日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の弐)-ボンモー(1963.3.12)&トピオ(1964.4.18)-

Pedigree

ボンモー(Bon Mot) 牡 栗毛 1963.3.12生~1988没 仏国・Walter Burmann生産 馬主・Walter Burmann 仏国・William Head厩舎

ボンモー(1963.3.12)の4代血統表
Worden
栗毛 1949
種付け時活性値:1.25

Wild Risk
鹿毛 1940
★Rialto
栗毛 1923
Rabelais 1900
La Grelee 1918
Wild Violet
鹿毛 1935
Blandford 1919.5.26
Wood Violet 1928
Sans Tares
栗毛 1939
Sind
鹿毛 1933
Solario 1922
Mirawala 1923
Tara
栗毛 1932
Teddy 1913
Jean Gow 1920
Djebel Idra
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:1.25
Phil Drake
鹿毛 1952
種付け時活性値:1.00
Admiral Drake
黒鹿毛 1931
Craig an Eran 1918
Plucky Liege 1912
Philippa
鹿毛 1943
Vatellor 1933
Philippa of Hainault 1932
Djebellica
栗毛 1948
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Djebel
鹿毛 1937
種付け時活性値:0.50
★Tourbillon 1928
Loika 1926
Nica
栗毛 1934
仔受胎時活性値:1.25
Nino
栗毛 1923
種付け時活性値:0.50
Canalette
栗毛 1922
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Teddy4×5、Ksar5×5>

ボンモー(1963.3.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Worden
(Rabelais系)
Phil Drake
(Sundridge系)
Djebel
(Tourbillon系)
Nino
(Bend Or系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Worden 5.25 or 3.25 半妹にサンタラリ賞勝ち馬
(No. 1-t)
2番仔?
(2連産目?)

*

1966年の第45回凱旋門賞を制したボンモー。24頭立ての23番人気馬によるジャイアントキリング。鞍上のフレディ・ヘッド騎手は、このボンモーによる凱旋門賞初勝利を皮切りとして都合4回凱旋門賞制覇を遂げることになりますが、この初勝利の折は、弱冠にも足らない19歳でした。

種牡馬ボンモーは日本では直仔に重賞勝ち馬を輩出することは出来ませんでした。けれどブルードメアサイアーとして良い働きを見せ、シンブラウン(1980.4.28)&シンチェスト(1983.4.4)&テイエムジャンボ(1991.5.23)兄弟、シンホリスキー(1988.4.3)、ハツシバエース(1983.4.22)、トップコート(1984.6.16)という中央重賞勝ち馬を送り込みました。

*

トピオ(Topyo) 牡 黒鹿毛 1964.4.18生~1975没 仏国・Suzy Volterra生産 馬主・Suzy Volterra 仏国・Mick Bartholomew厩舎

トピオ(1964.4.18)の4代血統表
Fine Top
黒鹿毛 1949
種付け時活性値:1.50
Fine Art
鹿毛 1939
Artist’s Proof
栗毛 1926
Gainsborough 1915
Clear Evidence 1920
Finnoise
鹿毛 1930
Finglas 1923
Unfortunate 1911
Toupie
黒鹿毛 1943
Vatellor
鹿毛 1933
Vatout 1926
Lady Elinor 1919
Tarentella
黒鹿毛 1934
Blenheim 1927.4.16
Andalusia 1925
Deliriosa
鹿毛 1956
仔受胎時活性値:1.75
Delirium
栗毛 1945
種付け時活性値:0.50
★Panorama
栗毛 1936
Sir Cosmo 1926
Happy Climax 1921
Passed Out
栗毛 1935
Solario 1922
Ambrosia 1929
La Fougueuse
鹿毛 1950
仔受胎時活性値:1.25
Admiral Drake
黒鹿毛 1931
種付け時活性値:0.50
Craig an Eran 1918
Plucky Liege 1912
La Foux
黒鹿毛 1935
仔受胎時活性値:1.50
Vatout
鹿毛 1926
種付け時活性値:0.00
Quick Change
鹿毛 1924
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Gainsborough4×5、Vatout4×4>

トピオ(1964.4.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Fine Top
(Gainsborough系)
Delirium
(The Boss系)
Admiral Drake
(Sundridge系)
Vatout
(St. Simon系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Fine Top
(Blenheim)
5.00 伯母がムーラン・ド・ロンシャン賞勝ち馬
(No. 7-a)
初仔?

*

1967年の第46回凱旋門賞を制したトピオ。凱旋門賞史上最多となる30頭立ての一戦を勝ち切りました。

トピオは日本での種牡馬供用4年目となる1972年、満8歳時の交配でディアマンテ(1973.4.18)、シービークイン(1973.2.23)という2頭の牝馬の中央重賞勝ち馬を送りました。そうして、シービークインが生涯唯1頭だけ残した仔が、言わずと知れたミスターシービー(1980.4.7)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。