Swain(1992.2.12)-折々の勝負を辿る(No.1)-

Series

Swain(スウェイン) 牡 鹿毛 1992.2.12生 愛国・Sheikh Mohammed bin Rashid al Maktoum生産 馬主・Sheikh Mohammed→Godolphin 英国・Saeed bin Suroor厩舎

Swain(1992.2.12)の4代血統表
Nashwan
栗毛 1986.3.1
種付け時活性値:1.25【5】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
Bustino
鹿毛 1971.4.14
Busted 1963.3.16
Ship Yard 1963
Highclere
鹿毛 1971.4.9
Queen’s Hussar 1960
Highlight 1958
Love Smitten
鹿毛 1981.5.2
仔受胎時活性値:0.50【10】
Key to the Mint
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:0.75【11】
Graustark
栗毛 1963.4.7
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Key Bridge
鹿毛 1959.4.10
Princequillo 1940
Blue Banner 1952
Square Angel
鹿毛 1970.4.4
仔受胎時活性値:0.50【10】
★Quadrangle
鹿毛 1961.4.16
種付け時活性値:0.00【8】
Cohoes 1954.4.9
Tap Day 1947
Nangela
鹿毛 1965.4.19
仔受胎時活性値:1.00【4】
Nearctic
黒鹿毛 1954.2.11
種付け時活性値:0.50【10】
Angela’s Niece
鹿毛 1961.3.5
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Nearco5×5>

Swain(1992.2.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Nashwan
(Blushing Groom系)
Key to the Mint
(Ribot系)
Quadrangle
(Blenheim系)
Nearctic
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nashwan
(Height of Fashion)
2.75 母が米GI馬
(No. 14-c)
3番仔?
(2連産目?)

*

1997年の第47回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7Swain 牡5 60.3 John Reid Saeed bin Suroor 6
2 2ピルサドスキー 牡5 60.3 Mick Kinane 1 Sir Michael Stoute 3
3 1エリシオ 牡4 60.3 C Asmussen 1 1/4 E Lellouche 1
4 5Singspiel 牡5 60.3 Frankie Dettori 2 1/2 Sir Michael Stoute 2
5 4 Shantou 牡4 60.3 G Hind 4 John Gosden 6

1997年の第47回”キング・ジョージ”。アスコットの最後の直線500mで4頭が横並びになった瞬間、電気が走ってしまいました。メチャクチャ強い馬たちの叩き合い。内からSwain、エリシオ(1993.1.24)、ピルサドスキー(1992.4.23)、Singspiel(1992.2.25)。

日本に輸入された凱旋門賞馬を辿る(其の陸)-ラムタラ(1992.2.2)&エリシオ(1993.1.24)-
ラムタラ(Lammtarra) 牡 栗毛 1992.2.2生~2014.7.7没 米国・Gainsborough Farm Inc生産 馬主・Saeed bin Maktoum al Maktoum 英国・Alex Scott厩舎→Saeed bin Suroor厩舎 エリシオ(Helissio) 牡 鹿毛 1993.1.24生~2013.10.9没 仏国・Ecurie Skymarc Farm生産 馬主・Enrique Sarasola 仏国・Elie Lellouche厩舎
ピルサドスキー(1992.4.23)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.17)-
ピルサドスキー(Pilsudski) 牡 鹿毛 1992.4.23生 愛国・Ballymacoll Stud Co生産 馬主・Lord Weinstock 英国・Sir Michael Stoute厩舎
Singspiel(1992.2.25)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.16)-
Singspiel(シングスピール) 牡 鹿毛 1992.2.25生~2010.7.2没 愛国・Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum生産 馬主・Sheikh Mohammed 英国・Sir Michael Stoute厩舎

結果を知っていても、シビレル勝負。そんな勝負を制したのは、Swain。欧州のクラシックディスタンスにおけるヴィンテージ世代の一角を担ったSwain、強敵たちを打ち負かしての”キング・ジョージ”1勝目でした。

*

1998年の第3回ドバイワールドカップ(UAE・GI。ナドアルシバ・ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10シルバーチャーム 牡4 57 Gary Stevens 2:04.29 Bob Baffert
2 6Swain 牡6 57 Mick Kinane 短アタマ Saeed bin Suroor
3 9 Loup Sauvage 牡4 57 Olivier Peslier 2 1/2 A Fabre
4 1 Malek 牡4 57 Alex O Solis 短アタマ Richard E Mandella
5 4 Behrens 牡4 57 J D Bailey 15 Harold James Bond

*

1998年の第48回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5Swain 牡6 60.3 Frankie Dettori Saeed bin Suroor 4
2 7ハイライズ 牡3 54.9 Olivier Peslier 1 Luca Cumani 1
3 9 Royal Anthem 牡3 54.9 Kieren Fallon 1 1/2 Sir Henry Cecil 2
4 1Daylami 牡4 60.3 Mick Kinane 1/2 Saeed bin Suroor 5
5 3 Romanov 牡4 60.3 John Reid 5 Peter Chapple-Hyam 6

1998年の第48回”キング・ジョージ”。恐るべしは強力1992年生まれ世代。第45回のラムタラ(1992.2.2)、第46回のペンタイア(1992.4.12)、そして第47回と第48回のSwain。同一世代で”キング・ジョージ”4連勝。そうして果たされたのはDahlia(1970.3.25)以来、史上2頭目の”キング・ジョージ”連覇。成したSwainは、史上初となる6歳馬による”キング・ジョージ”制覇でした。

#後にEnable(2014.2.12)が2020年の第70回で、史上2頭目となる6歳馬による”キング・ジョージ”勝利を収めました。Enableは2017年の第67回2019年の第69回に続く、史上初の”キング・ジョージ”3勝目を遂げたのでした。

*

1998年の第15回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Awesome Again 牡4 57.2 P Day 2:02.16 Patrick Byrne 3
2 7シルバーチャーム 牡4 57.2 Gary Stevens 3/4 Bob Baffert 2
3 3Swain 牡6 57.2 Frankie Dettori クビ Saeed bin Suroor 6
4 2 Victory Gallop 牡3 55.3 Alex O Solis ハナ W Elliott Walden 7
5 1 コロナドズクエスト 牡3 55.3 Kent J Desormeaux 1 Claude R McGaughey III 3

*

1997年の”キング・ジョージ”の動画を見て「あぁ、これは書いておきたい、強い馬どうしの勝負やなぁ」という衝動にかられました。”キング・ジョージ”連覇を果たした初めての牡馬であるSwain、勝っても負けても「強い」と思わせた、1990年代における世界の超一線級の1頭です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Swain(1992.2.12)の主な競走成績]

  1. “キング・ジョージ”(英GI)2回、コロネーションC(英GI)、愛チャンピオンS(GI)、ドーヴィル大賞(仏GII)、フォワ賞(仏GIII)、リス賞(仏GIII)
  2. ドバイワールドカップ(UAE・GI)、コロネーションC(英GI)、サンクルー大賞(仏GI)、プリンセスオブウェールズS(英GII)
  3. 凱旋門賞(仏GI)、ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、ガネー賞(仏GI)、ハードウィックS(英GII)

通算22戦10勝、2着4回、3着6回。

Swain

2022年07月29日(金)追記。合掌。

キングジョージ連覇のスウェイン、日本で重賞勝ちのドゥマーニが安楽死 | JRA-VAN Ver.World
 英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを連覇したスウェインと、日本でG2京王杯スプリングカップを勝った実績を持つドゥマーニが、老衰のため繋養先だった米功労馬繋養施設で安楽死処分となっ