2020年7月1日(水)以降 https://yukinoya.wp-x.jp/ にはアクセス出来なくなります。 もしブックマーク登録なされている方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、 https://yukinoya.net/ への変更をお願いいたします。

ミスオンワード(1954.3.8)

ミスオンワード 牝 鹿毛 1954.3.8生~1986.3.25没 浦河・近藤俊明氏生産 馬主・樫山純三氏 京都・武田文吾厩舎

ミスオンワード(1954.3.8)の4代血統表
Hard Sauce
鹿毛 1948
種付け時活性値:1.25
Ardan
鹿毛 1941
Pharis
黒鹿毛 1936
Pharos 1920.4.4
Carissima 1923
Adargatis
鹿毛 1931
Asterus 1923
Helene de Troie 1916
Saucy Bella
芦毛 1941
★Bellacose
黒鹿毛 1932
Sir Cosmo 1926
Orbella 1924
Marmite
芦毛 1935
★Mr Jinks 1926
Gentlemen’s Relish 1926
ホールドタイト
鹿毛 1944
仔受胎時活性値:0.25
Bobsleigh
栗毛 1932
種付け時活性値:0.75
★Gainsborough
鹿毛 1915.1.24
★Bayardo 1906
Rosedrop 1907
Toboggan
鹿毛 1925
Hurry On 1913.5.7
Glacier 1907
Jennydang
鹿毛 1938
仔受胎時活性値:1.25
Colombo
鹿毛 1931
種付け時活性値:1.50
★Manna 1922
Lady Nairne 1919
Dalmary
黒鹿毛 1931
仔受胎時活性値:1.50
Blandford
黒鹿毛 1919.5.26
種付け時活性値:0.75
Simon’s Shoes
鹿毛 1914
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Phalaris5×5>

ミスオンワード(1954.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Hard Sauce
(Pharos系)
Bobsleigh
(Gainsborough系)
Colombo
(Phalaris系)
Blandford
(Swynford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Colombo
(ホールドタイト)
5.00 or 3.00 仔に重賞勝ち馬3頭
(No. 5-h)
3番仔?

*

1957年の第17回桜花賞(阪神芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 5 ミスオンワード 牝3 栗田 勝 1:38.8 武田 文吾 1
2 11 ヒシチヨ 牝3 小野 定夫 1:39.2 1・3/4 矢野 幸夫 2
3 3 フレームクイン 牝3 大澤 眞 1:39.6 2 内田 繁三 14
4 9 ミスカオル 牝3 勝又 忠 1:39.8 1・1/2 松山 吉三郎 12
5 1 ウンシン 牝3 坂田 正行 1:40.0 1・1/2 石門 虎吉 4

*

1957年の第18回優駿牝馬(東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 11 ミスオンワード 牝3 栗田 勝 2:32.0 武田 文吾 1
2 8 ヨドサクラ 牝3 保田 隆芳 2:32.2 1・1/4 伊藤 勝吉 3
3 6 セルローズ 牝3 高橋 英夫 2:32.2 ハナ 柴田 恒治郎 2
4 9 ユキサチ 牝3 坂本 榮三郎 2:32.6 3 高木 良三 8
5 12 ギンセイ 牝3 梶 輿四松 2:32.8 1 稲葉 幸夫 7

*

【オークス】デアリングタクト史上2頭目無敗での桜&樫2冠へ 距離克服の鍵は精神面 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 「オークス・G1」(24日、東京) デビューから無傷の3連勝で桜花賞を制したデアリングタクトが、57年ミスオンワード以来、63年ぶり史上2頭目となる無敗での桜&樫の2冠獲りに挑む。前走後は京都府の宇… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

デアリングタクト(2017.4.15)が史上2頭目の無敗の牝馬二冠を目指すということで、63年前に初めて無敗の牝馬二冠を達成した名牝を紹介しておこうと思った次第です。

ミスオンワード。デビューから8連勝、無敗で桜と樫の女王に輝いた1957年の二冠牝馬。「樫」の女王を戴いたのは「オンワード樫山」創業者の樫山純三氏の持ち馬であっただけに相応しくもありました。

Wikipediaのミスオンワードの記事によりますと、

ミスオンワードの馬主である樫山純三は「組曲」や「23区」などを展開する服飾ブランド「オンワード樫山」の創業者であるが、一時展開していた女性用コートのブランドに本馬からとった「Miss Onward」という名称を与えていた。

ミスオンワード – Wikipedia

樫山氏の持ち馬ということでは、同じ1954年生まれ世代にオンワードゼア(1954.5.29)-1958年の天皇賞・秋、有馬記念の勝ち馬。トキツカゼ(1944.3.10)の仔にしてオートキツ(1952.5.2)の半弟-もいて、ミスオンワードとオンワードゼアの2頭は第18回優駿牝馬の翌週に行われた第24回東京優駿で一緒にレースを走りました。そう、ミスオンワードは優駿牝馬から連闘で東京優駿に挑んだのでした。結果はヒカルメイジ(1954.3.14)に敗れたものの果敢なチャレンジ。その心意気やよし。

果たして、ミスオンワード以来となる63年ぶり史上2頭目の無敗の牝馬二冠はなされますでしょうか。乙女たちの決戦、第81回優駿牝馬(GI)は2020年5月24日15時40分の発走です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ミスオンワード(1954.3.8)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬、桜花賞、京都3歳S、目黒記念・秋、神戸盃
  2. 天皇賞・秋、スワンS
  3. 鳴尾記念、日本経済新春杯

通算28戦14勝、2着3回、3着5回。