦を制したのは、悲願のGI初制覇となったEpicenter。ケンタッキーダービー(米GI)ではRich Strike(2019.4.25)から4分の3馬身差の2着、プリークネスS(米GI)では出遅れもありEarly Voting(2019.3.7)から1と4分の1馬身差の2着。

Rich Strike(2019.4.25)-第148回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
Rich Strike(リッチストライク) 牡 栗毛 2019.4.25生 米国・Calumet Farm生産 馬主・RED TR-Racing, LLC 米国・Eric R. Reed厩舎
Early Voting(2019.3.7)-第147回プリークネスS(米GI)の勝ち馬-
Early Voting(アーリーヴォーティング) 牡 黒鹿毛 2019.3.7生 米国・Three Chimneys Farm, LLC生産 馬主・Klaravich Stables, Inc. 米国・Chad C. Brown厩舎

共に1番人気で臨みながら、すんでのところで逃していた大魚。「三度目の正直」を果たすため、やはり1番人気で挑んだトラヴァーズSでは「これが真の実力」とばかりに、2着のCyberKnife(2019.3.14)-ハスケルS(米GI)、アーカンソーダービー(米GI)とGI2勝馬-に5と4分の1馬身差の快勝を見せ、Rich Strike、Early Votingにもリベンジを果たしました。

また、若干浪花節的なことを書いてしまいますけれど、Epicenter、不意に居なくなった同オーナー同厩舎の兄貴分が、昨年2021年の第152回でクビ差2着に敗れた借りも返したというところです。

Essential Quality(2018.4.9)+α-第152回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬-
Essential Quality(エッセンシャルクオリティ) 牡 芦毛 2018.4.9生 米国・Godolphin生産 馬主・Godolphin, LLC 米国・Brad H. Cox厩舎 Midnight Bourbon(ミッドナイトバーボン) 牡 鹿毛 2018.1.25生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・Winchell Thoroughbreds LLC 米国・Steven M. Asmussen厩舎

Midnight Bourbon(2018.1.25)、Tiznow(1997.3.12)の血を次代に伝えてほしいと願ったのですが、叶いませんでした。

米国の善戦マン、ミッドナイトバーボンが急死 | JRA-VAN Ver.World
 米ダート中距離路線で活躍してきたミッドナイトバーボンが、現地17日に急性消化器疾患のため死亡したことが分かった。米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じている。  S.アスムッセン厩舎

*

Epicenterの父Not This Timeは、現役時代に2勝でイロコイS(米GIII)を8と4分の3馬身差で勝ち、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)でClassic Empire(2014.3.21)のクビ差2着と将来が嘱望されましたが、右前脚の軟部組織損傷により2歳戦のみで引退。半兄にブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI)、ウッドワードS(米GI)を制したLiam’s Map(2011.3.14)-ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI)連覇のColonel Liam(2017.4.17)の父-という良血もあり、3歳時の2017年からテイラーメイドファームで種牡馬供用されています。

NOT THIS TIME - Taylor Made Stallions
BIG TIME SIRE

そんなNot This Timeの2022年現時点での主な産駒には

  1. プリンセスノーア(2018.2.9)
    →デルマーデビュタント(米GI)ほか。祖母父エーピージェット(1989.2.11)ということで思わず記事にした馬です
  2. Just One Time(2018.4.1)
    →マディソンS(米GI)ほか
  3. Epicenter(2019.1.29)
    →トラヴァーズS(米GI)ほか。本稿の主役

と初年度2頭、2年度1頭と計3頭のGI勝ち馬の他、Gレース勝ち馬を複数送り込んでいます。↑で引いたテイラーメイドファームの種牡馬紹介の記事の写真でも立ち姿の様が良いNot This Time、産駒の出来の良さも評価されてか、2022年のスタッドフィーは75000ドルという一流種牡馬の金額であり、2022年の時点においてテイラーメイドファームで供用されている種牡馬陣では筆頭の扱いです。テイラーメイドファームで供用されている種牡馬の次点はKnicks Go(2016.1.29)で、2022年が初年度となる彼のスタッドフィーは30000ドルです。

Not This Timeは、0の理論的にはその父Giant’s Causewayが16歳時交配のミニモの遺伝を受けています。Not This Timeと同じ2014年生まれ世代のGiant’s Causeway産駒にはブリックスアンドモルタル(2014.3.2)もいますね。ブリックスアンドモルタル、どんな仔を送り出してくれるか楽しみにしています。

*

Epicenterの父についての解説が長くなりましたが、Epicenter、トラヴァーズSの勝ち時計2分0秒72はArrogate(2013.4.11)、General Assembly(1976.4.30)、Honest Pleasure(1973.3.28)に続くレース史上4位の好時計であり、トラヴァーズSの勝ちっぷりから北米の現3歳世代の「中心」として、改めて認められたのではないかと思います。

Epicenter、GI初勝利を以ていざ行かん、秋の戦い。恐らくはブリーダーズカップ・クラシック(米GI)に向かうであろう3歳の駿馬の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#テイラーメイドファームはダンシングブレーヴ(1983.5.11)ヒシアマゾン(1991.3.26)の生まれ故郷としても知られています。そしてまたテイラーメイドファームの創設者ダンカン・テイラー氏のご尊父がジョー・テイラー氏。ジョー氏はゲインズウェイファームのファームマネージャーとして1986年まで敏腕を振るわれましたが、1993年に発刊された「血とコンプレックス」によると、その1986年に中島国治氏はジョー氏とゲインズウェイファームで会われた模様。

7年前、ケンタッキーのゲインズウェー・ファームで、ファーム・マネージャーのジョー・テイラー氏が私に語ったことをここで改めて繰り返すまでもない。

KKベストセラーズ、中島国治著「血とコンプレックス」、P124より-

また、テイラーメイドファームが関与したGI勝ち馬を眺めていたのですが、

Taylor Made
Family owned and operated since 1976, Taylor Made has grown from a small boarding farm into the worldwide leader in Thoroughbred sales and marketing.

ダンツシアトル(1990.5.13)エイシンプレストン(1997.4.9)の名前もありました。リストはアルファベット順ですが、DANTSU SEATTLEはDANCING BRAVEとDAYJURの間に挟まれています^^;。育成で関わられたのかなぁ。海外生産馬は生産者の名義だけでは、生まれ故郷が判断できないことが多いので難しいですね。