ヴァレーデラルナ(2019.1.17)-第12回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-

Result

ヴァレーデラルナ 牝 鹿毛 2019.1.17生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)ラ・メール 栗東・藤原 英昭厩舎

ヴァレーデラルナ(2019.1.17)の4代血統表
ドゥラメンテ
鹿毛 2012.3.22
種付け時活性値:1.50【6】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン 1983.4.7
ダイナカール 1980.5.10
セレスタ(ARG)
鹿毛 2012.7.18
仔受胎時活性値:1.375【5.5】
Jump Start(USA)
黒鹿毛 1999.1.28
種付け時活性値:1.125【12.5】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Steady Cat
鹿毛 1993.3.14
Storm Cat 1983.2.27
Hopespringsforever 1984.3.2
Serata
鹿毛 2005.3.13
仔受胎時活性値:1.625【6.5】
Carson City
栗毛 1987.4.4
種付け時活性値:0.25【17】
Mr. Prospector 1970.1.28
Blushing Promise 1982.3.30
Maliziosa
黒鹿毛 1999.3.13
仔受胎時活性値:1.25【5】
Dynaformer
黒鹿毛 1985.4.1
種付け時活性値:1.25【13】
Kuda
鹿毛 1992.3.25
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4×5>

ヴァレーデラルナ(2019.1.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドゥラメンテ
(Mr. Prospector系)
Jump Start
(A.P. Indy系)
Carson City
(Mr. Prospector系)
Dynaformer
(Roberto系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ドゥラメンテ 5.75 母が亜GI馬
(No. 3-o)
3番仔
(3連産目)

*

2022年の第12回JBCレディスクラシック(JpnI。盛岡ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12ヴァレーデラルナ 牝3 53 岩田望来 1:50.1 2-2-3-1 36.5 508
[-2]
藤原英昭 3
2 9グランブリッジ 牝3 53 福永祐一 1:50.1 クビ 4-4-5-6 36.2 444
[+6]
新谷功一 2
3 2ショウナンナデシコ 牝5 55 吉田隼人 1:50.3 1.1/4 3-3-4-5 36.5 474
[-4]
須貝尚介 1
4 7レーヌブランシュ 牝5 55 松山弘平 1:50.3 アタマ 5-5-6-3 36.2 474
[-2]
橋口慎介 8
5 10プリティーチャンス 牝5 55 C.デムーロ 1:50.4 クビ 7-6-7-7 36.1 473
[+11]
野中賢二 4

2022年の第12回JBCレディスクラシック。終わってみれば出走11頭中2頭の3歳馬による1着2着。そして2着馬のボトムラインを見れば、小岩井農場ビユーチフルドリーマー(1903)系、千代田牧場さん伝来のワールドハヤブサ(1967.3.30)分枝。グランブリッジ(2019.4.29)の頑張りが盛岡で開催されるJBCデーらしさを感じさせてくれましたが、褒められるべきは4連勝でジーワン馬まで上り詰めたヴァレーデラルナ。大外12番枠から好発を決めると、逃げた古豪サルサディオーネ(2014.5.3)の番手先行。3角から4角でマクリ気味に進出したテリオスベル(2017.4.18)を内から見やり、いったん3番手に控えた岩田望来騎手の落ち着きも光りました。そうして、4角を回って来る時の手応えの良さが目に付いたヴァレーデラルナ、直線400mでは岩田騎手の懸命の右ムチに応え、差し迫った同期の関東オークス(JpnII)&ブリーダーズゴールドC(JpnIII)勝ち馬を「クビ」だけ振り切ったところが、栄光の決勝点。砂上の牝馬決戦でも「強い3歳馬」を見せ付けた結果となりました。どなたですか「今年2022年の3歳馬のレベル云々」って、おっしゃっていたのは^^;

ヴァレーデラルナの鞍上を務めた岩田望来騎手はデビュー4年目の嬉しいジーワン初制覇。所属する藤原英昭厩舎の馬での勝利、師弟コンビで果たされたJBCレディスクラシック勝ち。師匠にとっても、弟子にとっても、嬉しいものであったでしょう。また望来騎手の父である康誠騎手は、盛岡競馬場で開催された前回のJBCレディスクラシックである2014年の第4回をサンビスタ(2009.3.18)で制されており、騎手としての父子制覇となりました。なお、サンビスタが勝利した際の1分49秒3は盛岡ダート1800mのコースレコードとして2022年現在も燦然と輝いています。

そしてまたヴァレーデラルナの生産者であるノーザンファームはJBCレディスクラシック初優勝。意外^^;

一気呵成の勢いでジーワン初勝利を遂げたヴァレーデラルナと岩田騎手。若き砂の女王と若手のホープ、伸び行く馬人のこれからにどうぞ幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#JpnIの格付け前、JBCレディスクラシックの第1回と第2回を制したのはミラクルレジェンド(2007.2.17)。ミラクルレジェンドを管理されたのは藤原師、鞍上は岩田康誠騎手。2022年の第12回終了時点、藤原師、岩田騎手共にJBCレディスクラシック3勝で、調教師、騎手としての最多勝です。

##ヴァレーデラルナ、その馬名意味は「月の谷(西)」ということです。