Ghaiyyath(2015.4.19)-第123回エクリプスS(英GI)の勝ち馬-

Result

Ghaiyyath(ガイヤース) 牡 鹿毛 2015.4.19生 愛国・Springbank Way Stud生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

Ghaiyyath(2015.4.19)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.00
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Nightime
栗毛 2003.4.5
仔受胎時活性値:0.75
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.00
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Caumshinaun
栗毛 1997.1.27
仔受胎時活性値:1.25
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.75
Ahonoora 1975.4.12
Hillbrow 1975
Ridge Pool
栗毛 1991.5.4
仔受胎時活性値:1.25
Bluebird
鹿毛 1984
種付け時活性値:1.50
Casting Couch
鹿毛 1985.1.27
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×4>

Ghaiyyath(2015.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Indian Ridge
(Ahonoora系)
Bluebird
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bluebird
(Caumshinaun)
4.50 母が愛1000ギニー馬
(No. 20-c)
3番仔?

*

2020年の第123回エクリプスS(英GI。サンダウン芝9F209y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Ghaiyyath 牡5 58.5 William Buick 2:04.48 Charlie Appleby 2
2 6Enable 牝6 57.2 Frankie Dettori 2 1/4 John Gosden 1
3 3Japan 牡4 58.5 Ryan Moore アタマ A P O’Brien 3
4 7Magic Wand 牝5 57.2 P B Beggy 1 1/2 A P O’Brien 5
5 5ディアドラ 牝6 57.2 Oisin Murphy 1 1/4 橋田 満 4
ガイヤースがエネイブル下してエクリプスS快勝、ディアドラは5着 | JRA-VAN Ver.World
 現地5日、英サンダウン競馬場にてG1エクリプスステークス(芝10ハロン)が行われ、日本馬ディアドラは7頭立ての5着に終わった。  レースは2番人気のガイヤースがハナに立って引っ張り、ディアドラはジ

稀代の名牝Enable(2014.2.12)の2020年初戦として注目を集めたコーラルエクリプス。Enableに「待った」を掛けたのは、2020年に入りドバイミレニアムS(UAE・GIII)、コロネーションC(英GI)と2戦連続レコード駆けで臨んだGhaiyyath。現在の充実ぶりを見せ付けるかのように、逃げてそのまま押し切りました。2着Enableとの着差は2と4分の1馬身差。Ghaiyyath、これは完勝。昨年バーデン大賞(独GI)を14馬身差で制した際も注目されたGhaiyyath、3歳時には故障でプランスドランジュ賞(仏GIII)1戦しか走れなかった同馬の本格化をじっと待った陣営の期待に応えています。

エネイブル撃破のガイヤース、次走は英インターナショナルSが有力 | JRA-VAN Ver.World
 現地5日の英G1エクリプスステークスは、ガイヤースがエネイブルに2馬身1/4差をつけて逃げ切り勝ちを収めた。  C.アップルビー調教師はガイヤースの今後について、「次走は英インターナショナルステー

次走は英インターナショナルS(GI)が予定されているというGhaiyyath。かつてのPostponed(2011.4.4)のように、Dubawi産駒の選手権距離が得意な馬は、古馬になって良い仕事をする印象もあります。Ghaiyyath、充実一途の5歳牡馬のさらなる活躍に期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。