Romantic Warrior(2018.3.18)-第103回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-

Result

Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎

Romantic Warrior(2018.3.18)の4代血統表
Acclamation
鹿毛 1999.4.26
種付け時活性値:0.50【18】
Royal Applause
鹿毛 1993.2.24
ワージブ
鹿毛 1983.5.20
トライマイベスト 1975.4.28
Coryana 1976.4.8
Flying Melody
鹿毛 1979.5.17
Auction Ring 1972
Whispering Star 1963
Princess Athena
鹿毛 1985.3.30
▲Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965.2.23
Helen Nichols 1966
Shopping Wise
鹿毛 1965
フロリバンダ 1958
Sea Melody 1957
Folk Melody
鹿毛 2011.4.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:1.00【12】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Folk Opera
栗毛 2004.2.22
仔受胎時活性値:1.50【6】
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.75【11】
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Skiphall
栗毛 1998.3.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:1.50【6】
Minskip
栗毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Halo5×5>

Romantic Warrior(2018.3.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Acclamation
(トライマイベスト系)
Street Cry
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Halling
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Halling 4.50
(【6】+【6】+【5】+【9】)
祖母が加GI馬
(No. 10-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2023年の第103回コックスプレート(豪GI。ムーニーバレー芝2040m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Romantic Warrior せん5 59 James McDonald 2:03.16 Danny Shum 1
2 3 Mr Brightside せん6 59 Craig A Williams 0.1L Ben, Will & JD Hayes 6
3 4 Alligator Blood せん7 59 Timothy Clark 0.3L Gai Waterhouse & Adrian Bott 2
4 9 Duais 牝6 57 Damien Oliver 1.3L Edward Cummings 10
5 5 Gold Trip 牡6 59 Mark Zahra 1.4L Ciaron Maher & David Eustace 4
ロマンチックウォリアー、豪G1コックスプレートで3頭一線の激戦を制す | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
豪G1コックスプレート(3歳以上、芝2040m)がムーニーバレー競馬場で現地28日に行われ、香港から遠征中のロマンチックウォリアー(1番人気)が4番手から道中を運ぶと、先行勢の外を回って突入した約1

香港の中距離王Romantic Warrior、2022年のクイーンエリザベス2世カップ(香GI)、香港カップ(GI)、2023年のクイーンエリザベス2世カップに続く四度のGI制覇は豪州の地で成されました。Mr Brightside(2017.10.17)、Alligator Blood(2016.9.19)と共に見せた3頭によるゴール前の激戦、これは名勝負ですので、JRA公式チャンネルがアップしてくださった↑の動画をぜひご覧になってください。

Romantic Warrior(2018.3.18)-第36回香港カップ(GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎
Romantic Warrior(2018.3.18)-第49回クイーンエリザベス2世カップ(香GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎

*

という訳でRomantic Warriorを紹介する記事も3回目となりましたので、今回はコックスプレートで好勝負を見せてくれた2着馬、3着馬の4代血統表を併せてご案内しておきます。

Mr Brightside(ミスターブライトサイド) せん 青鹿毛 2017.10.17生 新国・R I & Est Late M a G Johnson生産 馬主・Lindsay Park Bloodstock, Green Shorts Racing Et Al 豪州・Ben, Will & JD Hayes厩舎

Mr Brightside(2017.10.17)の4代血統表
Bullbars(AUS)
黒鹿毛 2007.9.26
種付け時活性値:0.25【9】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Accessories
鹿毛 2003.4.8
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Anna Matrushka
栗毛 1984.4.18
Mill Reef 1968.2.23
Anna Paola 1978.5.14
Lilahjay(NZ)
鹿毛 2012.10.21
仔受胎時活性値:1.00【4】
Tavistock(NZ)
鹿毛 2005.9.3
種付け時活性値:1.50【6】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells 1981.4.11
Floripedes 1985.5.11
Upstage
鹿毛 1998.5.8
Quest for Fame 1987.2.15
Pedestal 1986.4.9
Keepable(NZ)
鹿毛 2003.8.31
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Keeper(AUS)
鹿毛 1997.8.30
種付け時活性値:1.25【5】
デインヒル 1986.3.26
Nuwirah 1987.4.24
Delia’s Choice(NZ)
栗毛 1987.10.19
仔受胎時活性値:1.75【15】
Sir Tristram(IRE)
鹿毛 1971.4.7
種付け時活性値:1.875【15.5】
Taiona(NZ)
青鹿毛 1972
仔受胎時活性値:1.50【14】

<5代血統表内のクロス:Sadler’s Wells5×4、Northern Dancer5×5、Sir Ivor5×5>

Mr Brightside(2017.10.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Bullbars
(Mr. Prospector系)
Tavistock
(Sadler’s Wells系)
Keeper
(デインヒル系)
Sir Tristram
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sir Tristram
(Knight’s Daughter)
6.25 or 4.25
(【4】+【8】+【15】+【14】)
大伯母が新2000ギニー馬
(No. 7-d)
3番仔
(3連産目)

ドンカスターマイル(豪GI)2勝、マカイビーディーヴァS(豪GI)、メムジーS(豪GI)、オールスターマイルと勝利した主なレースを確認すれば、短距離からマイルで好成績を収めているMr Brightside。2000m以上のレースは今回が3回目でしたが、初めて連対を果たしました。

*

Alligator Blood(アリゲーターブラッド) せん 鹿毛 2016.9.19生 豪州・Mr. G Harvey生産 馬主・G Harvey, Mrs R Simpson & J A Simpson 豪州・Gai Waterhouse & Adrian Bott厩舎

Alligator Blood(2016.9.19)の4代血統表
All Too Hard(AUS)
鹿毛 2009.9.21
種付け時活性値:1.50【6】
Casino Prince
鹿毛 2003.10.7
Flying Spur
鹿毛 1992.11.4
デインヒル 1986.3.26
Rolls 1984.4.22 ♀
Lady Capel
青鹿毛 1993.9.13
ラストタイクーン 1983.5.9
Kew Gardens 1981.4.16
Helsinge
鹿毛 2001.9.2
Desert Sun
鹿毛 1988.3.21
Green Desert 1983.4.16
Solar 1973
Scandinavia
栗毛 1994.11.11
Snippets 1984.11.1
Song of Norway 1982.11.1
Lake Superior(AUS)
鹿毛 2006.10.14
仔受胎時活性値:0.25【9】
Encosta de Lago(AUS)
鹿毛 1993.10.27
種付け時活性値:1.00【12】
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Shoal Creek
栗毛 1988.9.8
Star Way 1977.4.4
Rolls 1984.4.22 ♀
Kylikwong(AUS)
青鹿毛 2001.8.20
仔受胎時活性値:1.00【4】
Red Ransom(USA)
鹿毛 1987.3.31
種付け時活性値:1.25【13】
Roberto 1969.3.16
アラビアII 1977.5.6
Tracy’s Element(AUS)
鹿毛 1990.8.24
仔受胎時活性値:0.50【10】
ラストタイクーン(IRE)
黒鹿毛 1983.5.9
種付け時活性値:1.625【6.5】
Princess Tracy(IRE)
鹿毛 1981.3.2
仔受胎時活性値:0.125【8.5】

<5代血統表内のクロス:Rolls(♀)4×4、ラストタイクーン4×4、Danzig5×5>

Alligator Blood(2016.9.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
All Too Hard
(デインヒル系)
Encosta de Lago
(Fairy King系)
Red Ransom
(Roberto系)
◆ラストタイクーン
(トライマイベスト系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ラストタイクーン
(Lake Superior)
1.875
(【9】+【4】+【10】+【8.5】)
曾祖母が南阿GI4勝
(No. 8-c)
3番仔?

オーストラリアンギニー(豪GI)、マイトアンドパワー(豪GI)、アンダーウッドS(豪GI)2回、カンタラS(豪GI)、フューチュリティS(豪GI)、ストラドブロークH(豪GI)とGI7勝のAlligator Blood。その4代血統表は2020年のオールスターマイルの前に下書きしていたのですが、2023年の今になっての紹介となりました。Alligator Bloodはクイーンズランド州の最高裁による判決で失格となった勝利を取り戻したり自身の椎骨の棘突起接触症で苦しんだり馬主と調教師の衝突に伴う転厩があったり前馬主の破産など話題に事欠かない馬ですが、現代豪州の真の強豪の1頭と思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。