年度代表馬の同期生を辿る(其の拾弐)-フジキセキ(1992.4.15)-

Series

フジキセキ 牡 青鹿毛 1992.4.15生~2015.12.28没 千歳・社台ファーム生産 馬主・齊藤四方司氏 栗東・渡辺栄厩舎

フジキセキ(1992.4.15)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25【5】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
仔受胎時活性値:2.00【8】
Le Fabuleux
栗毛 1961.2.12
種付け時活性値:1.25【21】
Wild Risk
鹿毛 1940
★Rialto 1923
Wild Violet 1935
Anguar
鹿毛 1950
Verso 1940
La Rochelle 1945
Marston’s Mill
黒鹿毛 1975.5.31
仔受胎時活性値:1.75【7】
In Reality
鹿毛 1964.3.1
種付け時活性値:0.50【10】
Intentionally 1956.4.2
My Dear Girl 1957.2.17
Millicent
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.25【5】
Cornish Prince
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:1.50【6】
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:なし>

フジキセキ(1992.4.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Le Fabuleux
(Wild Risk系)
In Reality
(Intent系)
Cornish Prince
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Cornish Prince
(ミルレーサー)
6.50
(【8】+【7】+【5】+【6】)
半姉シャイニンレーサー
(No. 22-d)
5番仔
(5連産目)

*

1994年8月20日の新馬戦(新潟芝1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 フジキセキ 牡2 53 蛯名正義 1:09.8 3-3 34.8 472
[0]
渡辺栄 2
2 1 シェルクイーン 牝2 53 中舘英二 1:11.1 8 2-2 36.3 448
[-2]
境征勝 1
3 5 ティーエムビガー 牡2 53 蛯名利弘 1:11.3 1 1-1 36.6 456
[-10]
山田要一 6
4 3 スギノコダイオー 牡2 53 岩戸孝樹 1:12.6 8 5-5 37.3 466
[0]
古山良司 3
5 8 メジロミルザム 牝2 52 菊沢隆仁 1:13.6 6 7-7 37.1 496
[0]
浅見秀一 5
1994年8月20日の新馬戦(新潟芝1200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4 – 11.0 – 11.3 – 11.7 – 11.4 – 12.0
ラップの
累計タイム
12.4 – 23.4 – 34.7 – 46.4 – 57.8 – 1:09.8
上り 4F 46.4 – 3F 35.1

1994年8月20日の新馬戦。今は懐かしき、右回りの新潟競馬場。芝1200mでのデビューとなったフジキセキは、立ち遅れから道中押し上げ、4コーナーでは3番手まで進出。後は、引き離す一方。玉石混淆の新馬戦ではありますが、「富士奇石」は他馬とはモノが違うところを大いに見せ付けたのでした。

*

1994年のもみじS(OP。阪神芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 フジキセキ 牡2 53 角田晃一 1:35.5 レコード 6-3-2 35.2 486
[+14]
渡辺栄 1
2 8 タヤスツヨシ 牡2 53 小島貞博 1:35.7 1.1/4 7-6-5 35.2 474
[-10]
鶴留明雄 3
3 2 トーヨーシービー 牝2 53 松永昌博 1:36.3 3.1/2 7-9-9 35.5 408
[+4]
松永善晴 4
4 3 ウルトラエナジー 牡2 53 田原成貴 1:36.3 アタマ 2-6-5 35.8 444
[+8]
山内研二 2
5 4 ツルミワールド 牡2 53 北沢伸也 1:36.7 2.1/2 2-3-2 36.4 470
[-10]
荻野光男 7
1994年のもみじS(OP。阪神芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.1 – 11.4 – 11.4 – 12.5 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.9
ラップの
累計タイム
13.1 – 24.5 – 35.9 – 48.4 – 1:00.2 – 1:11.9 – 1:23.6 – 1:35.5
上り 4F 47.1 – 3F 35.3

1994年のもみじS。4コーナーを回る時の手応えが段違い。そうして直線では、後の第62回東京優駿(GI)勝ち馬を軽く一蹴。終わってみれば、まだまだ重かった1994年当時の阪神芝1600mを1分35秒5のレコード勝ち。

*

1994年の第46回朝日杯3歳S(GI。中山芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 1 フジキセキ 牡2 角田 晃一 1:34.7 渡辺 栄 1
2 3 スキーキャプテン 牡2 武 豊 1:34.8 クビ 森 秀行 2
3 4 コクトジュリアン 牡2 柴田 善臣 1:35.0 1・1/4 高橋 祥泰 4
4 9 マイティーフォース 牡2 松永 幹夫 1:35.1 1/2 加藤 敬二 5
5 5 トウショウフェノマ 牡2 田中 勝春 1:35.3 1・1/4 尾形 充弘 3
1994年の第46回朝日杯3歳S(GI。中山芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9 – 11.0 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.9 – 23.9 – 34.9 – 46.6 – 58.7 – 1:10.9 – 1:22.9 – 1:34.7
上り 4F 48.1 – 3F 36.0

1994年の第46回朝日杯3歳S。1枠1番に入った1番人気馬、青鹿毛に星ひとつのフジキセキ。「緑、黄縦縞、黒袖黄一本輪」の勝負服を乗せて、薄暗闇の中山芝1600mを鮮やかに先頭で駆け抜けました。後に数多続く「サンデーサイレンス産駒によるGI勝利」のスタートが、この朝日杯でした。フジキセキ、2着のスキーキャプテン(1992.4.24)との着差は「クビ」でしたが、その着差以上の強さを感じたものです。

また、この朝日杯は1着馬から5着馬が、戦前まで2戦2勝の無敗馬たちによる決着でした。それぞれに懐かしいですね。スキーキャプテンは、単勝元返しとなったきさらぎ賞(GIII)を制した後、ケンタッキーダービー(米GI)に挑戦。コクトジュリアン(1992.2.27)は、母ブレイブウーマン(1985.3.24)が英国に繁殖留学してMachiavellian(1987.1.31)の種を付けて生まれた仔。マイティーフォース(1992.5.4)は、京成杯(GIII)を勝ち、満4歳暮れのポートアイランドS(OP)で1年半ぶりの鉄砲駆けの2着にビックリ。トウショウフェノマ(1992.5.29)は、新潟3歳S(現新潟2歳S、GIII)の勝ち馬にして、クイーンC(現GIII)勝ち馬ポリートウショウ(1977.5.26)の仔。

*

1995年の第32回報知杯弥生賞(GII。中山芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9 フジキセキ 牡3 55 角田晃一 2:03.7 2-2-2-1 36.4 508
[+16]
渡辺栄 1
2 7 ホッカイルソー 牡3 55 蛯名正義 2:04.1 2.1/2 10-9-8-8 36.3 468
[+6]
田中清隆 2
3 1 ハシノタイユウ 牡3 55 高橋和宏 2:04.4 2 6-6-4-7 36.8 450
[0]
佐藤和伸 8
4 8 オートマチック 牡3 55 加藤和宏 2:04.4 ハナ 3-4-4-3 36.8 478
[0]
藤原敏文 4
5 5 イブキタモンヤグラ 牡3 55 河内洋 2:04.4 ハナ 9-9-10-10 36.3 458
[0]
長浜博之 5
1995年の第32回報知杯弥生賞(GII。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0 – 12.0 – 12.6 – 12.7 – 12.2 – 12.3 – 12.5 – 12.0 – 12.2 – 12.2
ラップの
累計タイム
13.0 – 25.0 – 37.6 – 50.3 – 1:02.5 – 1:14.8 – 1:27.3 – 1:39.3 – 1:51.5 – 2:03.7
上り 4F 48.9 – 3F 36.4

1995年の第32回弥生賞。先行2番手からの早め早めの競馬を見せたフジキセキ、直線半ばでホッカイルソー(1992.5.2)に外から「並びかけられたか」と思った瞬間、アクセル全開。あっという間に2馬身半突き放しました。「うわぁ、やっぱりサンデーサイレンス産駒には敵わんなぁ」と思ったものでした。

けれど、好事魔多し。

この弥生賞の後、フジキセキは左前脚に屈腱炎を発症。1995年の牡馬クラシック最有力候補は、結局レースで1度も鞭を振るわれることなく、あっけなく、その競走馬生活にピリオドを打つことになりました。クラシック制覇を夢見たであろう、馬主、調教師、厩務員、騎手のそれぞれ。天の配剤は、不思議な巡り合わせを6年後にもたらすことになるのですが、それはまた、別の話。

1995年の春に話を戻すと、フジキセキは戦線を退いたものの、サンデーサイレンス産駒の旋風は吹き止むことはなく、第55回皐月賞(GI)はジェニュイン(1992.4.28)、第62回東京優駿はタヤスツヨシ(1992.4.26)が制し、牝馬クラシックもダンスパートナー(1992.5.25)が第56回優駿牝馬(GI)を制して、今に続くサンデーサイレンスの血の猛威を、まざまざと見せ付けたのでした。

*

フジキセキは走る度にどんどん大きくなる馬で、馬体重が472kg→486kg→492kg→508kgと、デビューから7ヶ月間で36kgも増えています。

規格外の能力に、規格外の発育を見せた、フジキセキ。

もし無事だったら、その競走成績はどんな軌跡を描いたのでしょうか。もしかしたら、平成の世に「2年連続で三冠馬誕生」の奇跡が達成されたかも知れません。

フジキセキ。そんな夢を見させてくれた、サンデーサイレンス産駒の初めてのGI勝ち馬でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[フジキセキ(1992.4.15)の主な競走成績]

  1. 朝日杯3歳S(GI)、弥生賞(GII)

通算4戦4勝。

#2023年02月23日(木)記事改め。

20世紀の名馬 第52位 フジキセキ(高画質) - ニコニコ
20世紀の名馬 第52位 フジキセキ(高画質) 『富士輝石』  競馬動画→mylist/7354219