トロットスター(1996.5.11)-五十音にて名馬を辿る(No.20)-

Series

トロットスター 牡 鹿毛 1996.5.11生~2015.1.15没 浦河町・荻伏三好フアーム生産 馬主・高野 稔氏 美浦・中野 栄治厩舎

トロットスター(1996.5.11)の4代血統表
ダミスター
黒鹿毛 1982.5.4
種付け時活性値:1.25【13】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Batucada
黒鹿毛 1969.5.14
Roman Line
鹿毛 1959.3.23
Roman 1937
Lurline B. 1945
Whistle a Tune
鹿毛 1958.5.21
Double Jay 1944.4.12
Siama 1947
カルメンシータ
栗毛 1989.4.13
仔受胎時活性値:1.50【6】
ワイズカウンセラー
鹿毛 1983.4.10
種付け時活性値:1.25【5】
Alleged
鹿毛 1974.5.4
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Quarrel
栗毛 1973.2.11
Raise a Native 1961.4.18
Rhubarb 1964.4.6
グロウデイク
栗毛 1982.5.27
仔受胎時活性値:1.50【6】
デイクタス
栗毛 1967.4.11
種付け時活性値:1.50【14】
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
シンラツキー
栗毛 1976.3.4
仔受胎時活性値:1.25【5】
シンザン
鹿毛 1961.4.2
種付け時活性値:1.50【14】
タジマラツキー
栗毛 1965.4.27
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Raise a Native3×4>

トロットスター(1996.5.11)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ダミスター
(Mr. Prospector系)
ワイズカウンセラー
(Ribot系)
デイクタス
(Fine Top系)
シンザン
(Bois Roussel系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
デイクタス
(カルメンシータ)
4.75 
(No. 7-c アストニシメント系)
初仔

*

2000年の第36回CBC賞(GII。中京芝1200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
15トロットスター牡457蛯名 正義1:07.911-833.6446
[-4]
中野 栄治1
28ブラックホーク牡659横山 典弘1:08.11 1/24-534.2538
[+6]
国枝 栄2
311ユーワファルコン牡355中舘 英二1:08.2クビ1-134.8498
[+2]
堀井 雅広4
46タイキトレジャー牡457岡部 幸雄1:08.41 1/415-1533.9470
[-2]
藤沢 和雄3
510トキオパーフェクト牡557福永 祐一1:08.71 3/411-1134.4460
[0]
古賀 史生12

*

2001年の第6回シルクロードS(GIII。京都芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
12トロットスター牡558蛯名 正義1:08.78-734.2446
[0]
中野 栄治1
27タイキトレジャー牡557横山 典弘1:08.7クビ5-434.5470
[0]
藤沢 和雄2
38ツルマルザムライ牡557福永 祐一1:08.91 1/25-434.7458
[+4]
橋口 弘次郎5
43ゲイリーフラッシュ牡857小林 徹弥1:08.9アタマ8-934.3438
[0]
安田 伊佐夫10
510イソノウイナー牡757飯田 祐史1:09.1114-1433.7446
[0]
清水 久雄6

*

2001年の第31回高松宮記念(GI。中京芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
112トロットスター牡557蛯名 正義1:08.49-934.2436
[-10]
中野 栄治1
213ブラックホーク牡757横山 典弘1:08.51/27-834.6530
[-2]
国枝 栄3
318テネシーガール牝455山田 和広1:08.823-335.2500
[+6]
坪 正直16
414ダイワカーリアン牡857北村 宏司1:08.8アタマ7-634.9508
[-16]
二ノ宮 敬宇13
57メジロダーリング牝555武 幸四郎1:08.8ハナ1-135.3488
[+2]
大久保 洋吉12

*

2001年の第35回スプリンターズS(GI。中山芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
14トロットスター牡557蛯名 正義1:07.0レコード8-1033.9456
[+24]
中野 栄治4
22メジロダーリング牝555田中 勝春1:07.0クビ1-134.5496
[+2]
大久保 洋吉3
39ダイタクヤマト牡757江田 照男1:07.0ハナ5-334.3486
[-18]
石坂 正2
47シンボリスウォード牡657後藤 浩輝1:07.11/28-734.1494
[-6]
藤沢 和雄9
53ジョンカラノテガミ牡657佐藤 哲三1:07.1アタマ11-1133.7510
[0]
阿部 新生10

*

2001年のJRA賞最優秀短距離馬、トロットスター。春の高松宮記念は前年のオーロC(OP)、CBC賞、当年のシルクロードSに続く破竹の4連勝でのGI初戴冠。道中中団から大外ブン回しでブラックホーク(1994.5.14)以下を封じました。種牡馬ダミスターは日本供用初年度産駒からGI馬を送り込み、管理された中野栄治調教師は調教師としてのGI初制覇となりました。秋のスプリンターズSは安田記念(GI)14着からの直行が疑問視されたのか4番人気だったものの、終わってみればサクラバクシンオー(1989.4.14)が持っていた1分7秒1をコンマ1秒破る中山芝1200mのレコード1分7秒0での勝利。メジロダーリング(1996.5.28)、ダイタクヤマト(1994.3.13)との「クビ」「ハナ」同タイムの勝負、内から伸びたトロットスターが僅かに差し切りました。馬体重プラス24kgはガレてしまった身体が戻った、ということだったのでしょう。同一年の春秋のスプリントGI制覇は、1996年のフラワーパーク(1992.5.8)以来2頭目となりました。

#フラワーパークの折は12月開催であり「冬」のスプリンターズSでしたね。こちらはエイシンワシントン(1991.5.5)との「1cm」差のハナ差の勝負。

トロットスターは父ダミスターということで血統的に気になった馬でした。2022年の現在よりも海外競馬の情報が乏しかった1990年代、1994年の月刊『優駿』、石川ワタルさんの海外競馬ニュースでレーシングポストT(英GI)を12馬身差で制した大物2歳馬を伝える記事。

勝ち馬の名はCeltic Swing(1992.2.21)、その父がダミスターでした。ダミスターは1994年に輸入され1995年が日本の供用初年度ですから、Celtic Swingの存在は格好のコマーシャルとなったでしょう。そうして生まれたのが1996年生まれ世代のトロットスター。

#Celtic SwingはやはりスプリンターズSの勝ち馬であるTakeover Target(1999.9.27)の父としても知られています。ダミスターはダンテS(英GII)、グレートヴォルティジュールS(英GII)、サンダウンクラシックトライアルS(英GIII)と10ハロン以上のGレース勝ち馬であり、Celtic Swingも2400m時代のジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬。ダミスターとCeltic Swingの父仔、先祖返り的にMr. Prospector系らしいスプリンターのトロットスターとTakeover Targetを送り込んだのでした。

閑話休題。トロットスターの力量が確かであると思ったのは、実のところ2000年の安田記念を18頭立て18番人気で5着に入った時でした。Fairy King Prawn(1995.10.13)、ディクタット(1995.2.25)の海外馬2頭のワンツー。後に続いた日本馬がキングヘイロー(1995.4.28)スティンガー(1996.5.15)、そしてトロットスター。人気は無かったものの定量58kgで僅差の勝負を見せた姿、記憶に残る5着でずっと覚えています。

21世紀最初のJRA賞最優秀短距離馬、トロットスター。その末脚の鋭さを忘れずにいたいと思う、日本の名スプリンターの1頭です。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[トロットスター(1996.5.11)の主な競走成績]

  1. スプリンターズS(GI)、高松宮記念(GI)、CBC賞(GII)、シルクロードS(GIII)
  2. 富士S(GIII)、京成杯オータムH(GIII)、シルクロードS(GIII)、中日スポーツ賞4歳S(GIII)

通算34戦8勝、2着7回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、「ト」で始まる名馬について、トロットスターかトゥザヴィクトリー(1996.2.22)か、どちらにしようか迷ったそうです。

マイシンザン
マイシンザン

1996年生まれ世代の牡牝で迷った訳やね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。それで、最終的にはGI勝ちが多い方で、となったそうです。