Tiz the Law(2017.3.19)-第151回トラヴァーズS(米GIの勝ち馬-

Result

Tiz the Law(ティズザロー) 牡 鹿毛 2017.3.19生 米国・Twin Creeks Farm生産 馬主・Sackatoga Stable 米国・Barclay Tagg厩舎

Tiz the Law(2017.3.19)の4代血統表
Constitution
鹿毛 2011.2.11
種付け時活性値:1.25【5】
Tapit
芦毛 2001.2.27
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Baffled
黒鹿毛 2005.3.14
Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー 1985.5.11
Danzig’s Beauty 1987.3.7
Surf Club
黒鹿毛 1998.2.7
Ocean Crest 1991.2.26
Horns Gray 1991.3.24
Tizfiz
鹿毛 2004.3.20
仔受胎時活性値:1.00【12】
Tiznow
鹿毛 1997.3.12
種付け時活性値:1.50【6】
Cee’s Tizzy
芦毛 1987.4.21
Relaunch 1976.3.16
ティズリー 1981.4.27
Cee’s Song
黒鹿毛 1986.3.20
Seattle Song 1981.2.19
Lonely Dancer 1975.5.29
Gin Running
鹿毛 1997.4.20
仔受胎時活性値:1.50【6】
Go for Gin
鹿毛 1991.4.18
種付け時活性値:1.25【5】
★Cormorant 1974.4.21
Never Knock 1979.5.10
Crafty and Evil
栗毛 1991.3.9
仔受胎時活性値:1.25【5】
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
種付け時活性値:0.75【11】
Evil Elaine
鹿毛 1984.4.11
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Seattle Slew5×5、Mr. Prospector5×5×5>

Tiz the Law(2017.3.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Constitution
(Seattle Slew系)
Tiznow
(Intent系)
Go for Gin
(Ribot系)
Crafty Prospector
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tiznow
(Tizfiz)
5.25 母が米GII勝ち馬
(No. 9-e)
5番仔?

*

2020年の第151回トラヴァーズS(米GI。サラトガ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Tiz the Law 牡3 57.2 Manuel Franco 2:00.95 Barclay Tagg 1
2 7 Caracaro 牡3 57.2 Javier Castellano 5 1/2 Gustavo Delgado 3
3 4 Max Player 牡3 57.2 Joel Rosario 2 Linda Rice 4
4 8 South Bend 牡3 57.2 Jose L Ortiz 2 William Mott 6
5 2 Country Grammer 牡3 57.2 Irad Ortiz Jr 1 Chad C Brown 5
ティズザローが米G1トラヴァーズSを圧勝、同世代に無敵をアピール | JRA-VAN Ver.World
 “真夏のダービー”こと米G1トラヴァーズステークス(3歳、ダート10ハロン)が現地8日にサラトガ競馬場で行われ、単勝1.5倍の圧倒的人気を集めたティズザローが3番手追走から最終コーナーで先頭に立つと

不意に第146回ケンタッキーダービー(米GI)よりも先に行われることになった「ミッドサマーダービー」こと2020年の第151回トラヴァーズS。制したのは1番人気に応えたTiz the Law。最後は「おいでおいで」の大楽勝となったTiz the Law、先に行われた第152回ベルモントS(米GI)に続いての3歳GIレース連勝となりました。

Tiz the Law(2017.3.19)-第152回ベルモントS(米GI)の勝ち馬-
Tiz the Law(ティズザロー) 牡 鹿毛 2017.3.19生 米国・Twin Creeks Farm生産 馬主・Sackatoga Stable 米国・Barclay Tagg厩舎

↑で引用したJRA-VAN Ver.Worldの記事によりますと、

ティズザローの走破時計2分00秒95は、2016年にレコード勝ちしたアロゲートに次ぎ最近32年で2番目に速いタイム。

とのことです。2016年にArrogate(2013.4.11)が第147回を制した際のタイムはサラトガ・ダート10Fのトラックレコード1分59秒36。これは出色の時計で、Arrogateの後の飛躍の第一歩となったレースでもありました。

第147回トラヴァーズS(米GI)の勝ち馬。
Arrogate 牡 芦毛 2013.4.11生 米国・Clearsky Farms生産 馬主・Juddmonte Farms, Inc 米国・Bob Baffert厩舎 Arrogate(...

そしてまたTiz the Lawを管理されるバークレー・タッグ調教師は嬉しいトラヴァーズS初制覇。御身82歳のタッグ調教師、2020年はベルモントS、トラヴァーズSと、ニューヨーク州にある競馬場で行われる米国伝来の3歳戦の初勝利を、ニューヨーク州産馬のTiz the Lawで遂げられました。

Barclay Tagg Racing Stable
Barclay Tagg Racing Stable

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

  

余談。↑で引用したJRA-VAN Ver.Worldの記事で「最近32年」と微妙な年数でまとめられていたのが若干不思議だったのですが、もし「最近33年」とすれば「ティズザローの走破時計2分00秒95は、2016年にレコード勝ちしたアロゲート、1989年のイージーゴアに次ぎ最近33年で3番目に速いタイム」となっていました。Easy Goer(1989.3.21)が第119回を制した際のタイムは2分0秒80でした。