オジュウチョウサン(2011.4.3)-第144回中山大障害(J・GI)の勝ち馬-

Result

オジュウチョウサン 牡 鹿毛 2011.4.3生 平取町・坂東牧場生産 馬主・(株)チョウサン 美浦・和田 正一郎厩舎

オジュウチョウサン(2011.4.3)の4代血統表

ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.00【16】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサツシユ 1966
シャドウシルエット
青鹿毛 2005.5.7
仔受胎時活性値:1.25【5】
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.25【5】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
ユーワジョイナー
黒鹿毛 1990.5.4
仔受胎時活性値:1.50【14】
ミルジヨージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:1.50【14】
Mill Reef 1968.2.23
Miss Charisma 1967
サシマサンダー
栗毛 1978.3.10
仔受胎時活性値:0.75【11】
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:0.25【17】
シアラ
鹿毛 1970.4.8
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5>

オジュウチョウサン(2011.4.3)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
シンボリクリスエス
(Roberto系)
ミルジヨージ
(Mill Reef系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミルジヨージ
(Zanzara)
5.25 全兄ケイアイチョウサン
(No. 4-i)
2番仔
(2連産目)

*

2021年の第144回中山大障害(J・GI。中山芝4100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
平均
1F
馬体重
[増減]
調教師
1 3オジュウチョウサン 牡10 63 石神 深一 4:46.6  2-2-1-1 14.0 510
[0]
和田 正一郎 2
2 10ブラゾンダムール 牡6 63 西谷 誠 4:47.1 3 9-7-2-2 14.0 480
[-2]
松永 幹夫 10
3 2レオビヨンド 牡5 63 植野 貴也 4:48.0 5 7-7-7-5 14.0 498
[+2]
高柳 大輔 4
4 5ラヴアンドポップ 牡8 63 白浜 雄造 4:48.3 1 1/2 4-4-4-4 14.1 492
[-6]
岩戸 孝樹 3
5 13ビレッジイーグル 牡4 63 大江原 圭 4:48.4 1/2 1-1-2-3 14.1 514
[+2]
竹内 正洋 9

2021年の第144回中山大障害。ゴール後、2着のブラゾンダムール(2015.2.7)の西谷誠騎手が石神深一騎手の背中をポンとされた後、実況の山本直也アナウンサーの「4年ぶり3度目の中山大障害制覇」で「w(゜o゜)w」となってしまいました。サスガはオジュウチョウサン、果たされたのはJ・GI8勝目(!!)、そして6年連続のJ・GI勝利(!!!!)。指折り数えてしまいますが、2016年以降、毎年のJ・GI制覇は「素晴らしい」という他ありません。

  1. 2016年(5歳時)
    →中山大障害(J・GI)、中山グランドジャンプ(J・GI)、東京ハイジャンプ(J・GII)、東京ジャンプS(J・GIII)
  2. 2017年(6歳時)
    →中山大障害(J・GI)、中山グランドジャンプ(J・GI)、阪神スプリングジャンプ(J・GII)、東京ハイジャンプ(J・GII)
  3. 2018年(7歳時)
    →中山グランドジャンプ(J・GI)、南武特別、開成山特別
  4. 2019年(8歳時)
    →中山グランドジャンプ(J・GI)、阪神スプリングジャンプ(J・GII)
  5. 2020年(9歳時)
    →中山グランドジャンプ(J・GI)、阪神スプリングジャンプ(J・GII)
  6. 2021年(10歳時)
    →中山大障害(J・GI)

オジュウチョウサンの平地再挑戦も3年前から2年前と思うと、時の流れの速さを思います。オジュウチョウサン、齢重ねた10歳の終わりでも「絶対王者」の威厳を見せ付けてくれました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

オジュウチョウサン(2011.4.3)
オジュウチョウサン 牡 鹿毛 2011.4.3生 平取・坂東牧場生産 馬主・(株)チョウサン 美浦・和田正一郎厩舎 オジュウチョウサン(2011.4.3)の4代血統表 ★ ステイゴールド 黒鹿毛 19...
第21回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-オジュウチョウサン(2011.4.3)-
オジュウチョウサン 牡 鹿毛 2011.4.3生 平取・坂東牧場生産 馬主・(株)チョウサン 美浦・和田正一郎厩舎
第22回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-オジュウチョウサン(2011.4.3)-
オジュウチョウサン 牡 鹿毛 2011.4.3生 平取・坂東牧場生産 馬主・(株)チョウサン 美浦・和田正一郎厩舎