Inspiral(2019.3.14)-第101回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)の勝ち馬+α-

Result

Inspiral(インスパイラル) 牝 鹿毛 2019.3.14生 英国・Cheveley Park Stud Limited生産 馬主・Cheveley Park Stud 英国・John & Thady Gosden厩舎

Inspiral(2019.3.14)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.50【10】

Galileo
鹿毛 1998.3.30
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Starscope
栗毛 2009.4.19
仔受胎時活性値:0.25【9】
Selkirk
栗毛 1988.2.19
種付け時活性値:1.00【20】
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Annie Edge
栗毛 1980.3.24
Nebbiolo 1974.2.2
Friendly Court 1971.1.28
Moon Goddess
栗毛 1998.3.5
仔受胎時活性値:0.50【10】
Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.00【16】
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Mystic Goddess
栗毛 1990
仔受胎時活性値:1.75【7】
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
種付け時活性値:0.75【11】
Rose Goddess
鹿毛 1979
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Rainbow Quest3×4、Northern Dancer4×5×5>

Inspiral(2019.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Galileo系)
Selkirk
(エタン系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
Storm Bird
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Selkirk 3.00 母が英1000ギニー2着馬
(No. 3-o)
4番仔?

*

2022年の第101回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 9 Inspiral 牝3 55 Frankie Dettori 1:34.07 John & Thady Gosden 2
2 7 Light Infantry 牡3 56.5 Jamie Spencer クビ David Simcock 8
3 5 Erevann 牡3 56.5 Christophe Soumillon クビ J-C Rouget 4
4 3 Order of Australia 牡5 59.5 Ryan Moore 3 A P O’Brien 6
5 6Coroebus 牡3 56.5 William Buick 1 3/4 Charlie Appleby 1
レース結果:2022年ジャックルマロワ賞 海外競馬発売 JRA
【ジャックルマロワ賞】日本馬バスラットレオン7着 作戦通りの外ラチ沿い逃げも粘り切れず | JRA-VAN Ver.World
<ジャックルマロワ賞>◇14日=仏ドーヴィル◇G1◇芝直線1600メートル◇3歳上◇出走9頭◇1着賞金57万1400ユーロ(約8000万円) 日本馬バスラットレオン(牡4、矢作)が7着に敗れ、98年タ

2022年の第101回ジャック・ル・マロワ賞。7月のサセックスS(英GI)におけるBaaeed(2018.4.8)の4着に続き、果敢な挑戦を見せたゴドルフィンマイル(UAE・GII)勝ち馬バスラットレオン(2018.3.25)。

バスラットレオン(2018.3.25)-第28回ゴドルフィンマイル(UAE・GII)の勝ち馬-
バスラットレオン(Bathrat Leon) 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎

タイキシャトル(1994.3.23)が制したジャック・ル・マロワ賞を彷彿とさせる外ラチ沿いの先行策でしたが、最後は後続勢に飲み込まれての9頭立て7着。けれど透徹した意思を見せた競馬でした。記事には出来ませんでしたが、キングエルメス(2019.2.5)のジュライC(英GI)からのモーリス・ド・ゲスト賞(仏GI)と共に、馬人の英仏GI挑戦に「本当にお疲れ様でした」と声を掛けたいと思います。

*

しかし、欧州には強いマイラーがゴロゴロといるものです。3歳牝馬Inspiral、ドーヴィル芝1600mの直線コースを道中6番手あたりで折り合うと、残り600mを切ったあたりで追い始め、残り400mではバスラットレオンを交わして先頭。我慢強く脚を伸ばし続けたInspiral、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手の左ムチに応えて、最後は外ラチのスタンド側から迫ったLight Infantry(2019.3.28)、内から詰め寄ったErevann(2019.4.30)を「クビ」「クビ」と抑えたところがゴール地点。青い帽子に「赤、白襷」の勝負服を乗せた鹿毛の流星Inspiral、牡馬、古馬相手のジャック・ル・マロワ賞でもまったく臆することなく走り、「サスガは2021年のカルティエ賞最優秀2歳牝馬」というところを見せてくれました。

Inspiralはこれでデビュー以来7戦6勝、2着1回。2歳10月にフィリーズマイル(英GI)を2と2分の1馬身差、4戦無敗で制した際は英1000ギニー(GI)の最有力候補となりましたが、体調が整わず3歳復帰戦は6月のロイヤルアスコット開催のコロネーションS(英GI)。そのコロネーションSでは英1000ギニー馬Cachet(2019.3.21)を差し置いて1番人気となり、それに応えて4と4分の3馬身差の圧勝。地力の確かさを改めて見せ付けたInspiral、古牝馬を交えた7月のファルマスS(英GI)では日本風に言えば単勝1.1倍の圧倒的な人気となりましたが、それまで3回勝負して1度も先着を許さなかったProsperous Voyage(2019.3.25)に差し返されて初の2着敗戦。Inspiral、捲土重来を期して臨んだのが、初めての英国外のレースとなった第101回ジャック・ル・マロワ賞でした。

上段でロイヤルアスコット開催と書きましたけれど、Inspiralを管理されるジョン・ゴスデン調教師とデットーリ騎手の間で不和の情報が流れたのが、ロイヤルアスコット開催の直後。一時は距離を置くと見られた両者でしたが、大人のやり取りがなされたのか、7月に入るとすぐにゴスデン師&デットーリ騎手のコンビは復活しました。しかしながら、InspiralがファルマスSで思わぬ敗戦を喫したり、Emily Upjohn(2019.3.8)が輸送機が飛べず愛オークス(GI)を出走取消となったり、仕切り直しで挑んだ“キング・ジョージ”(英GI)でまさかの惨敗があったり、大レースでは歯車が噛み合わない印象も残りました。そんな両者のウップンを晴らすかのようなInspiralのジャック・ル・マロワ賞の勝利。そうして、なんだかんだ言いながら、ゴスデン師&デットーリ騎手は3年連続ジャック・ル・マロワ賞制覇と相成りました。

えー、Native Trail(2019.2.3)の時もそうだったのですが、2021年のカルティエ賞で最優秀2歳に選ばれた牡牝は、2歳GIを制した際に下書きをしていたものの、私の気力が伴わず、共に記事をアップ出来ていませんでした^^;。ともあれInspiral、Native Trail2頭共に3歳時も活躍して、下書きが日の目を見ることになったのですから、有り難いことです。両馬と陣営に感謝。

そんな訳で、下書きの名残でInspiralがフィリーズマイルを制した際の動画と結果もどうぞ。

2021年のフィリーズマイル(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Inspiral 牝2 57.2 Frankie Dettori 1:38.44 John & Thady Gosden 1
2 8 Prosperous Voyage 牝2 57.2 Rob Hornby 2 1/2 Ralph Beckett 5
3 2Cachet 牝2 57.2 James Doyle クビ George Boughey 7
4 7 Mise En Scene 牝2 57.2 Cieren Fallon 短アタマ James Ferguson 2
5 9 Wild Beauty 牝2 57.2 William Buick 1/2 Charlie Appleby 2

*

2020年と2021年のジャック・ル・マロワ賞は、Baaeedの記事でも名前を出したPalace Pier(2017.3.20)による連覇。Palace Pierは通算11戦9勝、2着1回、3着1回。ジャック・ル・マロワ賞2勝の他セントジェームズパレスS(英GI)、クイーンアンS(英GI)、ロッキンジS(英GI)とGI5勝の超強豪マイラー、2度の敗戦は共にアスコット芝8ハロンのクイーンエリザベス2世S(英GI)でした。

という訳で、記事を書いている内に「プラスアルファでPalace Pierの紹介もしておいてやれ」と思ってしまいましたので、一昨年と昨年のジャック・ル・マロワ賞勝ち馬についても記しておきます。こうして自分の手数を増やしてしまう^^;

Palace Pier(パレスピア) 牡 鹿毛 2017.3.20生 英国・Highclere Stud and Floors Farming生産 馬主・Sheikh Hamdan bin Mohammed Al Maktoum 英国 ・John & Thady Gosden厩舎

Palace Pier(2017.3.20)の4代血統表
Kingman
鹿毛 2011.2.26
種付け時活性値:1.25【5】
Invincible Spirit
鹿毛 1997.2.17
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Rafha
鹿毛 1987.2.19
Kris 1976.3.23
Eljazzi 1981.4.12
Zenda
鹿毛 1999.2.18
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Hope
鹿毛 1991.4.5
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
Bahamian 1985.2.8
Beach Frolic
栗毛 2011.4.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
Nayef
鹿毛 1998.5.1
種付け時活性値:1.00【12】
Gulch
鹿毛 1984.4.16
Mr. Prospector 1970.1.28
Jameela 1976.3.15
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
Bustino 1971
Highclere 1971.4.9
Night Frolic
鹿毛 2001.5.5
仔受胎時活性値:0.25【9】
Night Shift
鹿毛 1980.4.4
種付け時活性値:1.00【20】
Northern Dancer 1961.5.27
Ciboulette 1961.5.19
Miss d’Ouilly
鹿毛 1987.4.15
仔受胎時活性値:1.25【13】
★Bikala
鹿毛 1978.3.12
種付け時活性値:0.00【8】
Miss Satin
鹿毛 1975.3.16
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×4、Northern Dancer5×4>

Palace Pier(2017.3.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingman
(Danzig系)
Nayef
(Mr. Prospector系)
Night Shift
(Northern Dancer系)
★Bikala
(ゼダーン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Kingman 3.50 伯父が英GII勝ち馬
(No. 4-n)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第99回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Palace Pier 牡3 56.5 Frankie Dettori 1:38.06 John Gosden 1
2 7 Alpine Star 牝3 55 Stephane Pasquier 3/4 Mrs John Harrington 3
3 3 Circus Maximus 牡4 59 Christophe Soumillon 5 A P O’Brien 4
4 2 Persian King 牡4 59 Pierre-Charles Boudot 3 A Fabre 2
5 4 Romanised 牡5 59 W J Lee 2 1/2 K J Condon 5

*

2021年の第100回ジャック・ル・マロワ賞(仏GI。ドーヴィル芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Palace Pier 牡4 59.5 Frankie Dettori 1:35.96 John & Thady Gosden 1
2 6Poetic Flare 牡3 56.5 Kevin Manning クビ J S Bolger 2
3 3 Order of Australia 牡4 59.5 Ryan Moore 1 3/4 A P O’Brien 6
4 7 Midtown 牡3 56.5 William Buick 3/4 A Fabre 4
5 8 Chindit 牡3 56.5 Pat Dobbs 短クビ Richard Hannon 8

2レース共に後方待機からの一気呵成の末脚で仕留めるレースぶり。僅差を凌ぎ切るその勝負強さは目を瞠ります。現在のところ、Baaeedと最も際どい勝負をした馬Palace Pier、サスガに伊達や酔狂でGI5勝は遂げられません。

Baaeed(2018.4.8)-第136回サセックスS(英GI)の勝ち馬-
Baaeed(バーイード) 牡 鹿毛 2018.4.8生 英国・Shadwell Estate Company Limited生産 馬主・Shadwell Estate Company Ltd 英国・William Haggas厩舎

*

厩舎の先輩に続いてジャック・ル・マロワ賞を制したInspiral。この後に向かうのは9月のムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)か、10月のクイーンエリザベス2世Sか、11月のブリーダーズカップ・マイル(米GI)か。時と場合によっては、先輩の仇討ちの機会もあるかも知れません。Inspiral、ゴスデン師&デットーリ騎手と共に行く3歳牝馬の未来に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。